小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

人を褒めるとセルフイメージが高まり、人を引き寄せられる人になる。人を認められる心の余裕を持てば、嫉妬の苦しさから解放される。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

人を褒めるとセルフイメージが高まり、人を引き寄せられる人になる。人を認められる心の余裕を持てば、嫉妬の苦しさから解放される。

■セルフイメージを高く持てば他人を正しく評価できる

あなたと僕は違うし、あなたとあの人は違う人。仮に立場境遇が似通っていたとしても、同じ人は一人としていないでしょ。

小川健次blog>

あなたが持ってて僕が持ってないものはある。僕が持っててあなたの持ってないものもある。あなたと持ってるものが全て同じ人はいない。

それはあくまでも違いであって優劣じゃない。好き嫌いはあるかもしれないが良し悪しじゃない。みんな違ってみんないい。

なのに同じような境遇にあったり、距離が近い人とは、なぜか自分と比べたがる。自分の尺度で優劣をつけ、自分の価値観で良し悪しを決めてしまう。いや、だからそれは違いであるだけ。優劣も良し悪しも関係ないでしょ。

あげくの果てには、自分に無くて、他人が持っているものに、よくわからない嫉妬心、そして敵愾心まで湧いてくる。ちくしょー。なんであいつばっかり。絶対裏で何かやってるに違いない。あんなカッコいい太い眉毛なんてずるい。

あのね、人を妬んだり、羨ましいと思う感情ってのは、わざわざ自分を相手より下のポジションに、位置付けているということですよ。自分で自分のセルフイメージ下げてるだけのこと。

本当はそうなりたいのに、自分はあの人みたいになれない。自分もそれを欲しいと思うけど、自分には手に入れらない。そう潜在意識下で認めてしまってるんです。そのイメージに自分で自分を縛りつけることになるんです。

自分だってホントにできる、自分だって同じ結果を手に入れられる。そう心から確信しているなら、別に羨ましいとか妬ましいなんて思いませんよ。妬むより前にとっととやってるから。

繰り返し言いますがね、あの人が持っててあなたが持っていないのは違いであって優劣じゃない。だからそこに嫉妬することも羨ましいと思うこともない。そう思ったところで得るものなんかないですよ。

ならば、自分は持っていないけど、その人が持っているスゴイところ、尊敬すべきことは素直に認めて心から褒めてあげればいいじゃないですか。どっちの立場や年齢がどっちが上か下かなんて関係ない。称賛すべきは称賛することでしょう。

そもそも、あなたがやりたいと思ってできてないことを、その人ができたのなら、そりゃ普通に褒めてしかるべきでしょう。

<参考過去記事>
身近な人のことを、外で褒めれば褒めるほど信用が高まる。悪口は言えば言うほど、信用を失い人は遠のく。

相手を認められる。自分よりすごいところを客観的に評価して褒められる。そう冷静に見れるのは、余裕のある証拠。自分は自分。他人は他人。他人のすごいところをちゃんと評価できるということは、自分のすごいところも自分で評価できるはずなんです。

ホントに余裕のあるときって妬んだりするこないでしょ。余裕がないんですよ。セルフイメージが低くなってるんです。だったらまずは認めて嘘でもいいから褒めてみる。それだけでセルフイメージ高まって余裕も出てくるから。

■褒められる心の余裕が人を引き寄せる。

もちろん、あいつにできたのに、自分にはできなかった。勝負に負けた。悔しい。こんちくしょー。今に見ておれ。と、自分を鼓舞する心は持っていい。いや、むしろ持たなきゃあかんでしょ。っつーか持てよ。

でもね、そのエネルギーは、あくまでも自分自身を走らせるためのガソリンとして、自分自身に注ぐものですよ。他人に向けるべきは、心からの承認と称賛。

承認し称賛するということは、物事の良いところに着目しようという心の動き。そして、自分にも誇れるものがあると思える心の余裕なんです。だから人を褒めれば褒めるほどセルフイメージが高まる。

世の中で余裕ありそうな人って、たいがい人を褒めてるじゃないですか。逆に余裕のない人に限って、うまくいってる人の悪口言ったり、妬むような視線でその人を評価したりするんです。

部下の良いところを褒めて認めてた上司が、その部下に追い越されそうになった途端に、いきなりその部下の悪口を言い始めたりすることってあるじゃないですか。あいつは昔は素直なヤツだった。今は変わってしまった。みたいな。

そういう人って、今のポジション以上に行けないというセルフイメージなんです。自分は固定で動かない。でもこの部下はその俺を追い越そうとする。けしからん。許せない。となってるだけなんです。

余裕のある上司はそうじゃないでしょ。仮に部下に追い越されそうになっても、追い越されない自信がある。仮に追い越されても、すぐ追い越し返せると思ってる。そういうセルフイメージを描けてるから結果も出るし、人を引き寄せる人になれるというもの。

自分と他人は違うんです。それは優劣じゃない。だから他人のことで称賛すべきことはたくさんあっても、嫉妬の対象になることなんかそんなにない。あなた自身がしっかりと望むべき理想のセルフイメージを描けていれば。

なので、他人を認めることです。褒めることです。

褒めるためには、その人の良いところ見つけなきゃいけない。その人が喜ぶ言葉を見つけなければいけない。するとその人の心に寄り添う思考になる。優劣ではなく違いでその人を評価できるようになるから、嫉妬もなくなり心に余裕もできる。

褒めた相手は喜ばれる。そして褒めたあなたの心にも余裕ができて、セルフイメージも高まる。

<参考過去記事>
言葉に愛を込めるから、想いが届いて固い絆で結ばれる。相手の心に寄り添えるから、お互いが笑顔と幸福を引き寄せる。

結局のところ、他人を認めて褒められる人ってのは、自分自身のことも認めて褒めることができる。自分がもっと好きになる。自分との付き合いが楽しくなる。その心の余裕が人を引き寄せる。

まずは日ごろから誰かを褒める習慣をつけてみることです。それだけで嫉妬心も薄らいで、心に余裕が生まれセルフイメージが高まるってもんですわ(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。