小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

間違ってたらやり直せばいいだけ。やり直しはいつだってできる。完璧を求めて立ち止まるより、見切り発車のほうがゴールに近づく。

人気記事一覧



LINEアカウント変更のお知らせ

小川健次LINEアカウントは、以下のLINE@アカウントへと移動いたします。
以下のロゴをタップして新しく開設したLINE@アカウントへご登録ください。(旧アカウントでのお問い合わせ受付、タイムラインの更新は順次止めていきます)

間違ってたらやり直せばいいだけ。やり直しはいつだってできる。完璧を求めて立ち止まるより、見切り発車のほうがゴールに近づく。

■道は常にたくさんある

その場そのときその状況における最善策というのは常にある。最善策があるということは、最善ではないにしても別の策もあるということ。

小川健次Blog

生きるか死ぬかの二者択一のようなことなんて、現実にはほとんどない。ましてや、その道しかないなんてことはないんです。

最善策にしたって、あくまでもその場そのときその状況だから最善にみえるだけ。別の状況であれば、別の策が良くなったりもするでしょう。だから、それしかないんじゃないんです。別の策も別の道も必ずある。

だから、その選択が仮に最善じゃなかった。仮に誤りであったとしたって、それで終わりじゃない。また元の位置に戻って、そのとき選択しなかった別の道を選択すればいいだけ。もう一回選択してもう一回やり直しをすればいいだけのこと。

そこに絶対的な確信。これしかないという確証がなきゃ動けないなんてことはないんです。そもそもそんな確信も確証も得られませんよ。だって未来に100%はないんだから。だったら止まってないで動けばいい。少しくらいの見切り発車だっていいんです。

もちろん、過ぎた時間は返ってこない。誤った選択をして後悔してももう遅い。でもね、どうせ止まって考えてたって時間は過ぎるし返ってこないでしょ。そこで何もしなかった自分を後悔したりもするでしょ。同じことですよ。

でもね、それが仮に誤りだったとしても、経験という大きな財産を手にできる。何もしなければ単に時間を消化するだけのこと。

経験は学びになり、学びは成長への糧になる。

それにね、その選択が正しかったかどうかなんてのは、ずっと先の未来から見てみれば結果論に過ぎませんよ。そのときうまくいってれば過去のすべてが価値ある経験。そのときうまくいってなければ過去のすべては後悔の連続。

だから、未来がうまくいっている前提で考えるならば、今の選択なんてのは小事ですよ。これしかないと思える選択肢が見つかるまで、ずっと待っているだけなんてのは時間の無駄。仮に誤った選択をしたとしても、うまくいっている未来の自分にとっては貴重な経験なんです。

どうせ未来に100%の確証なんてないんだから。だったら都合のいい前提で考えればいいじゃないですか。どんな選択であろうと未来は必ずうまくいく。

<参考過去記事>
他人の心と未来のことはわからないから、執着せずに手放せばいい。わからないことに右往左往せず、答えを見つけるために動き出そう。

ただ時間が過ぎるのを待っていても何も起こらない。未来ことだってわからない。その道がダメだったら別の道を歩めばいいんです。やり直せばいいんです。

結果がどうであれ、自分で選択して自分で決めた道ならば、その過程で得た経験は必ず未来に活きるから。

■ダメでも別の道がある

実際に進み始めてからだって、軌道修正はできるんです。決めてしまった道だからと、ただ頑なにその道一本にこだわらなきゃいけないルールなんかないでしょ。

最終的にあなたが望む未来。到達したい目標がはっきりと明確になっているのであれば、途中のルートを変えたっていいじゃないですか。東名高速が工事で通行止めなら、圏央道から中央道へと迂回すればいいだけ。最初に東名と決めたから、東名しか走っちゃいけないルールはない。

もちろん、行く先が名古屋なのか大阪なのかは知りませんが、ゴールを設定しておくことは大前提ですよ。そもそもどこに向かうかも決まってないなら、それこそガソリンと時間の無駄。

向かうゴールが決まっているなら、あとは走り出せばいいじゃないですか。最短ルートなんて状況に応じて変わるんです。そのときどきで選択を変えればいい。ルートが決まらなきゃ走れない、そうボヤいて地図だけ見てても何も起きない。とっととアクセル踏み込めよ。

どんなに完璧なルート計画たてたって、事故るときは事故るんです。自分が何も悪くなくたって不運はある。その一方でノリと勢いで走り出しただけなのに、気づいたらあっと言う間にゴールについていた。そんなことだってあるでしょう。こればっかりはわかりませんって。

言うまでもないことですが、計画の精度は高いに越したことはない。最善策は常に模索するべきですよ。とはいえそこに完璧を求めてててもしょうがない。策は手段でしかないんだから。求めてるのは結果なんだから。

やりたいことを実現すること、設定した目標を達成することが目的ではなく、そのための手段方法を考えることが目的。みたいな、手段と目的が入れ替わってたら、文字通りの本末転倒。

向かうべきは、あなたが達成したい目標でしょう。ならば、止まっているよりも、軌道修正しながらでも選択と行動をするほうが、目標に近づくってものでしょう。手段方法を考えることばかりに気を取られ、結果的に何もしない時間を浪費すれば、それこそ取り返しがつかない。

それで傷つくこともあるかもしれない。でも大丈夫。命までは取られないから。それに傷つくほどにあなたの治癒力も高まって、ますます前進する原動力が生まれてきますから。

<参考過去記事>
心の治癒力は、傷を負った痛みから立ち直るほどに高まる。どうせ傷つくことが避けられないのなら、その痛みを未来に活かそう。

いまいちな選択であろうが、結果が良ければ良い選択だったとなる。どんなに最善と思ってた選択だったとしても、結果がついてこなけりゃ失敗したと思うもの。

ならば、多少は見切り発車だったとしても、完璧な選択探して立ち止まっているよりも、とっとと決めて動き出してしまったほうが、すぐ代替案にも切り替えられる。その行動の積み重ねが道を開くってものんでしょうな(^。^)y-.。o○

【最適な選択するための、目標設定の方法とは】

目標設定の原理原則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。
予約購入割引実施中!
小川健次セミナー
【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方
↑期間限定キャンペーン↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。