小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

フラれた現実を受け入れると、もっと縁ある人を引き寄せる。どうせ二度と戻ってこないあの人への執着は、今すぐ手放そう。

人気記事一覧

理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則
小川健次セミナー
↑↑ 9/3(日)東京↑↑




新オフィス移転記念 全コース対象キャンペーン 8/31(木)まで延長決定!
小川健次
小川健次コンサルティングサービス

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

フラれた現実を受け入れると、もっと縁ある人を引き寄せる。どうせ二度と戻ってこないあの人への執着は、今すぐ手放そう。

■戻ってくることへの期待は手放す

別れはある日突然やってくる。些細な行き違いやお互いの価値観の相違。それまで大切だと思っていた人から言われる、突然のさようなら。

小川健次Blog

さよなら言われりゃまだマシで、ある日突然LINEブロック。通話着信拒否。昨日のあなたはどこ行った? まあフラれるときなんてのはそんなもん。

まあ、理由はいろいろあるんでしょうが、結局最後は自己責任。そういう意味でも外野の僕としては「ざまあwww m9(^Д^)」くらいにしか思いませんが、当事者としては、なかなか気持ちの整理がつかないこともある。

あのね、そもそも気持ちの整理なんかつきませんよ。つくわけがない。一晩よろしく遊んだだけの相手ならまだしも、大切だと思っていた相手でしょ。そりゃ気持ちの整理が、そんなカンタンにつくわけないでしょ。

だったら泣いて酒飲んで寝てりゃいいんです。何の救いにもならない、上っ面だけの慰めの言葉なんか耳にしたところで、傷が癒えることなんかありませんよ。その場の気休めにはなっても、それで心の整理がつくこともない。だったら泣いて酒飲んで寝たほうがマシ。

そして目が覚めたら、まず小川健次メールマガジンを読む。これ基本。その上でまず事態を冷静に受け容れる。受け入れがたいと思っても受け容れるしかない。あの人は去ったのでもういない。二度と戻ってこない。

いずれ戻ってくる。話せばわかってくれるし、やがてやり直せる。そんな思いはチーンっしてポイっと投げ捨てる。だってそんなことないから。傷をエグるようなこと言いますけど、去ったあの人はもうあなたのところに居たくない。だから去ったんです。その現実を受け入れろ。

遠い未来のことならわかりませんがね、今は無理ですよ。だって、あの人はあの人で、去るにあたっていろいろ考えがあってのこと。それなりの決意をもってその選択をしたんだもん。

あの人の気持ちは去る方向にしか向いてない。あなたのほうなんかはまったく見てませんよ。それを後ろから泣いて追いすがったところで、振り切られるだけ。お互いムダに疲れるだけだし、傷口を余計に広げ合うだけで得することなんか何もない。

どうにかしよう。どうにかしたい。そんな期待感は手放しなさいよ。そこに執着しているほど、あの人はあなたからドンドン遠ざかる。

<参考関連記事>
復縁への期待を手放すと、大切なあの人を引き寄せる。復縁への期待に執着していると、大切なあの人が遠ざかる。

手放せないのは、まだ戻ってきてくれるんじゃないかと、心のどこかで期待しているから。何とかなるんじゃないか、そんな現実を直視しない心の動きが、執着心になる。

大丈夫ですよ。去ったあの人は、あなたのところに戻ってこないから。期待しても無駄だから。まったく意味ないから。って、こんなことばっか言ってるから、僕も嫌われるんでしょうがね。だってしゃあないでしょ。これホントなんだもん。

■今は無理だと割り切ろう

そもそも、戻ってきてほしいのは誰のためかってことですよ。そりゃあなたのため、あなたの都合、あなたの自己満足。そこに相手の想いを尊重しようという考えが、どれくらいあるんでしょうねえ。

上でも言った通り、あの人はあなたと離れることを選択したんです。なぜなら、あの人にとってそっちのほうが都合がいいから。そこにどんな損得があるかは知りませんが、少なくとも、あなたと一緒にいることより、離れることのほうがメリットがあるという判断。

なのに、ただ離れたくない、まだ好きなのに、って単なる自分の想いだけで、相手に気持ちを変えてもらいたいってのも、ご都合主義もいいところ。

あのね、客はあなたが買ってくれなきゃ困るから買うんじゃないんです。その商品に価値があると思うから買うんです。恋愛でもビジネスでも同じことですよ。その相手と一緒にいることに価値を感じないから離れる。なのに、それじゃ困ると言われても、こっちも困る。

そしてあの人は、今のあなたと一緒に過ごす時間に価値を感じなくなった。そんなあなたが何を言おうと、何をしようと無駄なんです。

あなたがやるべきは、去っていったあの人を追っかけたり、どうやって彼を連れ戻すかを考えることじゃありませんよ。まず、あの人は戻ってこないという現実を受け容れる。綺麗さっぱり手放すんです。電話番号消して、LINEもフェイスブックも完全ブロック。

たまに、自分から去っていたクセに、ちょこちょこ連絡してくるヤツもいますがね。そんなのは絶対に相手にしないことです。

去った人は、スパッと切ってあなたの中からもさようなら。連絡きても今さら何よ。そうやってちゃんと遮断する。そこで余計な期待感を抱いたところで、ロクな結果になりませんよ。元パートナーとしての扱いから、都合のいい女か都合のいい男としての扱いに格下げされるだけだから。

そうやって現実を受け入れることです。そりゃ確かに受け入れがたいかもしれない。痛くてく苦しいかもしれない。でもその痛みを乗り越えないと、いつまでもダラダラ引きずるだけで時間の無駄。

どうせ戻ってこないんだから、いいじゃないですか。あとは好き勝手にあなたはあなたの道を行けばいい。過去ではなく未来にこだわって、誰に気兼ねすることもなく、やりたい放題やればいいじゃないですか。むしろ今はその大ラッキーチャンスでしょう。

それでもホントに縁がある相手なら、またお互いが一緒にいることに、価値を見出し合えるにようになったとき、その人とまた会えるし結ばれる。今は残念だけどそうじゃない。今はお互い違う方向見てるんです。なら、あなたはあなたの道を歩めばいい。

<参考関連記事>
別れるのは、お互いが今一緒にいることに意味と価値がないから。ホントにお互いが必要とし合えれば、また出会えるしまた結ばれる。

誰も他人の心を支配できない。去ったあの人の心も支配できない。あなたがどうこうしても、あの人は戻ってこない。その現実、フラれた事実を受け容れる。受け入れるから手放せる。考えるだけムダだと割り切れるようになる。辛いけど、辛さを認めるからホントの意味で楽になれる。

そうやって肩肘の力が抜けると、視界が拡がる。だから、あなたにとって、去ったあの人とは違う、本当に大切な人を引き寄せる。それこそ縁があるならば、去ったあの人と、今度はもっと強い絆で結ばれるような再会を、引き寄せることもあるかもしれませんしね(^。^)y-.。o○

<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 8月大阪 10月東京↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。