大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

決断して代償を差し出せば、それに相応しい結果が手に入る。何も差し出さなければ、何も手に入らない。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

決断して代償を差し出せば、それに相応しい結果が手に入る。何も差し出さなければ、何も手に入らない。

■できることには限りがある

人には死が必ず訪れる。アンドロメダで機械の身体にならない限り。あ、でも、機械化帝国の首都、惑星メーテルとプロメシュームは、鉄郎に滅ぼされたから、それも無理。

小川健次Blog

だから命は有限。やれることは死ぬときまでしかやれない。死後の世界があろうがなかろうが、生まれ変わりがあろうがなかろうが、とりあえず死んだら終わり。できることはそこまでよ。

出来ることには限りがあるんです。永遠に生きているワケじゃないし、永遠に歳を取らないわけでもない。やりたいこと全てをやりたくても、今の歳でやれることは限られる。死ぬまでにできることも限られてる。限られた中で、僕たちは何をやるかを選択するしかない。

皆やりたいことはたくさんある。僕がやってる小川健次個別コーチング&コンサルティングでも、いろいろやりたいことを、たくさん持ってる方が大勢くる。でも共通するのは、その全部はいっぺんにできないってこと。まあその選択を、僕がお手伝いすることもありますが。

選択するってことは、それすなわち決断。決めて断つということ。あなたが何かを手にしたければ、その何かを断つんです。両手に持てる量には限度がある。それでも何かを得たければ、手の中にある何かを手放さないと、それは得られない。

何が何でも今月の営業目標達成する。そう決めるということは、それ以外のことは断つ。目標達成するためのことしかやらない。遊んでる時間なんかない。昼飯なんかカロリーメイトで十分ですよ。すべての時間とエネルギーを差し出すから、それに見合った結果が手に入る。

何が何でも資格試験に合格する。ならテレビなんか見なくていい。友達との中身のない長電話だの、くだらないLINEなんかしてる時間はないでしょ。勉強しろよ。決めたのなら、それ以外のことは断つんです。代償として差し出すんです。

あれもやりたい、これもやりたい。でもなかなか取り組めないし、どれもなかなかうまくいかない。そりゃ決断してないからですよ。

できることには限りがある。すべてのことに全力注げるわけでもない。ならできることを一つ決めればいいんです。あとは断てばいいんです。そうすりゃ勝手に前進しますよ。進む以外の選択肢を断つんだもん。そりゃ勝手にでも動き出すってもんでしょう。

何を選んで、何を断つか。その基準は人それぞれ。何が良くて何が悪いかなんてのは、他人じゃなくてあなたが決めること。あなたにとって大切なもの、ホントに手に入れたいと思うものを選べばいい。それ以外のことはスパっと断ってしまえばいいんです。

どうせ皆死ぬ。あなたも僕もあの人も。できることには限りがある。その現実から目を背けて、あれこれ迷っているうちに、ボケーっとしているうちに時間は過ぎる。やがて、実は何もできていなかったことに気づいて後悔しても、どうにもならない。

<参考関連記事>
今日あなたが死ぬとしても、同じ選択をすることに迷いはないか。もう永遠に訪れないチャンスでも、言わないやらない選択に後悔はないか。

別にいいんです。何も選択しない。ただボーっと過ごす。それも一つの選択、一つの決断。誰がどんな選択しようが、そりゃその人の生き方であり人生観なんだから。大事なことは、どんな結果であろうとも、自分で納得できるかどうか。過ぎたことを後悔しないかどうか。

どんなことでも同じなんですがね。いろいろやりたいと言ってる割りには、何も起きない、何もできないってのは、決断していないからですよ。代償を差し出していないから。ただ抱え込んでいるだけで、結局最後はどれも腐って食べられなくなるんです。

■納得感を得られる選択をしよう

愛だの宇宙だの引き寄せの法則だのと、ほんわかしたこと言ってる暇があるのなら、とっとと決めればいいんです。って、お前が言うなという気もしますが、まあ事実だからしょうがない。決断する。代償を差し出す。すると結果的には、求めていたものが手に入る、引き寄せられてくるんです。

だいたいね、世の中で、要領良くなんでもかんでも、手に入れているように見える人って、別に宇宙エネルギーや占いでそうなったワケじゃないから。

そういう人ほど、自分でちゃんと優先順位をつけていて、必要に応じて取捨選択してるんです。そのときやることを決断して、それに集中する。そしてそれやっつけたら、次のことを決断する。その繰り返し。なんだかんだで少なくない代償を支払ってる。

大なり小なりコトを成している人に、必ず共通することの一つは、得たいと思うことを決断し、それに相応しい代償を差し出しているということ。何も差し出さずに結果のみ手に入れた人はいませんよ。

決断したくないし。代償も差し出したくない。あれもこれも全部やりたい。傷つきたくないけど愛されたい。他人から認められたいけど、しんどいことやりたくない。つらいの嫌だけど充実感は味わいたい。って、どんだけケチで欲張りなのよ。

繰り返しますがね、僕たちのその手に持てる量には限度がある。何かをやりたければ、何かを決めて何かを断つ。それは時間やお金である場合はもちろん、大事な人間関係だったり、趣味だったり、それこそ自尊心だったりすることもあるでしょう。

でもね。逆に考えれば、決めて断てば前に進めるということ。代償を差し出せば、それに見合った結果が手に入るということ。

だって、決めて断って代償差し出せば、やるしかなくなる。求める結果を手に入れるしかなくなるんです。だから必然的にモティベーションも高まる。どうすればそれができるようになるか、建設的なアイディアも生まれる。協力者も現れる。

だからね、失うことにばかり目を奪われなくていいんです。不安や心配を感じなくても大丈夫。手放せばその分、空いたスペースで受け容れられる。逆に、何も手放したがらないで、囲いこもうとするばかりのケチで欲張りには、何も与えられることはないんです。

決めてしまえば、もう止まっている理由だってない。だからすぐに取り掛かれる。すぐに動き出せる。決断できる人は行動できる人。

<参考関連記事>
今すぐできない言い訳をしている人は、一生かかっても何もできない。夢や目標の内容よりも、今すぐやれるかどうかが成否を別ける。

単に失うこと、差し出すことが目的じゃない。手に入れたいものを手に入れるための、必要な手段として決めて断つということ。代償を差し出すということ。そういう意味では、自分が本当に手に入れたいものは何か、明確な目標が何かくらいは、はっきりさせておくことですよ。

だから何を決めて何を断つのか。何を代償として差し出すことがいいのか。そこに正解なんかないですよ。結果がどうであれ、あなたが後になってから、決断できたと自分と、決断できなかった自分のどちらに、あなたが納得できるかどうかってだけですから(^。^)y-.。o○

明確な目標を設定し、必要な決断をするには

『愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座』
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事