大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その一言を添えるから、愛と信頼が深まる。その一言を言わないから、誤解と不信で心の距離が遠ざかる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

その一言を添えるから、愛と信頼が深まる。その一言を言わないから、誤解と不信で心の距離が遠ざかる。

■一言添えるだけで勘違いがなくなる。

僕たちは皆、いつも常に何かを考えている。何も考えていないと言っても、完全な空白じゃない。何かを考え何かをイメージしているもの。

小川健次blog

仕事のことや、家族のこと、大切なあの人のこと、昨日見たテレビや今夜の晩ご飯、眉毛の太いあのイケメンのことなどなど。思考は常に止まることがない。

何か答えを真剣に探しているわけじゃない。特別に何か悩んでいるわけでもない。それでもただ何となく考える。思考というヤツは止まることはないんです。

今この瞬間も、あなたは口開けてボケーっと僕のこのブログや、小川健次メールマガジンを読みながら、何かを頭で考えている。

そしてそれはやがて、自分なりの解釈や、自分なりの意味づけというかたちで、収束されていく。その良し悪し、納得の有無に関わらず、あ、これってこういうことね。あれはそういうことだよな。と自分なりの意味づけと解釈をするんです。

あなたが言ったあの言葉。あなたの見せたあの態度。それを言われたり見せられた人は、その場を離れてからなんとなく振り返って考える。あの人の言葉ってこういう意味だよね。あの人の態度はこういう意図だよね。その人なりの意味づけと解釈をしてしまう。

別にあなたの言葉や態度について、何か思うところがあったわけじゃない。それでも何となく思考の隙間で思い出す。思い出すと、そのまま思考がどんどん進む。そしてその人なりの意味づけと解釈が出来上がる。

思うところがあったわけじゃない。それでも思考が進んで、その人なりの意味づけと解釈が出来上がると、思うところが少なからず出てくる。あれ? ん? あの態度にあの言葉、やっぱりそうか。そうなのね。

その意味づけと解釈が、あなたの本心と合致しているなら、それでいい。本心伝わってって良かったね。でもね、もしそうじゃなかった。あなたの本心とは全然違う、まるで意図していないような意味づけと解釈をされていたなら、これ超最悪。

あなたの意図や本心とは、まるで違う意味づけと解釈され、そのまま思考を先に進められる。あなたの本心とはかけ離れたイメージだけが膨らまされる。そしてあなたには、弁解や説明の機会を与えられることもなく、気づいたときには携帯着信拒否か、LINEブロック。

ちゃんとその人の想いに寄り添っていれば、そうなる前に、あれ、おかしいな。伝わっていないかも。勘違いされているかも。そんな空気は感じるものでしょう。そこを独りよがりで押し付けようとするから、相手の勘違いに気付かないまま大怪我することになるんです。

<参考関連記事>
大切な人の想いを優先して、その気持ちに寄り添おう。独り善がりの押し付けを手放せば、あなたの想いは必ず届く。

相手の想いに寄り添って、ちょっとおかしいな。そう感じたならばすぐに手を打ちなさいよ。ちゃんと一言添えるんです。

会ってるときでも電話しているときでも、話している最中ならば、いくらでもフォローできるでしょ。ちょっと勘違いされてるかも。ちゃんと伝わっていないかも。そう感じるときがあるはずなんです。そこで一言添えておくだけで、大惨事の多くは回避できる。

■誤解を防ごうとする気遣いが、信頼関係を深める

人は自分一人で考えているときってのは、自分の中で答えを求めようとしてしまうもの。それが些細な誤解や勘違いだったとしても、何となく思考を進めてイメージを膨らませ、自分なりの意味づけと解釈をしてしまうんです。

そしてその意味づけと解釈が出来上がってしまえば、それをもう一度ひっくり返すのは大変ですよ。その人にとってはすでに結論出て終わった話し。後から説明や弁解をされても、聞く気にさえならないし、それこそ言い訳に聞こえて、説明するほど逆効果になる。

だからこそ、ちゃんと向き合えてるときにフォローするんです。誤解になる前にその場でちゃんと伝えるべきなんです。

大丈夫。あの人は私のことわかってくれてるし。私の想いも伝わってる。って、わかってねーよ。伝わってねーし。そうやって甘えてサボって、言うべきことをはっきり言わないから、後になってから、嫌われる以上に苦しい思いをすることになるんだっつーの。

だから伝える。伝わってなさそうだと感じたら、誤解されそうな気配があれば、ちゃんと説明する。フォローする。カンタンなことなんです。その簡単なことをサボるかどうかですよ。

ちゃんと伝える。フォローする。

そして同時に、あなた自身も、相手の想い、相手の考えをちゃんと聞く。これ大事。

あなたの本心が相手に正しく伝わらず、相手の中で誤解のイメージが膨らんでいくのと同じですよ。あなたも相手の想いを正しく受け取らず、あなたの中で誤解のイメージ膨らませたまま、あなた自身の意味づけと解釈をしてしまうことはある。

あの人は私のこと避けている。あの人のあの言葉は、距離を置きたいという意味に違いない。そう決めつけて勝手に携帯着信拒否。LINEブロック。でも後でそれが誤解だったと知ったときには後の祭り。向こうにもスパっと切られてさようなら。

だからね、ちゃんと相手に聞きなさいよ。え? それってどういう意味? それどういうこと? そう感じたそのときに、ちゃんと聞いて確認すればいい。それ聞いたくらいで壊れる関係だったら、どうせダメな関係ですよ。むしろそれがわかって良かったね。

どういうつもりなんだろう。どんな想いでそうしているのだろう。そう感じながら、そのまま放置する。だからそれが、あなたの中で誤解の伴うイメージになる。相手の本心とはまるで違う、意味づけと解釈になる。

まあコミュニケーション上の誤解や齟齬なんてのは、普通によくあることなんです。それ自体は事故みたいなもんだからいいんです。でもね、大事なのはそれを未然に防ごうとしたり、事故が起きたときにすぐフォローしようとする、相手への気遣いでしょう。

<参考関連記事>
大切な人だからこそ、聞きたいことは素直に聞こう。あなたの想いオープンにしておけば、その関係はうまくいく。

言ってるのにわかってくれない、わかるように言ってくれない。そんなガキみたいな理由付けをしてても得るものないでしょ。相手を大切に想うなら、ちょっと一言添えればいいだけ。会ってなくても電話一本、メール一本すればいいだけ。小さな気遣いをするかどうか。

後になってから、あの一言を添えておけば、あの一言について聞いておけば、と後悔して泣くくらいなら、今その一言を添えればいいだけのこと。あなたが、その一言を添えるかどうかが、あなたとその人との心の距離を決めるってもんですよ(^。^)y-.。o○

<個別面談で具体的な問題解決をサポート>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事