大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

愛している人なら、信じて委ねて明け渡そう。素直な想いを伝えるほどに、もっと大きな愛を引き寄せる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

愛している人なら、信じて委ねて明け渡そう。素直な想いを伝えるほどに、もっと大きな愛を引き寄せる。

■駆け引きはいらない

仕事はもちろん、家庭生活や恋愛、ご近所との関係にしたって、自分以外の誰かとの関係ってやつは、そつなくうまくやりたいってもんです。

小川健次Blog

余計な波風をたてて、不安や心配に心を揺さぶられたり、ストレスを感じたりはしたくない。できれば自分の心は平穏でありたい。

と、あなたが思うのと同じように、あなたと関わる他の人も同じように考える。誰だって不安や心配はイヤですよ。ストレスだって感じたくない。ならばできる限り、自分にとって優位な状況、都合のいい関係でいたいもの。やっぱり最後はみんな自分が可愛い。

あなたがそう思うということは、あなた以外の人、あなたと関わるあの人も、同じように思うもの。だからどちらも、自分にとって都合の良い展開になるように、あれこれやの腹の探り合い。駆け引きのし合いになるんです。

別に相手を陥れようとか、傷つけようと思っているわけじゃない。ただ、自分にとって優位でいたい。自分に都合よい着地になるように主導権を握りたい。

でもそれって、結局は心のどこかで相手を出し抜こうとする、あざとい心の動きですよね。お互いが主導権を握るための、騙し合いや化かし合いの駆け引きじないですか。いろいろ綺麗事を言いながらも、結局は相手より自分。

いや、いいんです。別に深い関わりをしたいとも思わなければ、二度と会うこともない相手なら。

でもね、あなたが本当に大切にしたいと思う人、もっと関係を深めていきたいし、長く良い付き合いをしていきたいと思う人。そういう人と騙し合い化かし合いの駆け引きしていて、お互いの信頼関係が深まるかってことですよ。

ちなみに、僕が毎日配信している小川健次メールマガジンが、言いたい放題好き放題なのは、駆け引きは抜きにして、読んでる人にそのままの僕の考えを伝えたいから。だいたい変な駆け引きしても、言ってるほうも読んでるほうも面白くないし。

それにね、主導権握ろうと、下手な駆け引きして本音を隠すから、ホントに伝えたいことも伝わらずに、話しだけがややこしくなる。そうなるくらいだったら、はじめっから駆け引きなんかしないで、自分の想いや考えを素直に表現してしまえばいいじゃないですか。

あれこれ考えて、小手先の駆け引きでどうこうしようとするよりも、素の自分で話したほうが、あなた言葉は相手の心に届きますよ。

<参考関連記事>
人前で緊張せず自然に話すコツは、自然な自分でいること。その場だけうまく話そうとしなければ、大事な場面でもうまく話せる。

主導権を握って、どうにか自分優位に。なんてセコイこと考えなくていいんです。駆け引きなんかやめて、素直にあなたの想いを表現すればいいんです。それで嫌われるなら、そもそも嫌われてるってことだから。それがわかって良かったね。

想いをさらけ出したあなたのことを、相手がどう思うか、相手がどうあなたと接するか。それは相手の考え相手の想い。その相手を信じて委ねて、あなたの自己を明け渡してしまっていいんです。

■信じれば信じてもらえる

お互いが最終的にどうしたいか。あなたが何を思い、相手に何を求めているか。その本音を覆い隠して、駆け引きばっかりの関係なんか疲れるでしょう。それにね、そもそも駆け引きするような相手が、本当に大切に思う相手なのかってことですよ。

心から大切に思う。長く付き合いたいし、関係を深めて、お互いがお互いを支え合える間柄になりたい。なら、腹を割ってやり取りしろよ。くだらない駆け引きなんかいいから、思ってることを素直に本音で言ってやり合えよ。

あ、一応言っておきますがね、別に投げやりになって言いたい放題言えってこじゃないし、開き直って相手が傷つくことも言えってことでもない。私はこう考えるしこうしたい。それをどうするかは相手にお任せ。そうやって自己を相手に明け渡して、委ねてしまえばいい。

自分を明け渡して委ねるということは、相手を信用しているということですよ。信じているから明け渡せるし委ねられる。そりゃ相手だって自分が信用されていることがわかりますよ。

あ、俺をこんなに信用してくれてるのね。だったら俺も信用しよう。俺もお前に明け渡して委ねよう。そうしてお互いの信頼が深まっていく。

それをせずに、どこで覚えてきたんだかわかんないような、つまんねー小手先テクニックで、下手な駆け引きしようとするから、不要な誤解が生まれるんです。それでお互いの間に募るのは不信感だけですよ。不必要にギクシャクする関係になるだけなんです。

仕事でも恋愛でも家族間でも同じですよ。つまんない駆け引きをとっととやめて、相手を信じて素の自分を明け渡してしまったほうが、結果的にうまくいく。これホント。

誰だって、駆け引きしてストレス感じるような関係よりも、素直に想いを言い合える関係のほうが心地いいもんでしょ。あなたも僕もあの人も、思ったことを正直に言い合える関係のほうが、不安もストレスもなくて心地いい。

そういう関係だから、好きなことは好きと言えるし、NOはNOと言える。そうしてもお互い傷つかないし、そするほどにお互いの関係が深まるというもの。

<参考関連記事>
NOと言われて断られても、あなたは否定されてないから大丈夫。相手の想いに寄り添えば、ノーと言われることへの不安は無くなる。

不必要な駆け引きでエネルギーを使い、想いを伝えるまでにさんざん遠回りでして時間を使い、その結果が不信感の積み重ね。そんなもん誰も幸せにならないでしょ。おまけに、積み重なった不信感が爆発して決裂するようなら、目も当てられない。

大切な人、それこそ愛する人であればなおさらのこと、信じて委ねて明け渡してしまっていいんです。すると相手もあなたを信じて委ねて明け渡してくれる。その積み重ねが、あなたに、もっと大きな愛を引き寄せるってもんですよ(^。^)y-.。o○

<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事