大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

言葉にすると、それは現実に引き寄せられる。あなたの言葉が、あなたの世界をつくる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

言葉にすると、それは現実に引き寄せられる。あなたの言葉が、あなたの世界をつくる。

■イメージの引き金は言葉

それが何であれ、自分の望みを広く言葉にして発すると、それがホントに引き寄せられて、望みが叶うということは少なくない。

小川健次Blog

相応の結果を残している人というのは、往々にして、自分の望みを公言していることが多いということを踏まえてみても、言葉にすることの効用は小さくないということがわかる。

もちろん。言葉にすれば、なんでもかんでもそのとおりになるかといえば、そんなこたぁないでしょう。そりゃ当たり前のことで。とはいえ、言葉にすれば、それが実現する可能が高まるのは事実。望みの結果への距離が近づくのは、ホントのことですよ。

だって言葉にすれば、それがイメージになり、イメージが潜在意識の中で、あなたの思考と行動に影響を与えるから。僕も毎日小川健次メールマガジンで言葉にしてるおかげで、それがいろいろ現実になっている。

別にスピリチュアルな話しでも、おまじないっぽい話しでもない。僕たちの思考と行動はイメージに影響されるんです。頭に思い描いたこと、イメージとして描かれたことを、意識するしないに関わらず、僕たちは実現しようと思考し、行動するのだから。

そしてイメージの引き金は言葉。イメージは言葉によって生み出され、イメージにはあなたの望みを現実化しようとする衝動を秘められている。

同時に、あなた自身が自分がやりたいこと、手に入れたいものを周囲に公言すれば、それ自体があなたに対しての良い意味でのプレッシャーにもなる。だから実際に行動せざるえなくなり、結果的にホントにそれが手に入るという効果も望める。

とはいえ、本気で実現しようという気も、手に入れたいという想いもなく、ただ周囲の顔色を気にして、その場凌ぎで口にするだけのことには何の意味もありませんよ。だって、口にしながら、もう心の中では、それ無理だし、と自分で自分のイメージを打ち消してるんだもん。

それにね、まるで望んでもいないこと、まるで実現しようという気さえないことを言い、何らそれを実現しようとさえしなければ、周囲からは冷ややかな視線を送られるだけ。だったら最初から何も言わないほうがマシですよ。

あなたが本気でホントに心から、それを実現したい、手に入れたい。そう思うことを公言するから意味がある。だから潜在意識に影響を与えるイメージが形成される。だからあなたのと思考と行動は変わりだす。だから結果がついてくる。

結果がついてくるから、ますますヤル気が高まる。イメージが現実化することをより強く確信できるようになる。思考と行動がますます積極的になり、最後の最後の欲しい結果を、最高の形で手にれることができるようになる。

そんなあなたの本気の姿を見れば、周囲の人も放っておかない。必ず力を貸してくれる。助けてくれる。だから結果を手に入れるまでのスピードが加速度的に速まっていく。

<参考過去記事>
あなたが本気になれば、助けてくれる人が必ず現れる。あなたの覚悟の度合いに応じて、信頼できる協力者を引き寄せる。

そんなに特殊な力は必要ない。霊能力も超能力も必要ない。特別な才能だって要らないんです。あなたが本気で手に入れたいと思いことを、日常的に言葉にすればいい。それを手に入れているのが当然のごとく、発話すればいいだけなんだから。

あなたの発する言葉は、その良し悪しに関わらず、ホントに現実の結果になる。あなたの望んだ結果が引き寄せられる。

■できると言うとできる

それはつまり、あなたが「できない」や「無理」という言葉でも同じであるということですよ。

何かにつけて、それは無理でしょ。それはできませんよ。そんなことで否定している想いがあって、それを言葉にしていれば、それも現実化する。

あなたの周りで常に否定的な発言ばかりしている人が、喜ばしい結果をどれだけ手に入れているかどうかを見てみれば、それがホントかどうかわかるでしょ。繰り返し言いますが、僕たちは言葉で発したことを、無意識的にでも実現しようとしてしまうんです。

簡単なことです。あなたが課題に直面したり、何かを取り組もうと思ったきに、言葉を発してみればいい。絶対できる。大丈夫。やれる。

すると、あなたの発した言葉に、あなたの思考が引きずられる。ぼんやりとでも良い結果のイメージが生まれてくる。そしていつの間にか、どうすればその通りになるかを具体的かつ建設的に考えてる。心のスイッチがそれを現実化する方向に入るんです。

その逆に、課題に直面したり、何かを取り組もうと思ったきに、絶対無理。それダメ。できない。

すると、あなたの発した言葉に従って、できない結果のイメージが生まれてくる。そしていつの間にか、できない理由の正当性をあれこれ考えてる。なぜできないのか。できないと思うことがいかに正しいか。心のスイッチができない方向に入るんです。

それにね、何かにつけ「できない」「無理」と言う人とは誰も関わりたくありませんよ。

せっかくのアイディアも「それ無理」。せっかくのチャンスにさえ「どうせ失敗する」。いちいちそんなこと言ってこられたら、こっちの気が滅入るだけ。だったら最初からあいつに声をかけるのやめようぜ。そう思うのは普通の人の感覚ですよ。

だから協力者もいなくなる。そしてホントに何もできなくなる。ホントはできることでさえ、そうやって自分でできなくしてるだけ。まあそれも、望んだ結果といえばそうなのでしょうがね。

一方、あなたが積極的に、自分が求めているものを公言しつつ、それが必ず手に入る、必ずできると確信していれば、具体的な課題があなただけでなく、他人から見てもよくわかる。すると、そういう課題に対して、誰かが必ず力を貸してくれる。

あなたが積極的かつ本気である。それを言葉にしているからこそ、求めているものや課題がよくわかるんです。他人から見ても手助けのしようもあるというもの。それにそこまで本気でいる人なら、誰も放っておかないから。貸せる力は貸してくれますよ。

だからまず、あなたが本気でそれを手に入れたいなら言葉にする。結果を出す人は自分のことを言うんです。

仮にそれですぐにうまくいかなったとしても、その場で放り投げないことですよ。言うこと変えないことです。自分を信じ続ければ、結果は必ずついてくる。あなた自身のイメージに迷いがなければ、それは必ず実現するんです。

<参考関連記事>
最初の失敗で心が折れなければ、望みの結果が手に入る。他人の批判も恥ずかしい思いも、やり続ければ消えてなくなる。

あなたが心から手に入れたいと思うもの、本気で得たい結果があるなら、それを言葉にすることですよ。それが手に入っている前提で発話するんです。するとそれがイメージになる。そのイメージが潜在意識に働きかけ、あなたの思考と行動を変える。ホントにその結果が手に入る。

言葉にするのはすぐできる。仮にそれがダメだったとしたって失うものも損することもないでしょ。言葉にするだけで望みの結果が引き寄せられるんだから、そりゃそうするに越したことはありませんわな(^。^)y-.。o○

<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事