大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

結ばれたご縁は、お互いが成長し合える刺激を与えることで強くなる。ただ寄りかかるだけなら、縁は離れていき後悔だけが残る。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

結ばれたご縁は、お互いが成長し合える刺激を与えることで強くなる。ただ寄りかかるだけなら、縁は離れていき後悔だけが残る。

■馴れ合いからは何も生まれない。

僕たちは人と関わることで気づき、学び、成長する。そしてその度合いは誰とどんな関わり方をするかによっても変わるもの。

20160706kamo

それは言ってみれば、あなたが誰とどんな付き合い方をするかによって、あなたの気づきや学び、そして成長に違いがあるということ。

あなたがこれまでどんな人と関わってきたか、そして今どんな人と関わっているか。その間にあなたは、どれだけのことを気付き、学び、成長できたかを振り返ってみれば、あなたとその人との関係の価値がわかりますわな。

もちろん、そこに絶対的な尺度は存在しない。だからあくまでも、あなた基準。あなたの主観で価値がどれだけあったと感じるか。感じているか。

物質的な状況環境に限ったことではなく、その人との関わりを通じて、あなた自身が何を学び、何に気付き、そしてどう成長したのか。過去の自分と今の自分を見比べて、あの人と関わったことで、これだけのことが生まれたと言えるものがどれだけあるか。

お金持ちのお兄さんと付き合って、高級車に乗れたし、欲しいものも買ってもらえて、好きなとこに連れてってもらえるようになった。ホントに幸せで満たされてる。この人に会えて、この人と付き合えて良かったあ。

まあ、それはそれでいいんですがね。でも、その人の関係が切れたときに、あなたに残るものは何ですか。その人がいなければまたゼロに戻るのであれば、そりゃ何も得ていないし何も学んでいないということでしょう。単に依存してただけ。

あの先生と出会ってから、ヤル気が毎日わいてくる。ホントに毎日を刺激的に生きられる。いやホント良かった助かった。

いや、だから、じゃあその人がいなくなったときに、あなたには何が残るんですか。モティベーションの高まらない退屈な日々に戻るだけなら、それまでのことなんか何もしてないのと同じでしょ。誰とも関わらなかったのと変わらない。

その人との関係を通じて、自分で経済的な豊かさを得られるような力をつけられたのか、自分でモティベーションのスイッチ入れられるようになったのか。

それが微塵もない関係であれば、そりゃ馴れ合いもたれ合い。せっかく縁あって関わり持った仲なのに、得られたものは何もない。

なければ少し言いすぎかもしれませんがね。単なる馴れ合いもたれ合いにしか過ぎませんよ。傷の舐め合いにはなるかもしれないが、そこから付加価値は生み出せない。

それは別に、その人に問題があるわけじゃない。その人から学びを得ようとしないこと、その人を通じて気づきを得て成長しようとしない、自分自身の怠慢ですよ。その関係に価値を生み出せるかどうかは、あなた次第。

<参考過去記事>
謙虚さは、人間関係のストレスを軽減する最高の処方箋。どんな人からも学ぼうとする姿勢が、心に余裕と豊かさをもたらす。

そりゃまあ、時には馴れ合いもたれ合い、それこそ傷の舐め合いもあってもいいのかもしれませんがね。それを心が求めているときがあるのなら。

でもね、一緒にいる時間が長い人、ともに過ごそうと考えている大切な人との関係であれば、お互い後になってから、あの付き合いは何だったのか。そう思うことになるのは避けたいもの。お互いが学び、気づき、成長できる価値ある関係でいたいもの。

■その関係を通じてお互いがどう成長し合えるのか。

まずは、あなたと関わることで、相手が何を学びどんな成長できるのかどうか。出逢ったときから今に至るまで、あなたは相手に何を与えることができ、そしてこれからその人はそこにどんな価値を見出すことができるのか。それを考えてみるべきでしょう。

言うまでもなく人間関係は一方通行ではなく双方向。あなたがその人を通じて、学び、気づき、成長することで、その関係に価値を見出したいのと同じように、あの人だったあなたとの関係に価値を見出したい。

そうしてお互いが成長できる刺激を与え合う。それによって成長したお互いが、さらに刺激を与え合う。だからお互いの関係にもっと付加価値が生まれる。お互いが本当に必要だと思える、良い意味での適度な緊張感を保てる関係になる。

1+1=2にしたいだけなら、道ですれ違った人に声かければいいだけのこと。でも1+1=2以上に、それこそ無限大レベルの関係にするのは、単に一緒にいるだけじゃ意味がない。馴れ合いからは何も生まれない。

これまであなたが付き合ってきた人、今あなたが付き合ってる人、これからあなたが今付き合いたいと考えている人。その人とはお互いが刺激を与えあうことで、お互いが成長し合える関係だろうか。そういう関係だったであろうか。

そんな視点で、あなたの他者と関わりを見直してみれば、手放して忘れてもいい関係、とっとと切ったほうがいい関係、もっと深めていくべき関係など、自分にとって価値ある関係は何かがおぼろげながら見えてくる。流されず、過去にひきずられず、取捨選択がきっちりできる。

仕事上での付き合いや、恋愛や結婚、家庭内、そして友人同士などすべての関係で同じこと。

なんとなくのその場の雰囲気、なんとなく寂しさ紛らわすだけ、目先の損得や、見た目の条件云々ということに惑わされるのではなく、お互いがお互いの生き方にどんな影響を与え合うことができるのか。それこそ魂が共鳴するかどうかの基準で考えれば、余計な遠回りもしなくなる。

それにね、そういう適度かつ良好な緊張感を保てる関係だからこそ、支えてもらえるし支えることができる。傷の舐め合いではなく、苦しいことがあっても一緒に乗り越えることができる絆が生まれるというものでしょう。

<参考過去記事>
あなたを支えてくれる人は必ずいるから、少しくらいは甘えていい。苦しさやしんどさに耐えられなければ、抱え込まずに頼る勇気を持とう。

人と人との関わり方に、これが絶対なんて法則なんてないですよ。正しい付き合い方の定義なんてものもありはしないでしょ。最後はあなた自身の納得感。それで悔いが残らないかどうか。心が満たされるかどうかなんだから。

でもね、だからこそ、付き合う相手、付き合っている相手との関係の在り方については、お互いが成長できるかどうか、そのための刺激を与えることができる関係かどうか。ホントに価値ある関係かどうかを基準にして、付き合い方を考えてみることは重要なこと。

せっかく結ばれた縁ならば、仮に別れが訪れたときにでさえ、本当に関われて良かった。そう思える関係にしたいもんですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事