大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

話しはとってもカンタンで、やるべきことは今すぐやればいい。コトの本質と無関係なことを考えなければ、やりたいことがやれる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

話しはとってもカンタンで、やるべきことは今すぐやればいい。コトの本質と無関係なことを考えなければ、やりたいことがやれる。

■優柔不断の現実逃避

あれこれと、色んな事情を考えはじめるとキリがない。誰であれどんなときであれ、事情が無いことなんてないんだもん。

小川健次Blog

キリが無いだけならまだマシで、色んな事情にばっかり目が向くと、そもそもの本筋が見えなくなる。問題の本質がどこにあったのかさえわからなくなる。

あの問題やこの問題、それぞれを複雑に絡めはじめ、今度は色んな人の事情だの利害まで考えはじめ、どんどん解決から遠のいていく。解決の難易度がどんどん高まる。

さらにそこに、有形か無形かに関わらず損得が絡んでくると目も当てらない。

そもそもの問題の解決は容易。課題の本質は実に単純で明快なのに、それを解決するプロセスや解決の結果によって、あなたや誰かの損得が見え隠れする。

こうするともっと得になる。こうしたほうが損が少ない。目先の損得に気を奪われるから、周囲の人たちの利害や思惑までにまで頭がまわる。そんなコトの本質とは無関係なことにエネルギーをかけているから、今取り組むべきこと、今やらなければいけないことできなくなる。

そりゃあね、人との関わりをおいそれとは断てない以上、ある程度は、いろんな利害や損得のバランスを考えなきゃいけない場合だって現実としてはあるでしょう。玉虫色の落としどころを見つけなきゃいけないこともありますよ。

だとしてもコトの本質は単純なこと。問題の解決は実は容易なことでしょう。目先の損得や周囲の利害に目を奪われなければ、やらなきゃいけないことは明確なんです。

水を出すには蛇口をひねるしかないんです。それによって誰かの利益になるとかならないとか、それがムカつくとかムカつかないとかに関係なく、今あなたが水を欲しているなら、その課題解決のための答えは、蛇口をひねるという答えしかないんです。

それによって、他の問題に波及するとかしないとかなんてのは、枝葉でしかないんでしょ。あなたは水が欲しい。そこに蛇口がある。ならひねればいい。そこであの人がどうの、あのことがどうのなんて言ってもはじまらない。

なのに、その問題とは今の時点では無関係な、周囲の状況や環境だの、他人の思惑や利害だのを言ってるから本質が見えなくなる。水を出すという単純明快な課題なんです。ならばその解決法も単純明快。蛇口をひねる。ただそれだけ。

その道しかないことが、論理的にわかっているんだもん。ならその道進めばいいんです。そう決める。その後の対応については決めてから考える。仮にそれが論理的じゃなかったとしても、自分の感覚を信じられるなら、その感覚に従えばいいんです。

<参考過去記事>
あなたが好きなら好きでいい。あなたが嫌いなら嫌いでいい。周囲の意見や顔色を気にせずに、自分の感覚を信じよう。

でもホントは心のどこかで、それしか選択肢はないとわかっているんでしょうけどね。コトの本質なんかとっくに見抜いているはずなんでしょうけどね。

要するに、あれやこれやと勝手に本質とは関係ない議論をもってきて、その道を見えなくしてるだけでしょ。やっぱりそこで前に進むのは不安だから、あれこれ決めない理由探してるだけでしょ。つまりは優柔不断の現実逃避。

■やるべきことをやればいい。

確定した未来なんてのは誰にもわかりませんよ。何をやるにしたって不確定要素はあるし、それはリスクとして残る。たとえその道しかない場合であったって、できればリスクは負いたくない。失敗したくないし、痛い思いも泣くような想いもしたくない。

でも、そうやって、本質と関係ないことやってる時間って無駄でしょ。進む道がわかってるのに、それしかないのもわかっているのに、その道行くのが怖いから、悩んでるフリして、悲劇のヒロインの私かわいーと言って自分を慰めてても得るものなんか何もない。

だからこそ、そこで今目の前にある課題や、その本質とは無関係な、目先の損得だの他人の利害、ましてや他人から視線なんてもんを考えてたってしょうがない。

とはいえ、現実問題としての損得もあるにはあるでしょう。それが物質的なものであれ、精神的なものであれ。

でもね、それで一番損なこと。一番失っているものって何か。そりゃ、あれこれ本質とは関係ない話題で悩んでいる、その時間そのものですよ。それホントに無駄。その時間はいくら金積んでも返ってこない。あらゆる損の中でもっとも大きな損でしょう。

だってやるべきことわかってるんだもん。コトの本質は単純なことなんだもん。それやればいい、それしかない。それがわかっていながら、全然関係ないことで右往左往していること、そのものが大きな損失。時間という命の無駄遣い。

ならば、不安で足が止まってしまいそう、思考と行動が進むべき方向から外れてしまいそう。そんなときほど、その道の先で結果的に得られるものについて考える。今そこで足を止めずに歩みを進めれば、必ず望んだ結果に近づける。そのイメージをはっきり描くんです。

有形無形なものはもちろんのこと、これから自分がする経験によって、未来にどんな恩恵を受け取ることができるのか。それによって心躍るような高揚感が生まれるよう、イメージするんです。イメージにはそれを現実化しようとする力がある。

不安を感じて、損することへのイメージを増大させるから、本質とは無関係なことに意識が飛ぶ。すると本来やるべきことをやれず、時間だけが無駄になり、結果ホントにイメージしたとおりに損をする。ならばうまくいくイメージを描き続けることでしょう。

<参考過去記事>
心折れずに信じてやり続ければ、必ず望む結果に近づいている。必ず最後はうまくいくイメージを描ければ、そのとおりになる。

あなただって、やるべきことなんてのは、わかっちゃいるでしょ。それがわからない、迷ってるなんて言ってのなら、それは損得だの大人の事情だのを理由にして、本質を自分で覆い隠しているだけですよ。

あれこれ考えることなく、やるべきことがあればやればいい。それしか道がないなら進めばいいんです。そこで止まる理由は何もない。あれこれ考えなきゃいけないこともない。

そのためにも、日頃から未来の幸福をイメージしておけばいいんです。そうすりゃここぞというときに、不安や迷いから余計なことをあれこれ考えることなく、素直に足を踏み出せるようになりますから(^。^)y-.。o○

望みの未来のイメージの描き方。

あなたの個別具体的な問題解決をサポート
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事