大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

あなたが自分のことを話せば、他者から信頼される。自分の言葉で説明するから、誤解も消えてなくなる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

あなたが自分のことを話せば、他者から信頼される。自分の言葉で説明するから、誤解も消えてなくなる。

■自分から言えば正しく伝わる

自分の中にだけ、そっとしまっておきたいことの一つや二つは、誰にだってあるでしょう。

小川健次Blog

生きてりゃ誰にだっていろいろある。それが良いことか悪いことかに関わらず、あまり表沙汰にしたくないことは、みんな何かしら持っている。

自分で思い出すだけで、恥ずかしくなる黒歴史や、家庭内でバレたら、ベランダで正座させたれること間違いない秘密など、そりゃ誰にだってありますよ。あなたにもあるでしょうし、あの人にもある。あ、もちろん僕にもいろいろある。

別にそれはそれでいい。でもね、それがホントに表沙汰にするとヤバいネタなら、死ぬまで表沙汰にしなければいい。抱いて墓場まで持って行け。

とはいえ、どんなに表沙汰にするつもりがなくとも、何かしらの拍子で、人に伝わるときがある。意図せずバレることもあるでしょう。うっかりスーツのポケットに入れっぱなしだった、あの名刺。うっかり消し忘れていた、あのLINEのやりとり。って、なんの話しだ。

まあ大人ですから。誰にだって、何かしらの事情があるのは、それを知った人だって察してくれますよ。だから仮に誰かに伝わったところで、大事には至らないこともある。

最悪なのは、それがその場だけでの話しに留まらず、余計なデッカイ尾ヒレがついて、もとの話しとは全然違う話しに拡大されて、まるで事実でないこととして広まること。言ってもいない、やってもいないこととして、誰かに伝わることでしょう。

さらには、あなたのいないところで、その噂を基にした欠席裁判が開かれる。一切の釈明や弁解の機会さえ与えられず、事実とは異なる情報を基に断罪されると、もう目も当てられない。

火のないところに煙は立たない。それがどんなに小さな火だとしても、火を点けた責任はあなたにある。そういう意味では自業自得でもある。が、それにしても事実と異なる情報で断罪されたり、信用まで失ったりするのは、負った責任に対する痛みとしては、少し大きすぎる。

だからね、そういう事態になる前に、あなたからちゃんと話せばいいんです。あなたが話したことで、その場でマイナスな評価をされることがあったとしても、事実と違う話しを基にして判断されるくらいなら、ちゃんと事実を自分の口から説明してしまうんです。

それならその場で弁解も釈明も、必要に応じて謝罪だってできるでしょう。そこをしないで中途半端に放置するから、後で面倒事になるんです。

<参考関連記事>
その一言を添えるから、愛と信頼が深まる。その一言を言わないから、誤解と不信で心の距離が遠ざかる。

他人なんてのは無責任なもんです。自分の聞いた情報の精度や、倫理的な良し悪しよりも、その情報が面白いかどうか、その人にとって都合がいいか悪いかで、意味づけと解釈を変えてしまう。だから元ネタに余計な尾ひれがつくだけじゃなく、元の話しそのものさえ変わってしまう。

そうなるくらいなら、それより前に、あなた自身の口で説明するほうがまだマシでしょう。少なくとも真実は伝えられるし、フォローや釈明をできる機会がその場にはある。欠席裁判で断罪されること、無駄に自分の評価を落とすことはないんだから。

■バレるくらいなら自分で言えばいい。

あなたにとって、大切な人に対しての話しであればなおさらのこと。尾ひれのついた誤解のままで、ある日突然連絡を断たれるくらいなら、良いも悪いも含めて、ちゃんとあなたという人間のことを、予め話しておけば、そういうことにはなりませんよ。

確かに、あなたにとって言いたくないこと、触れたくないことを言うのは気が重いでしょう。でもね、それでも理解してくれるであろう人だからこそ、大切な人なわけでしょう。だったら後で大火事になりそうな火種を残すより、その場で燃やし尽くしたほうが後腐れもない。

もちろん、相手や状況や環境にもよりますが、あなたにとってマイナスになりそうなこと、言っても誰も幸せになりそうもないことを、いちいち表沙汰にする必要なんかないんです。そんなもんは、死ぬまで心にしまっておけばいいんです。

でもね、もしそれが、中途半端な形で表沙汰になったり、誤った伝わり方をしたりすることで、必要以上に大きな尾ひれがついて、想定以上にネガティブな伝わり方をするくらいなら、ハナっから自分で表沙汰にしてしまうほうがいいでしょう。

それにね、こそこそ隠していたことがバレたときってのは問題として大きくなりがちですが、普段から自分で開けっぴろげにしているようなことなら、誰も何とも思わない。

僕がどんなヤツかを、このブログ読んでるあなたは、だいたい知ってるから、僕が少しくらいあなたをイラつかせること言っても、どうとも思わないでしょ。あ、この眉毛またこういうこと言ってるわ。アホやな。くらいでおさまるじゃないですか。

逆に、そういうキャラを隠していて、あなたが僕のことを、キラキラハッピーいい子ちゃんだと思っていたとする。なのに、突然本性現して、あなたをイラつかせるようなことを言えば、この眉毛はこんなヤツだったのか。と呆れてガッカリするかキレてどっか行くかですよ。

要するにね、裏表なく、良いも悪いも開けっぴろげにしていれば、余計な誤解も生まれないし、話しに妙な尾ひれがつくこともない。相手もショックを受けることがないので、そもそも燃えない。火種にさえならない。

とはいえ、日常的に、誰に対しても、自分のことを、良いも悪いも含めて、すべて洗いざらい話せるかと言えば、それはそれでハードル高い。

ならば、すべての人に対してじゃなかったとしても、せめて身近な人、あなたにとって大切だと思える人には、良いことも悪いことも、後で火種になりそうなことも含めて、できうる限り、素直かつ正直に話しておいたほうがいいでしょう。

それによって、一時的に確執が生まれることもありますよ。だとしても後でバレるよりよっぽどマシ。そして、日常的にそうしていれば、お互いの理解も深まって、やがては確執さえ起こらなくなる。

<参考関連記事>
愛している人なら、信じて委ねて明け渡そう。素直な想いを伝えるほどに、もっと大きな愛を引き寄せる。

その上で、何が何でも他人に伝わったら困る、あの人に知られちゃヤバイ、そう思うことは、何が何でも表に出さない。必ず墓場まで持っていけ。それができないなら、大事な人、身近な人には確執覚悟でも説明することです。後でバレるよりも遥かにマシだから。

誰にだっていろいろある。でもそのいろいろも、ちゃんと伝えておけば余計な誤解は生まれない。少なくとも身近で大切な人に疑念を抱かれることはない。それに。自分のことをちゃんと話してくれる人のことは、好き嫌いは別にしても、信用できるってもんですしね(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
2017/02/19(日)大阪
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事