大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分の弱さを認められると、強くて折れない心が手に入る。無意味なプライド抱えこむより、具体的に行動したほうが目標に近づく。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分の弱さを認められると、強くて折れない心が手に入る。無意味なプライド抱えこむより、具体的に行動したほうが目標に近づく。

■弱さは誰にでもある。

すごい人というのは、世間を見渡せばいくらでもいるでしょう。でもね、どんなにすごい人でも完全無欠かといえば、実のところそうでもない。

小川健次Blog

そもそもこの世の中に、いかなる弱さも持っていない、完全無欠の人などいるのかといえば、実際にはいませんよ。

まあ地球のはじからはじまで探せば、どっかに、そんな完全無欠で、蒼天航路の曹操みたいな完璧超人もいるのかもしれませんがね。でも少なくとも、僕はそういう人には会ったことがないし、面識の有無に関わらず知らないし聞いたこともありません。

だいたいね、僕たちは誰であれ、その持てる力には限界がある。人の可能性は無限大なんてのは嘘ですよ。誰もが持っている限りある力の中で、突き抜けた強さを持っていることもあれば、その分はどこかが欠けていたりもするものでしょう。いわばそれが個性というやつなわけで。

そして、自他ともに、納得感の得られる結果を残せる人というのは、完全無欠のすごい力を持っている人なんかじゃないんです。そういう人も皆どこかした欠けているもの、足りないものを持っている。

だからあえて言うならば、結果を残せる人というのは、自分にとって足りないもの、自分の弱いところというものを、ちゃんと把握しているんです。それを把握した上で、足りないところを穴埋めしたりフォローしたりするための、具体的で建設的な策を講じるんです。

その逆に、思い通りの結果を出せない人というのは、自分の足りないものや、欠けた部分に気付かない。いや、気づいていても見なりフリ。何とか強がって誤魔化そうとする。

足りてないこをフォローするための具体策もないまま、根拠の乏しい楽観論と、精神論を振りかざし、なんだよくわからない勘違いで俺すげー。自分のことは棚に上げっ放して、結果の出ない原因を状況や環境、それこそ他人に押し付けるから、結果ますますうまくいかない。

いいじゃないですか。足りないところ、欠けてるとことは認める。それは別にネガティブな考えじゃない。まずは弱さを認めて現実的な建設的な策を講じる。そりゃネガティブどころか、むしろポジティブな心構えでしょう。

計算が不得意な人間が、俺に任せろって言ってもそりゃ悪い結果しか出ませんよ。なら計算が不得意なのを認めて、得意になるための訓練をするか、得意な人に任せればいいいこと。忘れっぽいなら、すぐにメモを取ればいいこと。具体的で現実的な策はいくらでもある。

そうやって、自分を自分で客観視するのができないのなら、第三者の意見を介在させる方法だってあるんです。

<参考関連情報>
小川健次個別コーチング&コンサルティング(←12/20申込分まで特別価格設定中)

ホントにポジティブなら、自分に足りないこと、弱いところもちゃんと認めるんです。その上でそれをどうやって補うかを、具体的かつ建設的に考え、すぐ実施するんです。認めないで、ただ強がって現実から目を逸らしたところで、何も解決しないでしょ。

まあ、自分の足りないことを認めた上で、建設的な対策を講じることで、得られる成果よりも、とりあえずその場限りの自尊心を守ることのほうが、価値があると思うのなら、それでもいいかもしれませんがね。まあそこは人それぞれ。

■強い人は自分自身を知っている

現実を直視することなく、大丈夫大丈夫。積極的心構えで何とかなるから。何て言ってみたところで、それこそ気休め。全然大丈夫じゃねーよ。っつーかそれ現実逃避。ポジティブどころか、それこそネガティブですよ。

一応言っておきますがね、自分の足りないところや、弱いことについて考えることで、自分に対するイメージが悪くなることはないんです。だって、あくまでも現状をもっと良くするために、足りないところをどう補うかという建設的で積極的な思考なんだもん。

もちろん、ただ自分の弱みばかりを声高に叫んで、できない理由を延々と並べるだけで、それをどうにかしようとさえしない人は、それはそれで問題外ですがね。

僕もあなたもあの人も、どうせ完全無欠の完璧超人じゃない。足りないことも、弱いところもある。まずそれ認めていいんです。受け容れていいんです。そしてそれが、夢の実現や目標達成の障壁になるのであれば、それを何とかするための、具体的で建設的な対応策を講じりゃいいんです。

弱さや足りないところが、目指す夢や目標に対して何ら影響を与えないこともあるでしょう。だったらそれは華麗にスルー。放っておいても影響なければ、ことさらそこに力を注ぐ必要もない。

短所を補う対策を講じれば、目標達成への速度が速まる。足りないところをフォローできれば、その山を越えられる。そういうことだからこそ向き合って考える意味がある。そうじゃなきゃスルーでいいでしょ。だからそこもバランスの問題。

要するにね、今のあなたの強さや弱さが、望んだ結果を手に入れるために、どんな力を発揮できて、どんな力が足りないかをちゃんと知っておくということ。つまりは冷静かつ客観的な自己分析。

ちゃんと自分と向き合う。自分を知っておく。だからこそ、良いところも、そうじゃないところも、俯瞰で見ることができる。自分にとって何が足りなくて、その足りないものをどうすれば補えるか。それを具体的かつ建設的に考えられる。

大事なことは、あなたが本当に望む結果を手に入れること。あなたがホントに大事だと思うことを守ること。そのために、あなたが最大限の力を発揮できるようにしておくことでしょう。

そのためにも、明確な目標を設定することです。今のあなたの弱さや足りないところを、補うべきなのか、補うとすれば、具体的に何をどうやって補うかということも、設定した目標を基準に考えられるようになるから。

<参考過去記事>
明確な目標を設定して、不安と迷いのない選択をしよう。未来の自分のイメージを基準にすれば、やりたいことをやれる。

弱いのが悪いのではく、力が足りないのが罪だということでもないですよ。誰にだってそういうところはあるんだもん。あえて言うなら、そういう自分を直視しようとせず、具体的で建設的な対応さえしようとしないで、できない理由を言ってるだけなら罪ですよ。あなた自身に対しての。

まあそういう意味でも、本当に強くて、いつも結果を出せる人ってのは、自分自身に対して真摯に向き合い、弱さも足りないところも、ちゃんと把握しつつ、その対策も考えられる人ってことなのでしょうな(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

2017/01/21(土)大阪
2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事