大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分の想いに素直になれれば、心がホッと落ち着く相手を引き寄せる。理屈で考えすぎなければ、今よりずっと楽になる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分の想いに素直になれれば、心がホッと落ち着く相手を引き寄せる。理屈で考えすぎなければ、今よりずっと楽になる。

■緩やかに考えると人との関係はうまくいく

論理的筋道をしっかり順を追って考え、正しい行動というプロセスを経ることで、多くの問題というのは解決することができるもの。

小川健次Blog

決断を素早くし、取り組むべき優先順位に従って、今すぐ行動する。当たり前の話しなんです。それ繰り返してるだけでも、相応の成果が生まれますよ。

とはいえ、なんでもかんでもそうやって、スパっと順序立てていけるかといえば、実際のところはそうでもない。

時と場合によってはスパっといけないこともある。理論理屈で片付かないことだってある。あえて決めない、あえて決断しないほうがいいことだってあるじゃないですか。そこを無理してどうこうしようとしなくたっていいんです。

特に人間関係なんて複雑怪奇。世に人間関係の解決本なんていくらでも出てますが、そのほとんどはクソの役にも立たない。コミュニケーションの達人を名乗る連中のほとんどは、コミュニケーション障害だったりするし、そう簡単に割り切れない。

いや、いいんです。そりゃ時と場合によっては強引に理屈でスパッと解決しなきゃいけないこともある。でも人と人との関係なんてそもそも曖昧なもんですよ。その場そのときその状況に応じた感情の問題もある、生理的に合う合わないの問題だってある。

だから何でも杓子定規に、これはこうであれはそう。あの人との関係はこうで、この人との関係はそう。そうやってカッチリと線を引こうとするから疲れるんです。

異性との関係にしろ、同性との関係、それこそ上司部下、先輩後輩。ある程度の社会常識や倫理観を保ってさえいるならば、人と人との関係なんてもっと緩やかで気軽、肩肘の力を抜いていい。

人は思い付きでものを言う。人は感情に思考を支配され、行動によってそれを表現する。要するに人なんて、思ってるほど論理的に考えてモノを言ってるワケでもないし、深い意味があって何かを行動しているワケじゃないんです。僕もあなたもあの人も。

ちなみに僕の小川健次メールマガジンの内容も、実はあまり考えて配信していない。半分ノリで半分は思い付きみたいなもの。まあそういう意味では素をそのまんま。

この前までは私のこと好きって言ってたはずなのに、なんで今は素気ない態度なのか、あの人の気持ちがわからない。昨日はうどん食べたいと言ってたのに、今日になったらトンカツ食べたいなんて、なんてわがままなんだこの女。

そこでその人の心の奥底にある、その動機についてあれこれ悩んでも無駄なんです。だって別に大した意味ないから。わざわざ論理的に動機を考察し、その対応策なんて考えたって答えなんか出ませんよ、だってそういう気分だっただけなんだもん。考えるだけ無駄。

<参考関連記事>
他人を操ることへの執着を手放すと、ホントに縁ある人を引き寄せる。想いを全力で伝えたあとは、信じて委ねて手放そう。

言うまでもなく、論理的な話し合いで、お互いが詰めていかなきゃいけないことはある。商談事であれ契約事であれ、お互いで決め事を作っていくプロセスについては、客観的かつ論理的な思考で、相手と向き合っていかなきゃいけない。

一方で、なんでもかんでも、相手の言葉や行動の動機について、あれこれ考えてみたところで無駄ですよ。しかもその動機についていちいち詮索したり、問い詰めたりしたところでお互いがギスギスして疲れるだけ。そこはもっと適当な感じでいいんです。

■理論や理屈は手放そう

相手が何を言うか、どんな行動をしているか。そんなことを理屈で考えたってしょうがない。いいじゃないですか。好きなら好き。あなたの心がその人と一緒にいることで、ホッとして安らぐのなら、その感覚に従えばいいだけのことでしょう。

例え多くの人から尊敬され好かれている人であろうと、あなたが「うわっ」と思うほど嫌いな相手なら、別に嫌いでいいんです。誰に気を遣う必要もないんです。そこに理論や理屈は関係ない。だって嫌いなんだから、しゃーないやん。

そしてそれは、その場その時その状況によってだって変わっていい。昨日好きだった人のケツを、今日は蹴飛ばすことになったっていい。今夜は、昨日嫌いだった人の腕枕で寝たっていいんです。好き嫌いにポリシーなんかないんだから。

もちろん、単に流されるだけなのは、主体性の放棄でただのアホ。最終的に自分がどうなりたいか。その行動、その判断が、未来の理想に近づいているかどうか、という基準があるのは大前提。

そしたら後は、ごちゃごちゃ考えない。そこに理屈は不要ですよ。あなたが好きならそれでいい。あなたが嫌いなら嫌い。その想いに従って思考し行動すればいい。その人とそうやって接すればいい。それ以上余計なこと考えても疲れるだけだから。

その結果、傷ついて痛い思いをすることもあるでしょう。ひょっとしたら、誰かと険悪になることだってあるかもしれない。でもそれで痛くて泣くのも、今のままモヤモヤしながら泣いてるのも、それこそ同じことでしょう。だったら自分に正直なほうが後悔も少ない。

繰り返し言いますが、人の想いなんて理屈で割り切れない。なのに理屈でどうこうしようと、心の内側にエネルギーを向けるほどしんどくなるだけですよ。ならそこは理論や理屈は、あっちのほうに投げ捨てて、もっと気楽に感情に従ったっていいんです。

とはいえ、大人ですからねえ。多少のリスクの計算くらいはしないといけない。素直になることと情動に流されるのは違うから。そこはバランスの問題。大人の対応。

いいじゃないですか。心がホッと落ち着ける。心から好きだと思える相手であれば、あれこれ考えずにその想いに従って、その人と接すれば。そこで理屈で考えない。駆け引きはいらない。見返りへの執着も手放す。素直な想いに従えばいい。

嫌いな相手。「うわっ」と思う人なら、とっとと離れればいい。付き合い長くて情が移ってどうこうとか、そんなん関係ないですよ。嫌いだから離れる。理由はそれで十分だから。

<参考関連記事>
大切な人との心安らぐご縁は、見返りを求めない想いが引き寄せる。その人の心が満たされるよう力を尽くせば、お互いの心が満たされる。

あまり理屈で白黒を求めないことですよ。あなたの感情に従って好きなら好き、嫌いなら嫌い、そして曖昧で適当で良ければ、適当な関係でいいじゃないですか。大事なことは最終的にあなたの求める結果に近づくかどうか。そこさえブレなければ。

あなたが一番楽で心地良く、望んだ結果につながる選択をすればいいんです。変に理屈で小難しく考えるより、自分の感情に素直に従ったほうが、結果的にうまくいくことも多いもんですよ(^。^)y-.。o○

好きな人を引き寄せ、嫌いな人を遠ざける

■小川健次特別セミナー
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事