小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今は辛くてしんどくても、耐えれば必ずチャンスはある。ただ泣いて過ごすのではなく、次のチャンスのための準備をしよう。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今は辛くてしんどくても、耐えれば必ずチャンスはある。ただ泣いて過ごすのではなく、次のチャンスのための準備をしよう。

■どうにもならないことは、どうにもならない。

全ての物事が思い通りに進むなら、それが一番いい。障害も問題もなく、順風満帆なら言うことない。

小川健次Blog

それでも現実には、あれやこれやと障害が出てくるし、問題も出てくる。気が滅入りそうになるようなことだってあるでしょう。

別に自分が悪いことをしたワケではない。大きなミスをしたワケでもない。言ってみれば自分自身はうまくいっているにも関わらず、理不尽な出来事に遭遇したり、他人の失敗のとばっちりを受けることで、どうにもならない境遇に陥ることだってありますよ。

それが自分の力で何とかできるなら、何とかすればいいだけのこと。思考は現実化する。想いの力で乗り越えられることはある。

とはいえ、もうどうやったって、何やったって、自分の力じゃ物理的にどうこうできないこともある。あらゆる手段を尽くそうが、今の時点ではどうにもならないことだってある。

そんなときは、ジタバタしてもしょうがない。泣こうが喚こうが、どうにもならないことはどうにもならない。解決のために力を尽くした。でもどうにもならないなら、そりゃもうしょうがない。ジタバタしてもしょうがない。

ならば開き直って、今その場はじっと耐えるしかないでしょう。だってどうにもならないんだもん。

買ったばかりの新車を、目の前で象の群れに踏みつぶされているときに、ジタバタしてもしょうがないんです。もうそれイメージとか潜在意識とか関係ないから。引き寄せもクソもないですよ。んなモンどうにもしようがないでしょ。ならば開き直って群れが去るのを待つしかない。

そんなときにジタバタしたところで、無駄にエネルギーを消耗してしまうだけ。おまけに余計なことして、ますます事態を混乱させるんです。リンゴで釣って群れを離そうとしたら、リンゴの匂いに他の群れまで引き寄られてさらに混乱、みたいな事態を招くだけ。

やまない雨はないんです。陽はまた昇りますよ。今日はたまたま雨なだけ。今はたまたま夜なだけ。雨が上がるのを待てばいい。陽が昇るのを待てばいい。

やがて嵐は去りますよ。だから今もし乗り越えられそうもない事態に陥っていたとしても、やがて前に進めるようになる。ちょっと待ってればいいんです。そこで心折れる必要も、手に入れたいものを諦める必要なんかはどこにもない。耐えればいいだけ。待てばいいだけ。

それにね、それがどんな逆境であろうが、後になれば必ず意味があると思えるものなんです。だから心折れるにはまだ早い。

<参考過去記事>
心折れる前に、その経験が未来の自分にどんな価値があるのかを考えよう。乗り越えられない試練と、意味のない逆境を与えられることはない。

自らコトを成そうと行動し、前進するのは大前提。でももし進めなくなっても、身動き取れなくなっても、あきらめる必要はない。心折れるのもまだ早い。開き直って今はじっと耐えればいいじゃないですか。

あきらめてしまえば、それこそ終了さようなら。つらくてしんどいかもしれない。でもそれ今だけだから。これまでだって耐えられた。この先だって耐えられる。自分を信じて耐えるんです。

■準備を怠らなければ道は開ける

どうにもならないものは、どうにもならないんです。だから開き直ってその場は耐える。と言っても、ただボーっとするだけで何もしないでいたところで、それこそ時間の無駄。

耐えるということは、耐え抜いた先のことを考えるということ。ただつらい、ただしんどい。そうして泣いてるだは単なる思考の停止。

嵐が去ったら、いつでも前進を再開できる。いつでも飛び出せる。その心の準備はもちろん、物理的にもできる準備を怠らないことですよ。繰り返し言いますが、開き直るのは諦めるのと同義語じゃない。目線は常に先へ、体の向きは常に前へ。

重要な取引先との関係を切られた。それもうその場はどうにもならない。ジタバタしてもしょうがない。それでも次に声をかけてもらえるように、次はもっとレベルの高い付き合いができるように、耐えながらも準備はしておくことですよ。

準備をしておけば、また声をかけられたときにすぐ、しかも以前以上に濃い付き合いができるもの。仮に声が掛からなくても、耐えながら整えた準備は他の人が放っておかない。予想外のところから声をかけられることだってあるでしょう。

一方、ただ切られたことにショックを受けて、ジタバタしても余計にウザがられるだけ。二度と声もかけてもらえなくなる。さらに、泣いて凹むだけで何の準備もしていなければ、よそから声をかけられても、動けないからチャンスを逃す。

ピーピー泣いてたところで誰も助けてくれないんです。不幸な私可哀想って、悲劇のヒロイン・ヒーロー気取りたいだけのヤツはウザいだけ。そんな暇があんなら次への準備をしろよ。

今はどうにもならないことでも、耐えて機会をうかがい続けるんです。準備は怠らないんです。そのときのために、今ジタバタするよりも、未来のための準備に力を蓄えるんです。

もちろん、耐えたところで、未来の見えないこともあるかもしれない。耐えることに意味なんかないこともあるでしょう。だったらそれはとっとと山の向こうに投げ捨てる。その見極めはくらいは、しないといけませんがね。

耐えるのは、あくまでも未来のためであって、戻らない過去に執着するためじゃありませんし。

<参考過去記事>
過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

生きてりゃいろいろありますよ。想定外の出来事、自分の力じゃどうにもならないことはある。でもそれ一時のことだから。そこで心折れない諦めない。待てば海路の日和あり。

そして待つだけでなく、準備と自己研鑽に力を使えばいい。次の機会を虎視眈々と狙い続ける。耐えるとはそういうことで、出口の見えない暗闇を彷徨うことじゃない。出口は必ずある。出口から目を離さないで、自分を信じて今は耐える

苦しくてしんどいことはあってもいい。でもそのときに何をしているかが、その先の結果に大きな違いを生むってことでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。