大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたを嫌う人はスルーして、あなたを愛してくれる人を大切にしよう。誰かに嫌われても、困ったことは起こらない。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたを嫌う人はスルーして、あなたを愛してくれる人を大切にしよう。誰かに嫌われても、困ったことは起こらない。

■あなたも誰かに嫌われている

地球人類すべてが愛し合えればいいんでしょうが、それって現実的には難しい。っつーか人類を愛する前に、隣人を愛せって。

小川健次Blog

世の中いろんな人がいるんです。そのすべてを受け容れられるほどの聖人君子なんかそうそういない。いるのかもしれませんが、少なくとも僕は知らない。

もちろん、どうやったって嫌いな人がいるのと同じように、どうやったって嫌いになれない人もいる。なぜそうなのか、そう聞かれたって、嫌いは嫌いだし好きは好き。そこに理由は特にない。相性なのか生理的なものなかはわからない。でもそうなんだからしょうがない。

そして、あなたに好きな人や、嫌いな人がいるのなら、あなたのことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるのは当たり前のこと。僕のこのブログや、配信中の小川健次メールマガジンも、嫌いな人にはずいぶん嫌われてる。

別にあなたの何が好きで何が嫌いかってことじゃない。ただ何となく、理由はなくとも好きだし、理由はなくとも嫌い。そう思う人もいるんです。

合理的な理由云々なんてないんです。にも関わらず、あなたのことを嫌いな人の顔色をうかがって、ご機嫌とって、嫌われないように、好かれるようにしたところで、そりゃ無駄な労力ってなもんでしょう。だって何をどうやったって嫌われてるんだもん。

あなたが逆の立場ならどうかってことですよ。あなたが嫌いだと感じている人がいて、その人があなたの顔色うかがいながら、ご機嫌とって嫌われないような素振りをしたところで、その人のこと好きになることなんてないじゃないですか。

そりゃ確かに、気を遣ってくれてるのね。ありがとう。くらいは感じるかもしれませんが、その程度。それで嫌いがひっくり返って、好きになるかといえばそれは無理。いいじゃないですか。人間誰でも好き嫌いはあるし、合う合わないはある。

あなたに対して、否定的な感情を持っている人がいるのは、別におかしなことじゃない。あなたが誰かを嫌いであってもおかしくない。僕だって嫌いな人はいるし、僕のことを嫌いな人もたくさんいる。だから、それをいちいち気にしててもしょうがない。

だからね、あなたのことを嫌っている人、あなたが嫌いな人に対して、わざわざご機嫌とってみようとか、好かれることやろうなんて考えなくていいんです。だって合わないんだもん。

にも関わらず、とにかくいい顔しよう、嫌われないようにしよう、そうやって余計な気を使うから疲れる。自分のやるべきことが何なのかがわからなくなる。ただ批判されることや、嫌われることばかり恐れて、何もできなくなる。

<参考関連記事>
他人からの評価を気にしなければ、心に安寧が訪れる。あなた自身の納得感を優先すれば、他人はあなたを応援してくれる。

そもそも、あなたのこと嫌っている人に好かれようとして、あなたが本来と違うあなたになれば、あなたのことを好きでいてくれた人までも、あなたのことを嫌いになるかもしれない。

挙句の果てには、嫌われてる人からは好かれることなく、好かれている人からは嫌われて、そして誰もいなくなった。という、目も当てられないほどのドツボにはまるハメになる。

■嫌う人はスルーして、愛してくれる人を大切にしよう。

一応言っておきますが、別に人から嫌われることを良しとしようということじゃない。嫌われないならそれでいい。でも現実にはあなたのことを嫌っている人はいる。ならば、そういう人たちに無理して合わせなくてもいいでしょ。ってこと。だって無駄だし。

あなたにとって、何が最も重要なことは何か。どの選択がもっとも価値があり、何を本当に求めていることなのか。大事なのはそこでしょう。

嫌いな誰かのご機嫌を取ること、あなたを嫌いな人から好かれるようになることが、あなたにとってもっとも価値あることで、とても重要なことならそれでいいんです。

差しあたって影響のないような、嫌いな誰か、嫌われてる誰かのことを気にすることなく、本当にやりたいことをやり、大切な人を愛し、大切な人から愛されることが、価値あることで、とても重要なことなら、それだっていいじゃないですか。

そのどっちが良いか悪いかなんて関係ないですよ。価値観なんて人それぞれ。あなたにとって、そのどちらが自分にとって、本来求めている自分の姿なのかということ。

もちろん、現実社会の中では、ときに嫌いな相手とも、折り合いつけなきゃいけないこともある。あなたのことを嫌っている人にも、気をつかわなきゃいけないこともありますよ。人気商売なんかはそうでしょう。でもそれは、目的のための手段として納得済みだからいいんです。

そうでもないのに、大して得することもなければ損することもないのに、あなたのことを嫌いな人に、わざわざ好かれようとする必要なんかないでしょ。しかも、それであなたを好きでいてくれる人からも、避けられるようなったら、まさに本末転倒。

プロの一流バッターだって、どんな球でも全てをヒットにするなんて無理なんです。どうやってもダメなボールは必ずある。

そこでダメなボールに手を出そうとすてば、本来のフォームが崩れて、打てるボールも打てなくなる。だから苦手なボールには手を出さない。華麗にスルーですよ。無理なもんに手出して失敗するより、しっかり見極めて打てるボールを確実にヒットにすればいいんだから。

あの人にもこの人にも。そうしているうちに、本来の自分が見えなくなる。皆に愛されようとして結局誰からも愛されない。

とはいえ、わざわざ人に嫌われる必要もないし、嫌われるようなことする必要もない。わざわざ誰かを嫌う必要だってないですよ。それでも、あなたが何もしていなくたって、あなたことを嫌いだったりあなたが嫌いだと思う人はいる。それはそれで、もうしゃあない。

あなたが善人か悪人か。能力があるかないか。そういうことじゃない。あくまでもあなたのことが好きか嫌いか。合うか合わないか。それだけのこと。嫌われたところで人格否定されてるわけじゃない。だったらそういう人との関わりは華麗にスルー。

<参考関連記事>
暇な人はどうでもいいことに口を出すので、華麗にスルーこれ基本。耳で聞いても心でスルーしていれば、心乱されることはなくなる。

あなたのことを嫌う人についてどうこうするよりも、今のあなたを愛してくれる人、今あなたが愛している人を、大切にすることに力を注げばいいじゃないですか。そこにエネルギーを向ければ、それ以外の人にどう思われようが、どう言われようが、別にどうってことないでしょ。

今のあなたで十分愛されてる。ならばそれをブレさせることなくいればいいんです。そしてそんなあなたのことを愛してくれる人にも出逢える。すべての人からなんか愛されませんよ。そこ割り切ってしまえば、本当に大切な人から愛されるってもんですよ(^。^)y-.。o○

<個別コンサルティングで復縁への執着を手放す>
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事