大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦手な人から愛されようと思わなければ、大切な人に愛される。無理して他人に合わせることなく、いつものあなたでいればいい。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

苦手な人から愛されようと思わなければ、大切な人に愛される。無理して他人に合わせることなく、いつものあなたでいればいい。

■良いか悪いかではなく好きか嫌いか

よっぽどの聖人君子でもない限り、誰にだって人の好き嫌いはありますよ。合う合わないもあるでしょう。

小川健次Blog

だからこそ、すべての人に好かれるなんてのは無理な話し。すべての人に嫌われないようにするのも無理。あなたに好き嫌いがあるように、他の誰かも好き嫌いはあるんです。

しかも好き嫌いに合理的な理由なんて関係ない。説明ができなくたって単純に好きは好きだし、嫌いは嫌い。そりゃもう相性の問題なので、ある意味ではどうにならないことですよ。もうしょうがない。

にも関わらず、自分と合わない人、自分のことを生理的に無理と思っている人たちの顔色うかがって、ご機嫌とって、嫌われないように、好かれるようにしたところで、意味はない。それこそ無駄な努力ですよ。だって理屈抜きでダメだと思われてんだから。

もちろん、多くの人に受け容れてもらったほうが。わざわざ拒絶されるようなことをする必要はない。だとしても、あなたのことを受け容れらない人はいる。そういう人たちに無理して自分を合わせようとすること自体が無駄なんです。

だって、逆の立場で考えてりゃそうでしょ。あなたがどうしても受け入れられないと思うる人がいる。その人があなたの前ではご機嫌とって、あなたに気に入られようとしたところで、その人のことを受け容れられるかといえば、そりゃ無理でしょう。それは理屈じゃなくて無理。

相手が一生懸命受け容れてもらおうとしているのを見れば、少しくらいは苦手意識が和らぐかもしれない。それでも好きになれるかといえば、そうでもない。別にいいんです。無理なものは無理。合わないもんは会わないんだから

同じように、あなたを受け容れられないと思っている人がいるのも、そりゃ当然のことでしょう。あなたが誰かに否定的な感情を持っているのと同じように、あなたに否定的な感情を持っている人はいる。

そして、あなたのことを受け容れらないと思っている人に対して、あなたがご機嫌とろうとか好かれようなんて考えたって意味ないんです。それは良し悪しじゃないんです。理屈抜きで合うか合わないかんだから、しょうがないでしょ。

あなたを否定しているわけじゃない。あなたに悪意があるわけでも。ただ合わないだけ。ただ受け容れられないだけ。だから気にする必要なんかないんです。

<参考過去記事>
他人から批判されても、あなたは嫌われてないから気にしなくていい。その批判の意味を考えれば、批判はまるで気にならなくなる。

なのに八方美人になってみる。あちらこちらにいい顔しようとしてみる。他人の顔色を中心に考えるから主体性がなくなるんです。

だから自分がやるべきことが見えなくなる。本当に自分がやるべきこと、本当に自分がやりたいことより、ただ周囲から批判的かつ否定的な目で見られることを恐れるばかりになって、ただ目先のことばかりに右往左往することになる。

■苦手なところには手を出さない

だいたいね、嫌っている人に好かれようと、本来の自分の姿を曲げれば、今まであなたのことを好きだった人もあなたのことを嫌いになるかもしれない。大切に思っていた人だって離れていくかもしれないでしょ。

あっちで言うことこっちで言うこと違うし、周囲の人の顔色次第で態度をコロコロ変える。そんな人は誰も怖くて付き合えませんよ。

だからこ、他人な顔色がどうかよりも、自分軸に従うことが重要なんです。自分にとって重要なことは何か。もっとも価値あることは何なのか。それを基準に人付き合いも考えればいいんです。

他人との衝突を回避することばかり考えたり、誰かからの否定や批判をされないようにしたりすることを優先するのではなく、本当に価値あると思える生き方、周囲を気にすることなく、本当に大切な人を愛し、その人から愛される生き方を優先すればいいんです。

とはいえ、大人の社会の中では、ときに苦手な相手とも折り合いつけて、うまくやる必要に駆られることもあるでしょう。でもそれはそれで、ある意味での損得勘定が成立しているからいいんです。時と場合に応じての使い別けは必要ですよ。

ものすごい一流バッターだって、飛んでくる球を全て打ち返すのは無理でしょ。どうやったって苦手なボールは必ずあるでしょう。

だからこそ彼らは、苦手なボールにはわざわざ手を出さないんです。そんなとこにエネルギー使うだけ無駄だから。苦手なボールを無理して打とうとしたところで、フォームが崩れて本来の力が発揮できなくなる。本来打てるボールすら打てなくなる。

あれもこれも。あの人にもこの人にも。そんな姿勢でいるから本来の自分が見えなくなる。皆に愛されようとするから、八方美人になって結局誰からも愛されない。本当に愛して欲しい人にまで遠ざけられる。

わざわざ人に嫌われる必要はないし、反感買うようなことする必要もないんです。でもあなたのことを受け容れらない人がいる。その人に自分を無理して合わせて、自分軸までをブレさせる必要なんかはないでしょ。

繰り返しますがね、良いか悪いかは関係ない。人間ができてるかどうか、器が大きいか小さいかは関係ないんです。あくまでも好きか嫌いか。合うか合わないかだけのこと。受け容れてくれない人がいたって、それはあなたを否定しているわけじゃない。

だったらそんなところに、エネルギーをかけるだけ無駄なこと。それはそれで華麗にスルーでいいじゃないですか。

それより今のあなたを愛してくれる人がいる。今あなたが愛している人がいる。そこを守れればそれ以外の他人からどう思われようが、別にどうってことありませんよ。

<参考過去記事>
あなたが関わる人たちは、みんなあなたのことが好き。関わる人の善意と好意に気が付けば、誰に対しても優しくなれる。

受け容れてくらない人の顔色なんかうかがわなくていいですよ。それで自分がブレてしまうなら本末転倒。今のあなたのパーソナリティを受け容れてくれる人がいる。あなたを愛してくれる人がいる。その人の想いに応えられればそれでいいじゃないですか。

どうせすべての人に好かれるなんて無理。すべての人には受け容れてもらえない。それを割り切って自分軸をしっかり持つことができれば、本当に大切だと思う人たちから受け容れてもらえるし、愛してもらえるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事