大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

苦しくてしんどいときは、泣いて頭と心をクールダウンしよう。泣いて酒飲んで寝れば、次へのスタートスイッチがONになる。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

苦しくてしんどいときは、泣いて頭と心をクールダウンしよう。泣いて酒飲んで寝れば、次へのスタートスイッチがONになる。

■本気でやってる人が泣いても誰も責めない

為せば成る。やってできないことはない。あなたにそれができないわけがない。ということを言ってくれる人もいるし、自分自身でも確かにそうだと思うし、そう信じてる。

小川健次Blog

なのに、実際には大きな壁にぶち当たり、そこで心が砕け散ってしまうことはある。

自分自身の弱さや、力の足りなさを、まざまざと見せつけられて、ささやかな自信ですら木っ端みじんにされて、ガックリくることもそりゃあるでしょう。

どんなことでも、やらなきゃ何も起こらない。祈ったとことろで救われない。まずは自分が動くのは大前提ですよ。その上で力を尽くすのは当たり前。知恵を絞り尽くすのも当たり前。為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。

とはいえ、どうやったって、できないことはある。あなた自身の力不足。状況や環境。運、不運など。その要因をひとつひとつ挙げていけば、いくらでも出てくるのでしょうが、とにかく望んだ結果に結び付けられないことってのはある。

あの人は簡単でできてるのに。皆は容易に達成できているのに。自分にだけはどうやっても無理。そういうことだってありますよ。僕の小川健次個別コーチング&コンサルティング(←12/20まで特別価格設定中)を受けたからって、無理なもんは無理。

あなたができることに力を尽くした上で、それでもどうにもならない。つらくて悔しくて泣き出したい。そう思うなら泣きゃいいんです。泣いたところで損することはない。それで失うものだってない。それで心が晴れるなら、泣いたところで、金もかからないし得でいい。

愚痴めいた弱音だって吐き出していいですよ。本気の本気で力尽くした上でなら、弱音吐いても誰も責めやしませんって。涙と弱音で、心に溜まったもんを一旦吐き出す。そうしてちょっと頭冷やせばいいんです。

力を尽くすのはいい。ただね、それであまりのめり込みすぎると、周囲が見えなくなりがちになる。自分の世界の中だけで、同じところを堂々巡りしながら全力疾走することになる。だから解決策も見えなくなる。ただテンパるだけになるんです。

そうして気づいたときは心がポキっと音をたてて折れてしまう。そうなるくらいなら、泣いて弱音を吐いて一旦頭を冷やしたほうがマシですよ。つらいけどただ耐える。そういう美徳もカッコいいんでしょうが、結果が出ない上に心が折れれば、目も当てられない。

まずは力を尽くした結果としてダメなものはダメ。それを受け容れる。それを受け容れないでいるのがポジティブとは言いませんよ。それは単なる現実逃避。ダメならダメでいいんです。それですべてが終わるわけじゃないんだし。

<参考関連記事>
望まない結果だったとしても、自分を責めなくて大丈夫。起こった出来事を受け容れれば、状況はいくらでも良くできる。

泣いたり弱音吐いたりするのは、そこですべてを放り投げて逃げ出すためじゃないんです。頭をクールダウンさせて、次へのステップへとの道筋を見つけ、あらためてのスタートのスイッチをONにするため。気分転換の手段方法みたいなもんですよ。

なので、大した力も出してねーくせに、ピーピー泣いて、ただ他人に構ってほしいだけなら、周囲だってウザいだけ。こんな目に逢う私って可哀想だし、こうして泣いてる私ってカワイー。っつー、構ってちゃんはあっち行け。

■心折れないためにも溜め込まないで吐き出そう

どうにもならない現実というやつはある。どこまでできて、どこまでできないか。それは一人一人違うもの。誰かを基準にしてもしょうがない。あなたがホントに力を尽くしてダメなら、そりゃダメなんです。

どんなに頑張っても、人は生身のままで月に行くことはできないし、空を飛ぶことはできない。酸素のない世界では生きられない。僕が今から頑張っても、3代目Jなんちゃらブラザーズには入れない。ん? いや、これは頑張ればありか? 

それでも力を尽くしてダメだったなら、その場は泣いて弱音を吐いて、それで終わり。頭をクールダウンしながら、現実を受け容れる。そして自分の足りないことについて反省しつつ、次により良い結果を出すためのことを考える。

過ぎた過去に執着していても、何も生まれない。結果は結果。そりゃしゃあない。

だから自分を責める必要はない。責めてもしょうがない。でもね、責任はあなたに自分にある。他の誰でもない、あなた自身の選択、あなた自身の人生なんだから。その責任からは逃れられない。

責任が自分にあることを自覚できていれば、次も自分の選択次第でどうにでもなる。他人に責任押し付けても問題解決しないが、自分に責任があることを自覚できていれば、自分次第で次はもっと良くできる。次は納得できる結果を出そうという意欲が湧く。

泣いて酒飲んで寝る。これ冗談のようですが、割とホントに有効なんです。溜まったもん吐き出せば、少し冷静になって周囲を見渡せるようになるんだもん。すっきりしてフラットな心の状態になれば、また前を向けるんです。これまでと違う世界が見えてくる。

何が何でもやらなきゃいけないことはある。絶対に引けないことも譲れないこともある。でもね、それにしたって命まで取られるようなことじゃない。なのに、心が折れたらそこでホントに終了さようなら。そうなる前に少しくらい自分で自分の心のケアくらいしなさいよ。

全力を尽くしてもうまくいかない。悔しい辛い苦しい。なら泣いたっていい。しんどいと、弱音を誰かに吐いたって誰も責めないから。

繰り返し言いますがね、自己満足、自己憐憫のために泣いたり、責任転嫁のための弱音なら意味はない。泣いても弱音吐いても心は前を向き続けることです。今がどうであれ、常に、今よりもっと良くなる方法を考えることを止めないことです。

だいたいね、泣くほどしんどいってことは、それだけ本気になれてるってことでもある。それだけの力を出すことができるってことでもある。なら次はもっとうまくやれるんです。だからこそそこで折れずに、泣いて吐き出して一旦クールダウン。

あんまりクソ真面目に考えないことですよ。道は一本だけじゃないんだし

<参考関連記事>
少しくらい不真面目なほうが、欲しい結果が手に入る。クソ真面目に頑張るだけじゃ、結果は出ないし疲れて泣きたくなる。

それにね、そこまで本気で何かに取り組めるなら、そんなあなたを必ず周囲が認めてくれますよ。必ず誰かが支えてくれる。あなたの涙も弱音も受け容れてくれて、次のステップに力を貸してくれる誰かが必ずあなたの前に現れる。

本気でやっても苦しくてしんどいときには、泣いてもいいし弱音を吐いてもいいんです。それで何も失わないから。あれこれ吐き出し、過ぎたことへの執着を手放してスッキリしたら、次へのスイッチが自然とONになるってもんですわな(^。^)y-.。o○

心が折れない目標設定の方法

東京 12/17(土)
『愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座』
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事