大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しくてしんどいときは、泣いて凹んでその現実を受け入れよう。目の前の問題を直視すれば、未来に幸福が手に入る。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

苦しくてしんどいときは、泣いて凹んでその現実を受け入れよう。目の前の問題を直視すれば、未来に幸福が手に入る。

■苦しいこともしんどいこともある。

すべてが順風満帆、毎日が充実していて、見るもの感じるもの全てが、楽しいことばかり。そんな日常を夢見る人もいるでしょう。

小川健次Blog

まあ、どうせ生きてるなら、楽しいことばかりのほうがいいに決まってる。笑顔に満ち溢れた、幸福ばかりの毎日を望む気持ちもよくわかる。

でもね、実際の世の中、普通の生活の中には、そんな幸福ばかり、そんな笑ってばかりの日常なんてそうそうない。仮にあってもテレビか映画の中だけですよ。

もちろん楽しいことはたくさんある。幸福を感じられる出来事だって一杯ある。ご飯が美味い。ビールが美味い。大切な人がいる。あの眉毛の人カッコイイ!。小川健次メールマガジンも面白い。楽しいこといろいろ。幸福なこといろいろ。

その一方で、楽しくないことだってありますよ。仕事や家庭のこと、恋愛や友人関係。日常に体験するさまざまなことの中で、問題がないことなんてない。楽しくないこと、苦しいこともあれば、辛いこともある。しんどくて逃げ出したくなるようなことだってある。

苦しいことがあるから、楽しいこともある。辛くてしんどいことがあるから、心満ちた幸福感がある。僕たちの日常には、その両方が当たり前にあるんです。幸福なこともある。でもそうじゃないこともある。苦しいことはあなたにも、あの人にも僕にもある。

にも関わらず、辛くて苦しいことを、無かったことにしようとするから、話しがややこしくなるんです。中途半端なポジティブシンキングなるものを言い訳に、そこにある問題から目を背けるから、何も問題が解決しないまま、同じところの堂々巡りすることになる。

お金がなくて今月末の支払いできないけど、ポジティブに考えれば大丈夫。私はとってもハッピー。ってアホか。そりゃ問題なんだから、それを直視して受け容れなさいよ。ポジティブかどうかは関係ないでしょ。お金がないという問題を解決するために、すぐにお金を調達しに行けよ。

彼が知らない女と、手をつなぎながら夜の街歩いてたけど、私たちは信じあってるから大丈夫。二人の間はとってもうまくいってるの。ってアホでしょ。うまくいってないから、そういう事態になってるんでしょ。ちゃんとその現実を受け容れて、彼とすぐに向き合えよ。

そこにある問題を、認めて受け入れることは、別にネガティブなことじゃない。受け容れることが、その問題を解決するための、最初のステップなんだもん。むしろ見て見ぬフリするより、よっぽどポジティブで生産的ですよ。

もちろん、幸福なことには目を向ければいい。その感度は高めて損はない。でも、そのためにも解決すべき課題には、真正面から立ち向かう勇気も必要でしょう。

<参考過去記事>
身近にある幸福への感度を高めると、もっと幸福になる。足りないものへの不満より、今あるものへの喜びを口にしよう。

まあ、世の中の全てが楽しいことだったら、それ楽しいことじゃないし。それ普通のことですよ。

苦しいことは苦しい。しんどいことはしんどい。課題も問題も日常の中にはある。ならば、その現実を直視して受け容れる。それで泣きたきゃ泣けばいい。凹みたければ凹めばいい。泣いて凹んだら、あとは解決のための具体的なアクションを起こすんです。

■泣いても凹んでもいい。

課題や問題。苦しいこと。辛いこと。誰にだってあるんです。その現実を見て見ぬフリして、なんとなく騙し騙しで乗り切ろうとするから、結果問題が解決されないまま放置される。そしてひょんなことから、その問題が大爆発して大惨事。立ち直れないほどの痛手を被る。

とにかく、なんでもかんでも明るく前向きに! とにかくすべてがハッピー超楽しいー! ってバカじゃねーの。そんなこと言ってるから、その場の気休めで終わって、現実の問題は何も解決しないまま、よくわからない不安とストレスに心が支配されるんです。

辛い現実に直面したり、しんどい出来事に遭遇して、涙を流すことが弱いことか、凹んでしまうからネガティブなのか。ってそんなことありませんよ。

現実から逃避して、ホントは不安な心を隠しながら、上っ面のカラ元気でいるよるよりは、目の前の問題を直視して、泣いて凹んでいるほうがはるかにマシ。だって、そうやって受け入れるということは、解決すべきことがわかるということだだから。次のステップに進めるということだから。

そうして問題を直視できれば、その対応を先延ばしにすることだってなくなるんです。建設的にやるべきことに取り組める。それこそ積極的。それこそポジティブってものでしょう。

あ、いちおう言っておきますが、その場取り繕うために、泣いてごまかすだけとか、単なる不幸自慢。悲劇のヒロイン症候群のかまってちゃんは、単に鬱陶しいだけ。邪魔くさいのでどっかいけ。大事なのは、受け入れたその先に何を見ていて、何をしようとしているかですよ。

好きなことあれば、嫌いなこともある。尊敬できる人もいれば、ぶっ飛ばしたいヤツもいる。楽しいこともあれば辛いことだってある。それでいいじゃないですか。

あなたの日常の全てが楽しくなくたっていいんです。テレビや映画の中のように、朝から晩まで幸福尽くしじゃなくていい。生きてりゃいろいろある。この先の幸福のために、今の不幸を乗り越えなきゃいけないときだってある。

目を背けないことです。逃げないことです。できないことはできない。困ってることは困ってる。辛いときは辛い。それ認めるから、それを解決したり、そこから脱却できる方法を考えられる。大丈夫じゃないことを、大丈夫と言ってても大丈夫じゃないから。

もちろん、できることなのに、その現実を無視して、できないと言葉にするのは、そりゃ論外でしょ。その上で、今できないことを認めた上で、どうすればそれができるか、その解決策に対してできると言葉にすれば、それは現実になる。

<参考過去記事>
言葉にすると、それは現実に引き寄せられる。あなたの言葉が、あなたの世界をつくる。

辛くてしんどいときに、自分に嘘ついて大丈夫なフリしなくいいんです。面白くもないのに笑わなくていいですよ。そんなん疲れるだけだもん。ストレスになるだけ。だいいち、それじゃ何も解決しないし、何も前に進まない。

そんな中途半端なポジティブシンキングで現実逃避するよりも、まずは目の前の現実を受け入れる。その上で、それが課題や問題であれば、それを解決する方法を建設的に考え、それを行動に移す。そうするから、はじめて物事は前に進むってもんですわな(^。^)y-.。o○

●小川健次セミナー開催のご案内
—————————————————-
◎人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方
大 阪 02/19(日)
http://ogawakenji.com/seminar/tsutaekata
—————————————————-
◎恋愛力を高めるためのグループセッション(参加費2千円の導入編)
大 阪 02/18(土)
1)13時15分-15時15分
2)15時45分-17時45分
http://ogawakenji.com/seminar/renairyoku
—————————————————-
◎愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東 京 03/15(水)
札 幌 04/08(土)
熊 本 04/22(土)
http://ogawakenji.com/seminar/mokuhyo
—————————————————-
◎理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
札 幌 04/09(日)
http://ogawakenji.com/seminar/goen
—————————————————-

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事