大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言葉にすると、望みの結果を引き寄せる。口に出せば、あなたを助けてくれる人が現れる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

言葉にすると、望みの結果を引き寄せる。口に出せば、あなたを助けてくれる人が現れる。

■言葉がイメージになり、イメージが現実化する

言葉を発すると、なぜだかそれが現実になる。言っていると、気づいたときにはホントにそのとおりになっている。

小川健次Blog

そんな経験の一度や二度は、あなたも体験したことがあるでしょう。あなたがそうじゃなかったとしても、言っていることがホントにそのとおりになる人は、周囲に一人くらいはいるでしょう。

別にオカルトっぽい話しをしようというワケじゃありません。言ったことの全てが現実になるワケでもないし、そんな都合のいい話しはない。でもその一方で、言葉にしたときのほうが、ただ思っているだけより現実化することが多いというのも事実。

往々にして、望んだとおりの結果を、生み出す人、欲しいものをその手に入れる人って、その望みを日常的に言葉にしていることが多いでしょ。

だってそりゃそうですよ。思いを言葉として発すれば、その自分の言葉が、自分の耳を介してまた自分の心に返ってくる。そしてそれは、潜在意識下でイメージになる。

「うどん」と聞けば、心の中に、「うどん」のイメージが描かれて、それを食べたい欲求が生まれる。「まゆげ」と聞けば、あのイケメンの顔がイメージとして思い浮かび、恋しくて胸キュンする。

このブログや小川健次メールマガジンでも、頻繁に言ってますが、大事なことなので改めて言っとくと、言葉はイメージになり、イメージにはそれを現実化しようとする力がある。

要するに、言葉に出していると、それはあなたの思考と行動に影響を与えるんです。すぐさま大きな変化として現れなくても、小さな思考と行動の変化が、やがて積み上がり、気が付いたら望んだとおりの結果になっていた。ただそれだけのことなんです。

だから、逆に言えば、それは無理でしょ。手に入らないでしょ。そんなことばっかり言ってると、そんなイメージが潜在意識下で固定化する。すると、無理になるよう、手に入らないよう、自分で無意識のうちに思考と行動をそちらに向けることになる。

上でも言ったように、別にオカルト的な話しじゃない。超常現象でもないんです。宇宙とかスピリチュアルとかも関係ない。言葉にすると、あなた自身の思考と行動が変わるんです。だからその結果が引き寄せられるように、あなたの手に入る。

欲しい結果を言葉にすれば、そのために思考と行動にスイッチが入る。どうでもいいことばっかり気にして、それを言葉にしていれば、それに振り回されるためのスイッチが入るんです。僕たちは皆、自分で望んだ今この瞬間を生きている。

<参考過去記事>
気にしても仕方ないことは、華麗にスルーしよう。本当にやるべきことだけやれば、不安は消えてなくなる。

言うまでもありませんがね、別に心からそれを望むこともなく、ただ何となく言ってみるだけ。言葉にしてみるだけ。それじゃ何も起きない変わらない。

だって、それって言葉にするその一方で、心の中ではどうせ無理。叶うワケない。そんなイメージで自分で自分にブレーキをかけてるだけ。だから言葉にしているのに、結果が伴わいってことは、心からそう望んで言葉にしていないからでしょう。

■言うから誰かが助けてくれる

心からそれが実現できる。実現したい。そう思うからこそ言葉にしたとき、それがすんなりとイメージになる。適当に言ってみるだけでなく、確信を抱いた言葉だからこそ。そうしようという意欲も生まれる。思考と行動のスイッチが入る。

確信を持って言葉にしたところで、うまくいかないことだってありますよ。不慮の事故だってあるし、全力を尽くしても及ばずということだってある。

でもね、言葉するから、スイッチが入る。だから行動が生まれる。仮に結果が望んだとおりじゃなかったとしても、あなた自身が心から納得してそれを受け容れられる。過去に執着もしなくなる。その経験を活かして、次にはよりステップアップした自分になれる。

何より、あなたがそれを日頃から言葉にしていれば、そのこと自体が周囲の人に対する、あなたの良い意味でのアピールになる。

あなたが何を望んでいるのか。あなたがどの方向に進みたいのか。あなたが何を求めていて、今どんな課題に直面しているのか。それをあなたが言葉にしていれば、それを聞いた周囲の人が、あなたに力を貸してくれる。助けてくれるようになる。

すべてを助けることはできないでしょう。でも、少なくともあなたが何を求めているか、あなたが何を課題にしているか。それがわかれば、力になれることはなれるじゃないですか。

その逆に、あなたがどんなに苦んでしんどそうにしていても、そもそもあなたが何を求めてるかわからない。何で苦しそうにしているかがわからなければ、何をどう助けていいのか、誰もわからない。だから助けてもらえない。放置される。

言葉にするというのは、あなた自身のイメージへの影響ということに限らず、周囲の人に力を借りるという意味においても有効なんです。

とはいえ、いつも言うばっかりで、自分では何もしようとしない口だけ番長は論外。助ける云々以前に嘲笑の対象となるだけのこと。

結果を出す人の多くは、自分の考え、自分の目標や求めている結果を言葉にする。だからそれを実現するための心のスイッチが入る。それだけじゃなく、助けてくれる人も多いでしょ。だってその人が何を求めているかが、皆わかるから。

<参考過去記事>
頼りたいときに、素直に頼れる強さを持とう。必ず誰かが支えてくれるから、そんなに我慢しなくて大丈夫。

そのためにも、まずあなたが望むこと、目標をはっきりすることですよ。そしてそれを手に入れる、それは必ず実現すると、言葉にしてみることです。するとそうなる未来に近づいていくことが実感できる。そのために必要な人を引き寄せる。ホントにそうなる。

言葉はイメージになる。あなたの思考と行動を変える。それだけじゃなく、周囲の人の力を借りられるようになる。魔法やおまじないじゃないんです。しかも言葉にするのは、今すぐからでもできること。まずやってみたらどうですか(^。^)y-.。o○

<恋愛力を高める言葉の発し方>
・5/13東京 ・5/20大阪 ・5/27名古屋

恋愛力を高める、脳と心の使い方

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事