大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人はもちろん、自分のすべても認めて許して受け容れよう。認めて許して受け容れるから、強い信頼関係で結ばれる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人はもちろん、自分のすべても認めて許して受け容れよう。認めて許して受け容れるから、強い信頼関係で結ばれる。

■悪意は華麗にスルー。でもその人のことはリスペクト。

完全無欠な聖人君子なんかいませんよ。いや、ひょっとしているのかもしれませんが、少なくとも僕は知らない。

小川健次Blog

もちろんいい人は一杯いる。ダークサイドに堕ちた一部の腐れ外道でもなきゃ、基本はみんないい人ですよ。でもそういう、いい人の心のどこかにだって黒くうごめく塊があるんです。

日常の中で魔が刺したように芽生えるちょっとした悪意。状況や環境の中で生まれる自分本位な考え。そして嫉妬や憎悪。そりゃそういう感情は無いほうがいいに決まってる。でも自然発生的に生まれてしまうこともありますよ。人間だもの。

誰であれ善意がある一方で悪意もある。

そしてその善意や悪意というやつは、当人が心からそうしようと思っていなくても、ひょっこり顔を出したり顔を隠したりするものですよ。それこそ状況や環境。そのときの気分や体調に基づく感情によって、意図せず悪意が一瞬顔を出すこともある。

だから、ある日あるときある場所で、あなたがあの人から悪意を向けられたとしても、少しばかり傷つけられる言動をされたとしても、それはその人のごく一面でしかない。そのときたまたま悪意が顔を出しただけ。その一時でその人が、あなたに敵意や憎悪を抱いているかといえばそうじゃない。

その人のブラックな一面が垣間見えたとして、その人の性根が腐りきった極悪人かといえばそうじゃない。たまたまそういう顔が出ているだけのこと。

悪意までじゃないにしてもね、ちょっと感じ悪かったり、機嫌が悪かったりすることもあるでしょう。だからといって、それがその人の全人格かといえばそうじゃないでしょ。その場そのときそういう感情に支配されていただけのこと。

だって同じ人なのに、違う状況、違うタイミングであれば、愛と善意に満ち溢れた態度だったりすることもあるじゃないですか。

要するに、少しくらい感じ悪い態度を取られた、ちょっとキツイこと言われた。そのくらいであなたが嫌われてると決めつけるのは早計だってことですよ。そんなことくらいで傷ついて凹むようなことじゃないでしょ。

仮にそれでお互いの距離が離れることになっても、どうせ縁があればまた関わる。ちょっとくらいその人のブラックな一面に触れたくらいで、ジタバタする必要もない。今はそうなのね。今はそういう状況なのね。軽くスルーして距離をあけときゃいいんです。

そこで変にジタバタしない。そういうときは距離と時間を空けても大丈夫。そこで距離をとっても別に縁は切れやしないから大丈夫ですよ。

<参考過去記事>
ご縁を感じる相手とは、また会えるし繋がれる。焦らないで待てる心の余裕が、大切な人を引き寄せる。

とはいえ限度ってのもありますからねえ。たまたま、その場そのときそういう状況そういう気分だったからといって、許せないことはある。そういうときは三下り半突きつけて、こっちからサヨナラしつつ、後で100倍返ししてやりゃいいんです。

そこまでのことじゃなきゃ、いちいち反応しない。流せばいい。スルーすればいいんです。そういう顔が出ることもあるけど、そうじゃないときもある。その人総体としては善人だし信じている。そう一歩引いたところで冷静になれば、いちいち過剰反応してお互いが無駄に疲れることもない。

■ネガティブな感情を認められるから許せるし受け入れられる。

言っておきますが、あなたが身近な人に、悪意を向けられても我慢をする必要はないですよ。我慢をすれば相手も増長するだけ。あなたもストレスになるだけ。だから受け容れない。スルーして相手にしないだけ。

ましてや反応すれば、悪意に対して悪意で返すことになる。悪意と悪意がぶつかって、もっと収集つかなくなる。やがてお互いが抜き差しならない状況に追い込まれ、最後は決裂。せっかくの縁もブチっと切って未来永劫さようなら。

だから基本はスルー。そして相手はリスペクト。今は悪意が顔を出してるかもしれないが、基本はいい人。信頼できる人。そのの人の善意を信じて尊重して疑わない。

するとね、よっぽど鈍いかよっぽど極悪な人でもなければ、あなたのその想いは伝わるんです。そして冷静になったときに反省してくれますよ。自分を押さえ切れず、あなたに悪意を向けてしまったことを。

人はその場そのときその状況や環境よって、違う顔を見せるもの。たまたまそのとき、その人が悪意ある顔だっただけ。その一時のみでその人が悪人であるとか、ましてやあなたを嫌っているなんて断定できない。だってそのときそうだっただけなんだもん。

まずはその人の善意を信じましょうよ。その人が自分に抱いてくれている好意を信じるんです。だからそうじゃないときの言動は華麗にスルー。今はちょっと関わらないほうがいいね。そうじゃないときに関わろう。信じてスルー。するだからお互い傷つかない

あなた自身に対しても同じこと。

誰だって他人に対して悪意や敵意、それこそ嫉妬や憎悪を抱いてしまうことはある。それが良くないことだとわかってる。その人に恨みがあるわけじゃない。でもどうもムカつく。あの野郎!と思う黒い塊が心の奥底でモゾモゾ動き出す。

それを否定しようとすると、結局的に自分自身も否定することになってセルフイメージが下がるんです。そういう感情抱く自分はダメだ。自分は人間できてない。そんなことを自分に言い聞かせるから、ますます劣等感に支配され、他人への嫉妬が大きくなる。黒い塊が青白き炎になって燃えはじめる。

そういうときは何もしないことです。口を閉じて何も言わないことですよ。極力人と距離をとる。すると勝手にガスが切れて火も消える。

誰の心にもある悪意を認めればいいんです。ネガティブな感情はある。それでいいじゃないですか。それを無いことにして、上っ面だけのいい子ちゃんでいようとするから、他人や自分の悪意に過剰反応する。悪意やネガティブな感情の存在を認めれば対策もたてられるんだから。

認めて許して受け容れる。否定はせずに認める。そういう感情を許す。そして善意も悪意も含めた、その人のすべてを受け容れる。

<参考過去記事>
自分を許し他人を許せば、引き寄せの法則が働きだす。許すから、あらゆる出来事を、明るい未来へのエネルギーに転換できる。

他人とはもちろんのこと、自分自身とも善意と悪意の両方を認めて付き合える。腹の中を出し合い認め合うことができるから、ガッチリと切れない信頼関係で結ばれるというものでしょう。

誰の心にだってネガティブな感情はある。それでいいじゃないですか。まあ、赤ん坊のように純粋で、エンジェルのように真っ白な心の持ち主なんてのは、この画面の向こう側にいる、眉毛の凛々しいあのイケメンボーイくらいしかおりませんがな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事