大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたにはどんな困難な問題でも、乗り越えられる力がある。心の声に従えば、迷路の出口は必ず見つけられる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたにはどんな困難問題でも、乗り越えられる力がある。心の声に従えば、迷路の出口は必ず見つけられる。

■角度を変えると見えることがある

それまではずっとうまくいっていたのに、何の予兆も前触れもなく、突然何もかもがうまくいかなることはある。

小川健次Blog

まるで想定外の出来事だけに、突然落とし穴にスッポリはまってしまったように、何がなんだかわからないまま、ただただ慌てて、何をどうすればいいかもわからなくなる。

誰であれ、何をするときであれ、失敗したり逆境に陥るリスクってのは、予め織り込んでいるものですよ。それなりの保険をかけていたりもするでしょう。でも、人生一寸先は闇。そこまでは考えてなかった。それは想定外だった。そんな出来事は起こるもの。

まじか!? まさか私がこうなるんなんて! えぇ!? 俺にこんな事態が降りかかるなんて! まるで想定外、まったくの予定外。そんな事態に陥ったことの一度や二度は、これまでの人生で一度や二度くらい、あなたにだってあるでしょうしょうし、僕にもある。

想定の範囲ならいいんです。あちゃー! と思いながらも、事前の心の準備も状況の準備もできているから。粛々と冷静に対応すればいい。とるべき対応をとればいい。

それが、まるで想定外のことだから、慌てふためく。冷静でいられなくなる。ホントの自分を見失い、普段ならやらないことやったり、普段なら言わないこと言ったりして、事態を益々混乱させる。落ち込んでピーピー泣くだけで何もできなくなる。

まあそうなる気持ちはわからなくもない。このブログや配信中の小川健次メールマガジンでエラソーなこと言ってる僕だって、あたふたすることはありますし。

とはいえ、いつまでもあたふたばかりもしていられない。いつまでも泣いたり、凹んだりしていてもしょうがない。そうやってただただ気落ちしていれば、目の前の問題が解決するならそうしていればいいんです。でも現実にそんなことはない。

だいたいね、そこで問題の解決にならないことにエネルギー使ってても、疲れるだけじゃないですか。ますます気が滅入るだけ。起きた事態に悲観するだけで、面白くもなんともない。

そういうときほど、ほんの少しでもいいから、少し頭を冷やして考えてみる。一歩引いたところから、自分自身をみてみる。これまでのことも振り返ってみればいいんです。

これまでだって、辛いこともしんどいことも、それこそ悲しいことだって乗り越えてきた。それが不測の事態であっても、乗り越えて今までやってきた。そんな自分のことを、もう一度見直してみる。これまでできてきたことが、この先もできないわけがない。

<参考関連記事>
悲しみを経験するほどに、未来は間違いなくもっと良くなる。悲しみが去った後には、もっと大きな幸福が引き寄せられる。

同時に、あなた自身と、あなたの周囲の人、今現実に起こっている出来事との関係を、今の視点とは違う角度から見てみるんです。無関係な第三者になったつもりで客観的になって、角度を変えならがよーく見てみる。

すると、見落としていた問題解決のための糸口、そのためのアイディア、ときにはチャンスでさえ見つかることがある。

■答えは常にあなたの中にある

不測の事態に陥ったり、苦しくてしんどいと感じたりしているときは、心に余裕がなくなる。視界が狭くなって周囲が見えなくなる。いつもだったら気づくのに、いつもだった見えるのに。そんなときだから気づかない。そんなときほど見落としてしまう。

そのときは不測の事態。そのときは突然のアクシデント。でも後になって考えてみれば、もっと簡単な解決策があったのに。なぜあの方法に気づかなかったのか。なのに今は視界が狭まってて気づかない。そしてますますうまくいかなくる悪循環。

だからこそ、一歩下がってみるんです。一呼吸置いて、自分と自分を取り巻く環境を客観的に見るんです。ちゃんと心落ち着けて目を凝らせば、出口は必ず見つかる。そんなとこで心折れずに、前に進むための道が必ず見えてくるから。

誰だって、自分以外の他人のことなら、よく見てるじゃないですか。しかもそれ見て、好き勝手に批評や論評するでしょ。

なんで、あそこでこういうふうにしないのかなあ。私ならそういうときはこうするけどなあ。自分は当事者じゃないから、外野から全体像がよく見える。そして好き勝手に言うでしょ。それを、あなた自身に向けてやればいいだけのことですよ。

例えば、問題を乗り越えた未来のあなただったら、今ピンチに陥ってるあなたに対して、どんなアドバイスを送るだろうか。

例えば、積極的な考えで、物事に前向きにチャレンジしているときのあなただったら、今困難に陥っていて、あたふたしているあなたに対して、どんな言葉を投げかけるだろうか。どんなヒントを送るだろうか。ちょっと想像してみればいいんです。

ちょっと頭を冷やしつつ、一歩だけ下がって自分自身を第三者視点で見てみるんです。それだけで違うものが、見えてくることがある。見落としているものに、気付くことがある。答えは常に自分の中にある。答えの場所を自分自身に聞けばいい。

自分で自分を冷静に見れないならば、それこそ、リアルの第三者に聞く方法だってある。僕の個別コーチング&コンサルティングでもそれはできるし。

まあでも、完全な手詰まり、どうやったってて抜け出せない袋小路。そんな出口のない環境に追い込まれることなんて、実際にはそうそうありませんよ。よほどのことでもなきゃ、命までは取られない。生きてる限り活路は見いだせるし、チャンスはある。

出口が無いんじゃないんです。見落としてるだけ。気づいてないだけ。視野が狭まって見えなくなってるだけ、気づかなくなってるだけ。

<参考関連記事>
昨日は失敗でも、今日なら成功させられる。過去への執着を手放せば、チャンスは今と未来に山ほどある。

不測の事態に陥ることはある。不慮の事故に遭遇することもある。それで泣いて凹んで落ち込むのもいい。でもね、泣いて酒飲んで寝ておきたら、少し冷静になって、別のあなたに状況を冷静かつ客観的に見てもらうんです。すると出口は必ず見つかる。

今は問題にあたふたしているあなたになっているだけ。ならば、問題を乗り越えられるあなたになればいい。そのための心のスイッチ押せばいい。一呼吸置いてスイッチ切り替えてみれば、ずっと暗闇だと思っていたところにも、光が射しこんできますから(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

2017/01/21(土)大阪
2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事