大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたは愛されてるし、あなたの心は満たされている。手放すことへの不安を捨てれば、より大きな幸福を引き寄せる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたは愛されてるし、あなたの心は満たされている。手放すことへの不安を捨てれば、より大きな幸福を引き寄せる。

■失うことへの不安が心にブレーキをかける

時間は有限である以上、僕たちが死ぬまでに手に入れられもの、できることにも限りはある。

小川健次Blog

もちろん人によって持てる量には多少の個人差もある。たくさん持てる人もいれば、そうじゃない人もいる。それでも限界があるってことについては皆同じ。

限界がある以上は、欲しいものの全てを手にすることはできない。好む好まざるとに関わらず、何かを手に入れようとすれば、それと同等の何かを手放さないといけないこともある。得たいものを得るための代償が必要になることもある。

とはいえ、だからといって、そこで手放すものばかりを気にしたり、失うものに心奪われてばかりいれば、そりゃ誰だって不安になる。小川健次メールマガジンで好き勝手言ってる僕でさえなる。

これまでずっと身近にあったもの。コツコツと長年かけて積み上げてきたもの。大切だと思っていたもの。それに執着するな。そんなもん手放せ。と言われりゃ嫌ですよ。苦しくて悲しくなる。手放したくない、遠ざけたくない。失いたくない。

だから逆に、それを失わないように。守ることばかりに必死になる。失いたくない、マイナスになりたくない。不安や心配を回避したい。そんなネガティブな思考と行動に心を奪われるようになる。そんなことばかりに力を入れるようになる。

ブレーキ踏むことばっかり考えるから、アクセル踏む足にまったく力が入らないんです。

あれやるとこれ失う。こうするとこれがなくなる。こっちに行けばあの人がいなくなる。あっちに行けばこれができなくなる。ひたすら失うことばかりを考える。

せっかく未来に向けて行動しようと思ってる。心のスイッチ切り替えて、新しい自分になろうと思ってる。そのためにあれこれ考え、自分と向き合う。だけども何も変わっていかないし、物事がまるで先に進まない。むしろストレスになるし、疲れるばかり。なんだこりゃ。

それ、失うことばっかり考えてるから。心のどこかで守ることや、失わないことばかりにエネルギー使ってるから。ブレーキ踏むことに力入れてるから。

あのね、大丈夫ですよ。確かに何かを手放さなきゃいけないこともあるでしょう。でもね、手放せばそれと同等、もしくはそれ以上のものが手に入るんだから。あなたが手放すもの以上に、手に入れたいものに価値を感じるなら、手放してしまっていいんです。これホント。

<参考関連記事>
決断して代償を差し出せば、それに相応しい結果が手に入る。何も差し出さなければ、何も手に入らない。

目を向けるべきは、手放すものではなく、これから手に入れられる、あなたにとって価値あるもの。

そして考えるべきは、あなたが未来にどんな幸福を手に入れることができるか。そしてそれによってどんな喜びを得られるか。そのために具体的に何をすればいいのか。そしてそれをいつやるか。手放すもののことを考えても思考と行動が止まるだけ。

■手放すから引き寄せる

誰にだって絶対に失っちゃいけないと思うことはあることもあるでしょう。何が何でも手放すことができないもの、死ぬまで守り通さなきゃいけないことはある。

でもね、それほど心から大事だと思っていいるもんだったら、そもそも、手放そうかどうかなんて考えないんです。代償として差し出すかどうかも迷わないでしょ。そんだけ大事で、そんだけ譲れないと、信念持って考えていることならば。

ということは、迷っている時点で、それは、別にそこまで力入れて守らなくたっていいってことですよ。手放したところで、死ぬほどのことじゃないってことですって。

だったらそこまで、守ることばかりに意識奪われるのもバカバカしい。不安や心配に心を支配されて臆病になるのもアホくさい。だったら手放せばいいじゃないですか、それにねホントに必要なものなら、今守らなくても、やがてまたあなたの手に返ってくる。

実はそれほど重要でも大切でもないことなのに、それを失うことにばかり、守らなきゃいけないことばかりに目を向けてれば、前に進めない、何もできないだけじゃない。ホントに守らなきゃいけないことでさえ、失うことになるんです。それこそ心底アホ臭い。

よほどのことは別にして、少しくらい何かを失ったり、手放したりしたところで、それで人生に行き詰まりを感じることなんかないでしょ。

変なところでケチで欲張り完璧主義。これが足りないと困る。これが欠けると不安。あれもこれもないとうまくいかない。台所に豊富な食材用意してるのに、食べるのはいつも決まった食材だけ。他は食べずに賞味期限到来。抱え込でも何も活かせない。

ホントは充分手元にあるでしょ。しかもそれ、全部が有用なものでもないでしょ。

なら手放しても大丈夫。今使わないんだもん。ホントに持っておかなきゃいけないものじゃないんだもん。失うこと、手放すことへの不安と心配は抱かなくていい。食材そんなになくても大丈夫。どうせ食わないんだから、そのスペース開けてビール入れておきなさいよ。

あなたはもうたくさんの持っている。少しくらい欠けても大した影響なんかない。でも欠けたところには、必ずもっと価値あるものが収まるんです。

失うことや手放すことへの不安に心を奪われていると、考えは守りに入るだけ。だから思考が止まる。行動が止まる。いよいよ新しいものが何も得られないから、なぜだか満たされているはずなのに、自分が不幸だというイメージが増幅する。よくわからない不安に駆られる。

<参考過去記事>
幸福が好きな人は幸福になり、不幸が好きな人は不幸になる。起こる出来事のすべては、あなたの心の影でしかない。

あなたはもう満たされている。その手に余るくらい色んなものを持っている。多くの人から充分すぎるくらいの愛を注がれているんです。でも、そのすべてが今必要なものでもない。今価値を感じらているわけでもない。なら、その分は手放しても大丈夫。

それで手放しても困ることないから。あなたがこの先の未来に欲しいと思うものが、それ以上の価値あるものであれば、とっとと手放せばいいんです。すると、ホントにその欲しいものが引き寄せられますから(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事