大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人とのご縁を強く結ぶには、まずはあなたから動き出すこと。想いを伝えようとする行動が、貴重なご縁を引き寄せる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人とのご縁を強く結ぶには、まずはあなたから動き出すこと。想いを伝えようとする行動が、貴重なご縁を引き寄せる。

■あなたの気遣いがあの人との距離を縮める

せっかくのご縁。貴重な出逢い。心揺さぶるようなあの人とのめぐりあいも、いつの間にやら無くなってた。結局その後は二度と会わなくなっていた。という経験は誰にでもあることでしょう。

小川健次Blog

それも縁が無かった。まあそりゃそうなんですがね。でもせっかくの出逢い、せっかくのつながりそうだった縁。その場その瞬間だけで終わらせず、せめてもう少し、お互いにとって価値ある関係にできる可能性は探りたい。

とはいえ、最後の最後は縁次第ですよ。どんなに関係を深めたいと思っている相手でも、なぜか全然深められないことはある。その一方で、とっとと切れてさよならしたいと思っている相手なのに、なぜだかいっつも一緒にいる深い関係というやつだってありますよ。

人と人との関わり答えはない。それが宇宙の法則によるものなのか、単なる偶然なのかはどっちでもいい。出会いや別れ、人との関わりってのは思い通りにいかないのが常なのでしょう。まあだからこそ面白いしドキドキするし、悲喜こもごもいろいろあっていろいろいい。

でもね、だからといって、すべてを手放して流されるだけじゃ、なんだかねえ。とはいえ、あなたがちょっと力を使えば、その全てじゃないにしても、あなた自身で縁をつなぎとめたり、切ったりすることができますよ。そんなに難しいことじゃない。

言ってしまえば簡単なことですよ。コミュニケーションの頻度を増やすか減らすかってだけのこと。それはあなた自身でどうにかしようと思ってできることでしょ。

あなたが関係を維持したい、ちょっと先まで進めたい。そう思う人と出逢ったならば、積極的にとまではいかないにしても、継続的な連絡を絶やさないようにすればいいだけのこと。

せっかくのご縁。これが切れないようにと、お祈りしたり瞑想しても意味ないから。あなたがお祈りしたり瞑想したりしているうちに、相手の記憶からあなたの存在が薄れていくだけ。消えていくだけ。あとでヤバいと思って声かけても、その頃にはもうあんた誰?

そうなる前にとっとと連絡しなさいよ。メールでも電話でもLINEでもいいから、相手の記憶から消されないように、それくらいの努力はしろよ。

その逆に、その縁をぶった切りだければ、連絡を断てばいいだけ。仮に連絡断つことできなくても、心の扉を厚い壁で閉ざしてしまえばいい。会話も適当に上の空。メールも気のない返事。すると何となく空気を読んで相手はどこかへ消えていく。

ホントは関係断ちたいと思うのに、いちいち相手するから断てなくなるんです。中途半端に可哀想と思ったり、悪いし失礼かななんて思ったり。いや、その気がないのにダラダラ関係意地しているほうが、よっぽど失礼だしお互いの未来にとって可哀想でしょう。

縁を深めたいか切りたいか。そのいずれにしたって、あなた自身でコントロールできることはある。全部が全部宇宙の法則の仕業じゃない。他人や環境のせいでもない。あんたのせいですよ。周囲の人との関係はその人の心の状態を反映している。

いや、それでも、僕たちの力を超越した何かのせいで、切れる縁も切れない縁もあるでしょう。だからこそ縁なのでしょう。そこはある程度開き直ってドーンと構える。だとしても、せめてあなた自身でやれる範囲のことは、力の限りやればいい。

<参考過去記事>
ご縁を感じる相手とは、また会えるし繋がれる。焦らないで待てる心の余裕が、大切な人を引き寄せる。

どうにもならないことについては、どうにもならないんです。そこは執着心を手放してしまえばいい。それはもう抗うだけ無駄。それこそ宇宙の法則にでも身を委ねればいいじゃないですか。そんなもんかと思って受け容れる。

でも、あなた自身がやれることだってある。どうにかしようと思ってどうにかできることだってあるんです。その人に連絡をするかどうか。会いに行くかどうか。関係を断つかどうか。その選択は自分できるんです。そしてその選択次第で縁は深まったり、薄まったりすることはある。

■ご縁はあなたの選択次第でどうにでもなる。

何もしないでいれば、不安も募るし、時間が経てば気分も萎える。特に人間関係なんてのは、相手もあること。あなたにとって印象深い人だとしても、その人にとってはあなたが印象深いとは限らない。

あなたがその人を大切な存在だと思おうが、ビジネスパートナーにしたいと考えようが、その人から見ればそんなの知ったことじゃない。いや、それ以前に上でも言ったように、速やかに記憶の片隅に追いやられるだけ。名刺フォルダのその他大勢の仲間入りをするだけ。

せっかくの出逢い、縁を感じてビビッときて関係深めたいと思っても、時間が経てば相手に忘れられる。そしてあなたの不安感も大きくなって、連絡もしづらくなり、結局そのままフェードアウト。

ならば、そうなる前に会いに行けばいい。いや、いきなり会いに行ってドン引きされても困るから、電話やメール、Lineでも別にいい。そこは適宜選択すればいい。

別にね、そんな大した用じゃなくてもいいんです。そんな大げさなテーマがなくたっていい。私はあなたのことを気にかけてる。私はあなたとの関係を持続したい。そんな気持ちや感情がその人に伝わればいいんです。

あなただってそうでしょ。最近知り合った人や、ちょっとしたきっかでご縁をいただいた人から、何気ない話題でも連絡がくれば、ちょっとくらいは嬉しい気がするじゃないですか。興味を持ってもらえたんだと思えば、今度はこっちがその人に興味を持ったりもするでしょ。

その程度のことさえしないから、せっかくの縁、せっかくの出逢いが意味のないものになるんです。そのくせ、出会いがない、縁がない、なんてことをボヤきながら、くだらないスピリチュアル本を酒飲みながら読んでは、寝るだけの毎日になるんです。

何か大げさなアクション必要なわけじゃない。怪しげな小手先会話術なんかはまったく要らない。ちょっと顔見せる、ちょっと声を聴く。ちょっとメールを送信する。相手を気遣う気持ちを伝える。そういう当たり前のコミュニケーションを自分から率先して行うだけのこと。

そういう些細なコミュニケーションを通じて、あなたがその人に関心あること、縁を深めたいと思っていること。それを伝えるだけのことで、その人との心距離はグッと近くなるんです。縁が深くなるんです。もちろん伝え方やタイミングは常識の範囲でですが。

なので、ここで僕がいろいろ言うのもアレな気がしますが、宇宙の法則がどうの、ご縁の法則がどうのなんて、つまんない理屈をどうこう言ってねーで、まずはあなたができることはやれっつーの。そうできる思いの強さが、結果的にあなたに大切な縁を引き寄せるんだから。

<参考過去記事>
誰かを愛せる力は、愛してくれる誰かを引き寄せる力になる。届かぬ想いに悲観せず、想いを抱ける自分に自信を持とう。

それでもホントの最後の最後、その関係がどうなるかは当人同士はもちろん、誰にもわかりませんよ。数字で計算できることでもない。人と人との縁に答えはない以上、やれることやったら、後は信じて手放すしかないでしょ。

それにしたって、あなたがその人との縁を深くするために、できることはいくらでもある。あなたの選択次第で人との関係はどうとでもできる。いつも良好な人間関係を築ける人ってのは、こういう小さな当たり前のことができてる人ですしね(^。^)y-.。o○

まずはあなたの頭に想い浮かぶあの人に、一本連絡入れてみたらどうですか。スタートはそこからなんだから(^。^)y-.。o○

大切なご縁を引き寄せる方法

あなたの個別具体的な問題解決をサポート
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事