大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分で自分を褒めて認めると、他人からも褒められ認められる。あなたには、あなたにしかない素晴らしい魅力がある。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分で自分を褒めて認めると、他人からも褒められ認められる。あなたには、あなたにしかない素晴らしい魅力がある。

■自分で自分を認められないと、他人も認めてくれない。

よほど変わった趣味でも持っていない限り、身近な誰かにこてんぱんに悪口言われたり、いちいち否定されたりして気分のいい人ってのはそういない。

小川健次blog

むしろ逆でしょう。やっぱり誰だって褒めてもらえたほうが気分がいい。認めてもらったほうが嬉しいですよ。それが身近な相手じゃなかったとしても、自分のことを褒めて認めてくれる人のことは、嫌いにはならない。

認められればそれは自信になる。褒められればもっと頑張ろうというヤル気も湧く。別に認められたり褒められたりすることを期待していたわけじゃない。そう望んでいたわけじゃない。それでも、結果として褒められて認められれば気分はいいものでしょう。

だから褒められたほうがいいに決まってる。認められるほうが、精神衛生上もいろいろプラスに作用するのは当たり前。

なのに、いまいち人から褒められない。なぜだかいまいち認められない。どうも否定されてばかりだし、言われたくてもいいような気分の悪くなるようなことをいちいち言われる。

それはね、自分で自分を褒めてないからですよ。自分で自分を認めてないからなんです。

私なんかは褒めてもらえるようなことしてない。こんなオレが人に認められることなんかあるわけない。そうやって自分で自分のことを、わざわざ全力で否定している人なんか、褒めようがないでしょう。認めたってそのこと自体を否定されれば気分良くないんだもん。

そりゃね、確かに謙遜が美徳とされる場面もあるでしょう。空気を読んで控えめにしたほうが、いろいろな意味で都合いいこともる。

だとしても、それはあくまでも表面上のことですよ。上っ面では否定しているようでも、実のところ心の中では自分を認めてる。自分で自分に自信を持っているから、表面上は謙遜していたとしても、褒めた相手はそれをホントに否定しているなんて思われない。

一方で、自分で自分を卑下して考える。ただセルフイメージが低いだけ。私は褒められるような人じゃないですから。僕はそんな力ありませんから。せっかく褒めても全否定。せっかく認めてるのに受け容れてくれない。そりゃ褒めるのも認めるのもバカバカしくなる。

これ、欠陥品でいまいちのものです。すっごい暇で死ぬほどやることないときにでも使ってみてください。あ、お代も結構です。いただく価値もないものですから。と言って渡したものを喜ぶ人なんかいないでしょ。しかも渡された瞬間にゴミ収集車へGOですよ。

そうやって渡しておきながら、あの人は渡したものを大切に扱ってくれない。しかも褒めてもくれない。認めてだってくれやしない。なんかヒドイ。私は大切にされてない。ってアフォでしょ。

あなたはあなたが考えたとおりの人間になる。あなたの心の状態が目に見えた形になっているだけなんです。他人はどんなときでもあなたの心の鏡でしかない。

<参考過去記事>
人間は自分が考えているような人間になる。他人にどう思われるかよりも、自分が望むセルフイメージを優先しよう。

自分でお薦めできないものを、人にお薦めするなっつーの。自分がいいと思うから、それがその人に伝わるってものでしょう。そして人はその良さを褒めてくれるし認めてくれる。

自分は褒めることもできないし、認めることもできてない。なのに他人には褒めろだの認めろだのって要求するのは、そりゃちょっと理不尽にもほどがあるってもんですよ。

■自分を知るから自分を認められる。

コミュニケーション戦略上、あえて褒めない認めないということはあるかもしれない。でもそれってのはそういう空気が伝わるものですよ。それはそれでいいんです。

でもね、なぜだかホントに褒められない。いまいち認められてる気が全然しないってのは、そりゃ原因はあなたの心にあるんです。あなたがあなたを認めてないから。あなたがあなたを褒めていないからですよ。

ならばまず、自分の心と冷静に向き合ってみたらどうですか。自分自身が考える自分自身への評価について、今一度見直してみればいいじゃないですか。僕たちは自分が自分に対して思い描くセルフイメージのとおりの人間になる。セルフイメージを書き換えるんです。

だって自分で自分卑下するようなことを考えてるクセに、ホントのホントは認めて欲しいと思ってる。認めてもらいたいと思ってる。受け容れてほしいし、支えてほしい。ならその思いに素直になればいいじゃないですか。その価値がある自分だというセルフイメージを描けばいいんです。

誰かに認められたい、褒められたい。そう思うなら、認められて当然、褒められて当然。そういう自分をイメージしてれば、そういう自分になるんです。これホント。

誰にだって自分で自分を褒められることがある。あなたにもあるし、僕にだって眉毛の太さがある。

だいたいね、これまで色んな困難や逆境を乗り越えて、今日まで生きてきてるんです。今こうして口開けてボーっとブログ読んでいられる生活を送れている。それだけでも驚嘆すべきことですよ。

小さなことから大きなことまで、あなたには自分を認めて褒めてあげられることが、山のようにある。自信を持っていいんです。誇りを持っていいんです。そしてそれを人に伝えたっていいんです。

自分の心を掌握し、自分という人間を認めて受け容れられれば、その都度どう思考しどう行動すればいいのかわかる。迷わないし不安にならない。自信を持てる。だから他人も安心してあなたを認められるし褒められる。

他人から褒められても、それを素直に受け止められる。嬉しくてモティベーション高まるし、こちらも相手を認める余裕ができて、お互いの信頼関係を深まるというもの。

信じるんです。自分のことを。自分には褒められるべきことがある。認めてもらえる価値ある要素がたくさんある。だってそれ事実だから。別に嘘偽りのないホントのことだから。

<参考過去記事>
信じて迷わなければ、愛もお金もその手に引き寄せる。夢は叶うという確信が、期待や執着を手放して心に安寧をもたらす。

やっぱりね、人から褒められたり認められる人ってのは、自分のことをちゃんと把握している人ですよ。自信を持てることを自分でわかってるんです。だからセルフイメージを高く描ける。自分で自分を認めて褒められるから、他人からも認められて褒められ。

まずは自分の心を自分で掌握することですよ。良いことも悪いこともすべて認める。その上で自分で良いと思うところ、好きなところもちゃんと知ること。そしてそこを褒めて認めることですよ。あなたにはあなたにしかない素晴らしい魅力がある。

そして、それを自分で褒めてあげる。認めてあげる。たったそれだけのことで、あなたは周囲から褒められ認められる人になりますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事