大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人のことを優先して言葉や態度で示せば、想いは必ず届く。自分への見返りへの期待に執着してると、想いは華麗にスルーされる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人のことを優先して言葉や態度で示せば、想いは必ず届く。自分への見返りへの期待に執着してると、想いは華麗にスルーされる。

■相手にどんな価値をもたらすのか

誰だって言葉や態度で示さなければ、その人がどう想っているかをわかるわけない。占い師でもなきゃエスパーでもないんだもん。憶測はできるでしょうが確信はできない。

小川健次Blog

だからこそ言葉や態度で示すことは大前提。とはいえ、その言葉や態度にしたって、言うだけならいくらでも言える。素振りを見せるだけなら見せられる。

大切なのは、その言葉や態度が、誰に対して向けられたものなのか。その言葉や態度の向かう先に何があるのかということ。

その人への想いを言葉にしているようで、心のどこかで、それ口にしている自分に満足しているだけ。それをやれてる自分に納得したいだけ。言って満足。やって納得したいだけ。その人のためと言いながら、自分のため。向いてる先は自分自身。満たしたいのは自分の心。

そんな言葉や態度は、相手からしてみれば自己満足の押し付けにしか感じられない。あんたそれ言いたいだけでしょ。それやりたいだけちゃう。その言葉や態度の先には誰もいないんだもん。

それでも、表面上は耳を傾けてくれるでしょう。その態度も相手にしてもらえるかもしれない。みんな大人ですから。腹の中では「あ、そう」「だから何?」と思っていても、一応相手してくれるフリはしてもらえるでしょう。ホントはスルーされてるだけなのに。

だから言っても伝わらないんです。想いがまるで届かないんです。言葉にして伝えた。態度で示した。それでもわかってもらえない。相手にしてもらえない。

言葉や態度の先にいるのがその人じゃないんです。自分自身なんです。自分のため。自分に対する見返りのため。いくら手練手管の小手先テクニックを駆使してみても、まるで振り向いてもらえないし、まるで相手にしてもらえない。暖簾に腕押し。糠に釘。

なんでこんなに想いを伝えているのにわかってくれないの。なんでこの想いを受け取ってくれないの。そう思うことがあるなら、少し立ち止まって考えてみればいい。

その言葉や態度は、ホントのホントは誰のためのものなのか。心のどこかに、単に自分を誇示したい、その人に良く思われたい。その人を自分の思いどおりに動かして、自分が望む見返りを手にしたい。そういう自分中心の自己本位な考えで発した言葉や態度であれば、伝わるわけないんです。

相手にしてみれば、何であんたを満たすためにそれを受け容れなきゃいけないの。何であんたのためにそれに反応しなきゃいけないの。私に何のメリットもないわ。ウザいし面倒やし、スルーしといたれ。

そしてスルーされるから、さらにムキになって強く言う、何とかしようと押し付けになっていく。相手は相手でますますウザいと思うようになる。むしろ、言えば言うほどお互いの距離がどんどん遠ざかる。態度で示せば示すほど嫌われていく。

<参考関連記事>
駆け引きを手放して、言いたいことを言えば想いが伝わる。心の声に従って言葉にすれば、お互いの距離がグッと近づく。

その言葉、その行動の向こう側に誰の顔を見ているのか。目の前にいるその人の顔ではなく、その人にそれを言うことで満たされる、あなた自身の顔であることはないか。目の前のその人のためと言いながら、実は自分のメリットのためではないか。

だからね、まずは、あなたが示す言葉や態度、それを言うことやることが、あなたの損得抜きにして、本当にその人のためだけを想ってのことなのか。それを言うことやることで、本当にその人の心が満たされることなのかを考えてみることですよ。そうじゃなければ何言ってもやっても伝わらないから。

■あなたの見返りはどうでもいい

あなた自身のことに当てはめてみる。あなた自身がが逆の立場だったらどうか。目の前の人があれこれ言ってくる。想いを伝えてくれる。でも、そこにあるのは、その人の自己満足のためだけの言葉と態度。その人がそうしたいから、それ言ってるだけやってるだけ。

おまけに、その人が望みの未来を手に入れるために、お前もこうしろああしろ。ってことが透けて見えれば、冷めるだけでしょ。なんだ。結局この人私のことなんか微塵も考えてくれてないのね。要するに自分のためなのね。まあ、そう思って終わりでしょ。

そもそも、ホントにその人に届けたいと思うことなら、その人にとって意味のある、そして価値がある言葉や態度。その人のためを思う言葉を発し、その人のことをだけを考える態度を示さなければ、届くことなんかありませんわ。

そこに下らない打算や計算。つまらない小手先テクニックを織り込んで、相手を思い通りに動かして、最終的に自分が満たされる結果にしようなんてしているから、相手にされないんです。何も伝わらないし、心の距離が縮まらない。

もちろん届いたところで、それを受け容れてもらえるかどうかは別のこと。届いても拒否られることはある。でもいいじゃないですか。それは相手の選択なんだから。そこは相手を尊重すればいい。そもそも見返りは期待していないんだし。

あなたはただ、その人のためを想う。その人にとって利益がある。そう思って言葉を発し、態度で示した。それでいいんです。あとは相手が決めること。誰も他人の心は支配できない。

それでも、届けば真意をわかってもらえる。受け容れてはもらえなくても、気持ちは理解してもらえるし、余計な誤解も生まれないから後腐れだってないんです。その想いを受け容れてもらえなかったとしても、人としての信頼関係は深まるし、心の距離はグッと近づく。

ホントに届けたい想いなら、あなたの言葉や態度が、その人にとってどんな価値をもたらすのかだけを、考えればいいんです。自分のことはどうでもいい。だってホントにその人のことを想ってるんでしょ。大切な相手なんでしょ。だったら、あなたの見返りなんか考えなくていい。

そうして本当に相手のためを思い、相手にとって意味のあること、価値を生み出すことを言葉にしたり態度で示すことですよ。

いつでも誰に対しても、同様のことをするってのも、そりゃなかなか難しい。でもね、ホントに想いを届けたいとき、届けたい相手に対しては、まずその人のことだけを考えればいい。あなた自身の見返りのために電卓叩く必要も、算盤弾く必要もないから。

人の好き嫌い、合う合わないはあるでしょう。でもそれにしたって、本当に自分のことを想って、言葉や態度を示してくれる人のことは、最悪、好きにはならなくても信用はできる。誰だって自分に対してそうされて気分の悪い人はいない。

<参考過去記事>
大切な人との心安らぐご縁は、見返りを求めない想いが引き寄せる。その人の心が満たされるよう力を尽くせば、お互いの心が満たされる。

言葉がどうも上滑りをしていて、その人に伝わっている気がしない。態度がどうもカラ回りしていて、その人に何も示せていないようだ。そう感じるときってのは、往々にして相手のことより自分への見返りを優先しているからでしょう。

ホントその人のためだけを想っての言葉や態度か。そこにもう一度立ち返ってみればいい。すると想いは必ず伝わりますから。まあでも、いちいち見返りなんか期待しているなら、本当にその人ことを心から大切だと思ってるかが、疑わしいってもんですがね(^。^)y-.。o○

<想いを届けるには>

■小川健次特別セミナー ※大阪会場は間もなく満席
・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事