小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

■今は過去ではなく、未来のためにある。

今日があるということは、昨日があったわけで、今年があるということは去年があった。僕たちは積み上げた過去の上にある今を生きている。

小川健次Blog

その過去の良し悪しの評価基準は常に今。今の視点や価値観、今置かれている状況環境を基準に、振り返った過去に対する評価を下す。

なので言うまでもなく過去の評価というのは絶対じゃない。今の自分がどうあるかで、過去の評価なんかいくらでも変わるんです。他人も過去も変えられないなんてことはないんです。他人も過去も変えられる。というより自分の見方や感じ方次第でいくらでも変わる。

それはときに、自分を正当化するための美化であったり、誰かを貶めるための否定的評価であったり、それこそ自分が行動しないための言い訳であったり。その場の自分がどういう立場にいるかによって、好き勝手に過去の評価なんて変えてるんです。

もちろんそれが、今の自分の自信の裏付けとなる実績であれば誇っておけばいいこと。未来の自分への戒めとなる、失敗への反省であれば今後に活かせばいいこと。

でもね、それって言うまでもなく、すべて過去のことであって今のことじゃないでしょ。すべてはもう過ぎたことで戻ってこない。それはすべて今じゃない。

過去に実績があるのはそれでいい。それを自信にするのものいいんです。でも今はそのときじゃない。今のあなたはそのときのあなたじゃないし、今の状況環境はがそのときの状況環境じゃないんです。

過去の失敗は反省すればいいじゃないですか。それで苦しかった思い出、その経験のトラウマもあっていい。でもそれ全部過去のことだから。今は違うんです。過去などもうとっくに過ぎた。今は今なんです。もうそのときのあなたじゃない。

あのときはうまくいった。あのときはしんどかった。それ全部過去のそのときのこと。そのときのあなた、そのときの状況環境だったからこそ、うまくいったわけだし、しんだかっただけなんです。今は時も状況も環境も、それこそあなた自身が過去と同じといえばそうじゃない。昨日と同じ今日はない。

それにね、上でも言ったように、過去への評価は誰もが自分に都合よく変えるもの。客観的な事実よりも、今の自分に都合良く解釈を補正する。

実のところ、たまたまうまくいっただけのことも、自分の実力があったかのように勝手に記憶を補正。蚊に刺されたくらいの些細なことも、とてつもないドン底の苦しみだったことにしてしまう。今の自分の立場を正当化するために、悪気はなくとも勝手に補正する。

まあそれで自分の心が満たされて、今うまくいくために肯定的に活かされているのなら、そういう解釈もありでしょう。どうせ変えられない過去ならば、適度に肯定的に解釈してしまえばいい。都合よく補正したところで大した問題じゃない。

その一方で、今の自分の思考と行動の阻害要因になっているなら、少し考えたほうがいいんじゃないですか。

過去の成功体験にしがみ付くだけで、過去と違う今に対応できずに同じところの堂々巡り。過去の失敗をひきずるだけで、過去と違う今になっても動こうとしない。今できない自分、今やれない自分を正当化するために、補正された過去を基準に考えるならバカバカしいだけの時間の無駄。

過去は過去で今じゃない。過去は今できないやれないことの理由にはならないんです。選択の権利は常に今、あなたの手元にあるのだから。

<参考過去記事>
やりたければやればいい、やりたくなければやめればいい。その選択の権利は、他の誰でもなくあなたにある。

おまけに、他人に対してまで、良かったことでも悪かったことでも、自分は過去こうだったから、あれができないこれができないなんて言い訳するのは、見苦しいだけでしょう。

他人は過去のあなたと対話をしているんじゃないんです。過去の想い出話しをしているんじゃないんです。今のあなたと、未来についての話しをしているんです。

■あの人以上の人はたくさんいる。

過去は過去で戻ってこない。今は今で瞬時に過ぎ去る。そして未来は未来でこれからくるもの。過去は今の原因で、今が過去の結果なんです。そして今は未来の原因でもある。今日という日は残された人生の最初の一日なんです。

過去には良いこともたくさんあるし、悪いこともたくさんあるでしょう。でも今は今。今が未来をつくるのだから、過去を基準にするのではなく、未来を見据えて今できることを決めてとっととやればいい。

仕事や趣味もそうですが、人間関係でも同じこと。あの人とはホントに波長が合ったし理解し合えた、あの人が一番であの以上の人はもういないし出逢えない。って、それ錯覚。

過去のそのときの状況環境、そのときのあなたの立場や、その場そのときの相手の立場。それらを基準にそう感じたにすぎないんです。でも今もう違うから。今のあなたはそのときのあなたじゃない。そのときそう思っただけ。また状況環境で違う人に会えば、また変わる。

どうも出逢う人が、過去に付き合った人と比べてもいまいちな感じがする。やっぱりあの人のほうが良かった。あの人以上の人はいない。だからそれ錯覚。幻見てるだけ。こだわってるのは過去のその人じゃなくて、過去の自分なんです。今のあなたに早く戻ってきなさいよ。

世の中も変わり、あなたの立場も変わる、相手も変わっているんです。同じ過去は戻ってこない。ならばその過去の結果である今、未来に対してどんな相手とどんな関係を結ぶことが幸福になるか、それを考えるほうが精算的というものでしょう。

言ってしまえば、それも今の自分が一歩踏み出すことを恐れての言い訳みたいなもんでしょう。過去が戻ってこないのはわかっているクセに、あえてそこにこだわって目の前の人から目を背ける。でもそれやっていると、ホントにたださまよい続けているうちに、歳だけ重ねることになりますよ。

だいいち、過去に逃げ込んで思い出の世界だけで生きてるヤツなんか、みんな願い下げでしょう。こっちは成長して変わってるのに、君は全然変わらず進歩もないね。なんて言われりゃそれこそ血管ブチ切れるでしょう。

ならばそんな過去の人との思い出なんか、綺麗さっぱり手放しちまえばいいんです。エイやっっと放り投げてしまえばいいんです。未来は過去を手放した先にある。

<参考過去記事>
別れた大切な相手でも、縁があればお互いを引き寄せる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けよう。

望んだ未来の結果を手に入れるために、過去に蓄積してきた経験を活かせるなら活かせばいい。過去は今目の前の問題から逃げるためにあるのではなく、未来のための今に役立てるためにある。

過去の経験を生かして、今目の前の問題に真正面から取り組むことができれば、それがまたさらなる価値ある経験となって、未来の自分にとっての糧になる。その積み重ねのプロセスが充実感や達成感をもたらし、自己の成長へと結びつく

昨日はもう終わってるんです。今日は今日ですよ。今日起こる問題も、今日出逢う人も過去とは関係ないんです。基準は未来のために今どうするか。今止まる理由のために過去に逃げても何も生まれないんだから。

未来のための今を基準に考えてみれば、今日一日の中だけでもたくさんの選択肢があることに気付けるし、その中からホントに心躍る選択ができるようになるってもんですわな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。