小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

セルフイメージを高く描けば、自信に満ちた言葉と行動が生まれる。他人からの評価は、あなたのセルフイメージによって決められる。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

セルフイメージを高く描けば、自信に満ちた言葉と行動が生まれる。他人からの評価は、あなたのセルフイメージによって決められる。

■人間は自分が考えたとおりの人間になる。

あなたが他人からどう扱われるか、高い価値ありと扱われるか、低い価値しかないと見積もられるか、それを決めてるのはあなた自身。

小川健次Blog

僕たちは誰であれ、自分が描いたセルフイメージどおりの自分になる。自分に対して感じている価値に基づいた、他人から価値を評価される。

自分で自分に対するイメージを高く見積っていれば、他人からの評価は高くなる。自分で自分に対するイメージをを低く見積もっている人は、他人からの評価が低いものになる。他人の評価はあなたのセルフイメージが決めている。

あの人があなたを不当に高くもしくは低く評価しているわけじゃないんです。あなたが自分でそれを受け容れている、自分がそういう自分であることを納得し、そのセルフイメージを描いているからそうなっているだけのこと。

だから、自分が人からそう思われたいイメージがあるならば、そういうイメージを自分に描けばいいだけ。そのイメージを潜在意識に定着させれば、行動や振る舞いもそのとおりになる。他人のあなたへの接し方もイメージのとおりになるんです。

一応言っておきますが、理想のセルフイメージを描くというのは不必要に背伸びしたり、飾ったりすることで、偽りの自分を演じるという意味じゃない。

あなた自身が自らのパーソナリテイを把握した上で、自分の強みや長所に自信を抱けているということ。付け焼刃で上っ面の偽物の自分ではなく、等身大でありつつも、しっかりと自信を持てる自分のパーソナリティを、把握しているということ。

自分で自分にどんなイメージを描いているか。良いことも悪いことも掌握した上で、誇りと自信を持てているかどうか。それによって他人のあなたへの接し方は変わるんです。決めてるのはいつだって自分自身。

変な勘違い野郎として、他人を見下したりすることもなければ、尊大な態度を取ることもなく、等身大な自分に自信を持って、そんな自分のイメージを描いて人と接することができれば、相手もそういう人だと思って接してくれる

自信を持てず、自分を卑下したイメージを抱いていれば、それは行動や振る舞いに現れる。相手に媚びて自分を安売りするような態度になる。だから相手も安い人だと思うんです。その程度の価値の人なんだと扱われることになる。

理想のセルフイメージを描く上では、日常的にアファーメーションの実践というのは欠かせないでしょう。自分が自分にどんな言葉を投げかけているかは、潜在意識で形づくられるイメージに大きな影響を与えるのだから。

<参考過去記事>
アファーメーションで心のプログラミングを書き換える

まあそもそも、自分の発する言葉や、自分の行動に自信を持てない人のことを、信用しようとは思えない。付き合っていくことだって心配になるでしょ。別に悪い人とは思わないけど、まあそのくらいの人なのね。と評価されるのがオチですよ。

セルフイメージは高く持っておく。自分で自分に抱くイメージは鮮明に高い評価で保っておく。人間は自分が考えた通りの人間になる。

■ポジティブな要素に自信を持とう。

少しばかり自分自身と向き合って考えてみれば、自信を持てる何かは必ずある。その大小は関係ない。まずその自分に自信を持つこと。そういう自分に誇りを持つことですよ。他人と比べてどうかではなく、まずは自分で評価できることに自信を持つ。

もちろん、自信を持てる自分がいる一方で、ちょっと人には言えない恥ずかしい自分もいる。過去の失敗の経験や、どうしても力足りないこともある。完全な人などいない。エラソーにしているあの人も、有名人のあの人も、誰にだって自信を持てないことの一つや二つくらいはある。

でもね、そんなとこ気にしたところで百害あって一利なしですよ。そこばっかに目を向けて、それを人に見られないよう隠そう守ろうとしているから、いよいよ言動や行動に自信が持てなくなる。

そして、マイナスな自分を隠すことばかりに力が注がれる。誰もそんなこと気にしちゃいない。見てもいないのに、自分で自分を取り繕う。セルフイメージがどんどん下がる。

マイナスな自分もいるのは皆同じ。でもプラスな自分がいるのも皆同じ。そのプラスな自分に注目すればいいじゃないですか。できる自分に注目する。そんな自分を評価する。その自分を基準にセルフイメージを描けばいいだけでしょう。

どんな人にもマイナスな要素はある。でも結果を出している人はそこ見てないから。それこそ意にも介してませんよ。そこ気にしてもセルフイメージ下がるだけだから。自信を持てるところにだけフォーカスするから、セルフイメージが高まるんです。ホントに自信に満ち溢れてくるんです。

容姿だの年収だの、学歴だ保有資産だの。あれこれ足りないこと挙げてても、それはあなたが人からどう思われるかについては、ほとんど関係ないですよ。持ってりゃ、へーすごいね。くらいは言われてもそれだけのこと。

自分が自分をどう思っているか。自分でどんなセルフイメージを抱いているか。基準はあなたのセルフイメージにしかない。

仕事に誇りを持ててる、家族を愛してる、誰かに愛されている、身近な誰かを助けられる、太い眉毛がカッコよすぎてそこにシビれるあこがれるぅうー、など。コトの大小に関わらず自分で自信に持てることって、誰にだってあるじゃないですか。

そのポジティブなパーソナリティに目を向ける。そんな自分の自信に確信を抱く。その積み重ねがあるから、自分で自分を高く見積もれる。セルフイメージが高くなる。だから他人も安っぽい接し方をしなくなる。だから他人があなたに引き寄せられる。

何よりセルフイメージを高く描けていれば、少々のことで動じることもない。だから他人を信じて自己を明け渡す余裕もできる。大切な人とも信頼関係で結ばれる。

<参考過去記事>
大切な人を心から信じるのなら、恐れずに自己を明け渡してしまおう。迷いや不安を捨てて素直な思いに従えば、固い信頼関係で結ばれる。

どうも、他人から軽い扱いを受けている気がする。安っぽく見られている気がする。そう感じたときに、あいつがどうのとネガティブな感情を抱く前に、まずは自分で自分を安っぽく思っていないか。低いセルフイメージを抱いていないかを考えてみればいいんです。

どんな場面であれ、他人のあなたへの接し方は、あなたが描いたセルフイメージに以上にも以下にもならないってことですよ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。