大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今日あなたが死ぬとしても、同じ選択をすることに迷いはないか。もう永遠に訪れないチャンスでも、言わないやらない選択に後悔はないか。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今日あなたが死ぬとしても、同じ選択をすることに迷いはないか。もう永遠に訪れないチャンスでも、言わないやらない選択に後悔はないか。

■背負っているものは思っているほど重くない

生きてりゃ誰にだって多かれ少なかれ事情がある。重いもの軽いもの、大きいもの小さいもの。いらんなものを背負いつつ、背負いながらでもできることをやっている。

小川健次Blog

仕事では仕事の事情があるし、家庭には家庭の事情がある。友達や彼氏彼女との事情や、SNS上のしがらみなど。皆色んな事情があるでしょう。

そりゃ他人から見ればいつも気楽で楽しそう。なんでもかんでもソツなくこなし、順風満帆で羨ましい。そんな風に思うこともありますよ。でもね、それでも当人たちにはいろいろある。他人には見えないけども、必ず何かを背負って生きている。

あなただって事情があって何かを背負ってる。あの人もこの人も皆背負ってるんです。僕だって重さを感じるのは太い眉毛だけじゃないんです。あ、でも、眉毛だけか。

とはいえ、その背負ったもの重さを決めているのは自分。大きいことも小さいことも。簡単に解決できることも困難を要しそうなことも、それ決めてるのは他の誰でもない自分自身。ちなみに僕の眉毛の重さを決めてるのは万有引力。

そもそも、課題や問題に重いか軽いか。ホントにできるかできないかが、決まっていることなんてないでしょ。物理法則に逆らうことでもなければ、できるできない、課題の解決が可能か不可能かなんて、自分自身の主観でそう決めつけているだけでしょうよ。

それがホントのホントに解決できないことなのか。重すぎて身動き取れないことなのか。ちょっと冷静になって考えてみれば、実のところそうでもないことがほとんどだったりするもんです。

もちろん、色んな事情はあるでしょう。背負っていることがあるのもわかります。。でもね、それってホントのホントに力を尽くせばどうにかできることでしょ。何となく今は解決のためのヤル気が湧かないし、それで死ぬワケでもないし、まあ我慢しとけばいっか。くらいにに考えているだけでしょ。

それならそれでもいいですよ。別に解決しないと死ぬわけじゃない。苦しいし痛いかもしれないけど、我慢できることだし、我慢しとけば済むことならば、それも受け入れる。そう決めるのは、その人の選択、その人の決断なんだから。

でもね、逆に考えてみたらどうでしょう。この際自分が背負っているものを解決させてみる。しがらみだと思っているものをいっそ切って捨ててみる。それによって失うこと、損すること、痛むことって何かあります?

すると実際には、思っているほど失うものなんて無いことがわかりますよ。痛みを伴いこともそれほどない。あれやこれや事情がどうの。背負ってるものが重すぎて、しがらみがありすぎて。それを抱えているより決めて断ってしまったほうが実はもっと楽になる。

<参考過去記事>
不安や心配のほとんどは、決めて動いてしまえば手放せる。止まっているより動いているほうが、ポジティブなイメージを描ける。

ホントのホントに捨てられないもの。何がなんでも譲れないもの。それは大事にすればいいじゃないですか。でもね、そうじゃないなら、その自分がしがらみだと思っている何かに、とっと別れを告げればいいんです。

今日あなたが死ぬとしたならば、それを背中に背負ったまま、しがらみを抱いたまま死んで納得できるかどうか。それとも、それらを手放してでも、手に入れたい大事なものがあるのかどうかどうか。

■ホントに死ぬまで守る価値あることなのか

ホントに想いを伝えたいほど大切な相手。想いを伝えて自分が傷つくのは嫌。いろいろなしがらみを考えるとここで波風立てるのは怖い。でも今日あなたが死ぬとしたら、そうしている自分に納得できるのかどうか。

不用意な一言で大切なあの人を傷つけてしまった。でも謝罪をするのはプライドが許さない。周囲の目を考えてもここで私が引くわけにはいかない。と言ってるうちに、今日あなたが死ぬとしたら、あの人に謝らないままでいることを受け容れられるのか。

ずっとチャレンジしてみたいと思っていたこと。でも今までやったことなくて不安。背負っているものを考えると失敗するのはリスクになりそうだ。そんなあなたが今日死ぬとしたら、後悔せずにいられるのかどうか。

いろいろ事情もあるでしょう。背負っているものもあれば、しがらみだってそりゃありますよ。でも、今日自分が死ぬとわかっても、それらは抱え続けなきゃいけないほど重要なことか。自分が死ぬときでさえ、手放すことができないほどの重さなのかってことですよ。

もちろん、上でも言ったように、そのしがらみを断つことで、失ってはいけないものを失うことになる。それこそ救いがたいほどの不利益被る。社会正義や法、それこそ倫理に反する。そういうことなら、無理してに断つ必要もない。でもそんなもんは迷うまでもなく判断できること。

あなたが背負っているもの、これまでしがらみだと思っていることを、その命、自らの人生をかけてまで守りたいか。守る価値があるかどうか。今日死んだとしも、それを心から本望だといえるかどうか。そんな基準で考えてみればいいんです。

あまり好きじゃないんだけど、距離開けてイヤなヤツと思わるのもなんだかなあ。面倒なしがらみだけど、晩ご飯くらいは付き合うか。って、もしあなたが今日死ぬとしても、その人とご飯を食べます。そんな付き合いのしがらみを大事にしますか?

職場の人間関係があまり良くないし、仕事もいまいちつまらない。でも毎月給料はもらえるし、ローンを背負っている以上は仕方ないし、まあ何となくこれでいっか。祈っていればいいこと引き寄せるかも。って、もし今日死ぬとしても、それで良しと思えますか?

そもそも、人間関係にしろ、仕事にしろ、プライドめいたものにしろ、大事だと思っていたものを断ち切ってみても、実のところ大したことなんかほとんどない。最初に考えていたほど影響なんか無い。過去にあなたもそんな経験の一つや二つあるでしょう。

あれやこれやの事情やしがらみがある、背負っているものが重いんだ。だからしょうがない。って、何かある度に、そんな脊髄反射で思考を止めないことですよ。そこからあと一歩でも二歩でも前に進めば可能性のチャンスは広がるんだから。

<参考過去記事>
無理だと思ったところから、あと一歩か二歩踏み出せば活路が開ける。新しい発見やチャンスは、あなたの今までの思考と行動の外にある。

ホントのホントに大事なものならば、それこそ死ぬまで背負い切ればいい。命に代えても守ればいい。でもホントにそこまでのことなのかどうか。自分で自分にブレーキかける前にちょっと考えてみればいい。

あの人への想い、感謝、謝罪の言葉。やりたい仕事、チャレンジしたい趣味。今日あなたが死ぬとしても、今のしがらみや、心の中のプライドなりを優先するのかどうか。そうすりゃおのずと取るべき行動がわかるってもんですわな(^。^)y-.。o○

<価値ある出逢いを引き寄せる>

■小川健次特別セミナー ※大阪会場は間もなく満席になります
・東京10/15(土)・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事