小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

本当に大切にしたい想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。見返りと執着を手放せたとき、大切な人とのご縁が結ばれる。

人気記事一覧

小川健次メールマガジンに関するご案内

昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

本当に大切にしたい想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。見返りと執着を手放せたとき、大切な人とのご縁が結ばれる。

■本当に大切にしてないから、大切にされない。

他人は自分の心の鏡。あなたが優しく接すれば、相手もあなたに優しく接してくれるし、あなたが厳しく接すれば、相手もあなたに厳しく接してくるもの。

小川健次Blog

あなたのそのときの心の状態、そして心の状態を反映した言葉や振る舞いが、他人を通じてあなたに返ってきてるだけ。

話は単純なんです。そこに複雑怪奇な秘密もなければ、ややこしい駆け引きもない。

僕がこのブログと連動で、ほぼ毎日配信している小川健次メールマガジンでも、好き勝手言いたい放題書いてると、みんな好き勝手な言いたい放題なレスポンスを返してきますが、人と人との関係なんて総じてそういうものでしょう。

ということは、あなたが本当にその人を大切にしているのなら、あなたもその人に大切にされるんです。その人を恨んだり妬んだり蔑んでいれば、その人から恨まれ妬まれ蔑まれる。

でも、あの人のことをこれだけ大切にしているのに、私はあの人から大切にされているように思えない。あの人は人の気持ちのわからない人なんだ。なんてヒドい人なのかしら。ホントとんでもない極悪人め。と感じることもあるかもしれない。

そういうときは愚痴る前に、まず自分の心を見直してみればいい。繰り返し言いますが、他人は自分の心の鏡。

つまり、一切の下心や見返りへの期待がなく、ホントのホントに心の底からその人を大切だと思っているのかどうか。自らの全人格を賭して、その人のことだけを優先的に考え、その人の気持ちに寄り添い、執着心を手放して、その人の気持ちに応えることにのみ、力を尽くしているのかどうか。

その場はいい顔するために、大切に思っとるって言うておけ。そう言うとけばこの人も悪い気しないやろ。そう言うとる私って可愛いやろ。そう言える私が好きやわー。と、そういう考えがわずかでも、頭のどこかに見え隠れしていないかどうか。

結局のところ、ホントのホントに大切なのは、その人じゃなくてあなた自身でしょ。大切だと言ってる自分に満足したり、大切だと言うことで相手に良く思われたい、嫌われたくない。そういう自分の欲求を満たすことが優先しているんです。だから相手も同じようにしてるだけ。

そりゃまあ、最後の最後は自分が一番可愛いのは当たり前。自分が優先なのも普通ですよ。それはそれでいいじゃないですか。

でもね、繰り返し繰り返し言いますが、他人の言動はあなたの心の鏡。相手から返ってくる想いの量は、あなたが注いだ想いの量と同一なんです。ならば返ってこない想いでその人を責める前に、まずあなたが注ぐ想いの量を増やすことを考えたほうがいいでしょう。

ホントに心から大切だと思えるならば、そこでかかる手間や労力なんてのは気にならないもんです。そこでの見返りへの執着なんか手放せるってもんですよ。

<参考過去記事>
期待と執着心を手放して、手間を惜しまないから愛と信頼を引き寄せる。大切な人とのご縁は、無駄に思えることの繰り返しによって結ばれる。

どうも自分の想いが届いているような気がしない。こんなに大切に想っているのに、自分はその人から大切にされていない気がする。そのときに、その理由を他人に求める前に、まずは自分の心がどこに向いているかを考える。その人に向いているのか。それとも自分に向いているのか。

ホントのホントに大切に思っているならば、その想いは仮に期待どおりの形じゃなかったとしても必ず返ってくるものだから。

■打算や計算さえも、あなたの心にあるものは引き寄せる。

あなた自身が、あの人にこうして欲しい、こう接して欲しい。そう思うことをそのままやればいいだけですよ。見返りを期待せず、迷うことなくその人への想いのみを優先する。

そこに、自分を優先したいがための打算や計算が入るから、すぐ見透かされるんです。人って言葉や態度は出さなくても、その場の空気感から伝わるものってあるじゃないですか。この人、大切大切言ってても、大切なのは自分でしょ。調子いいこと言ってご機嫌取ってるだけでしょ。

そんなん興醒めですわ。結局そういうことかいな。お前は俺より自分が大事、俺はお前に便利に使われてるんやろうなあ。ならこっちもそうさせてもらいますわ。となるでしょ。

失いたくない、嫌われたくない、という不安や恐れの空気というやつも、まったく同じ。言葉に出さなくても空気で相手に伝わりますよ。こうするから私の前から去らないで。あなたの言うこと聞くから私を嫌いにならないで。みたいな。

そういう空気を感じれば相手だって不安になる。どこか恐れる気持ちになりますよ。なぜかこの人といると不安になる。なんだかちっとも心が穏やかになれない。それどころか、あんたの不安解消のために俺は使われてんのかな?

そうしてお互い疑心暗鬼、お互いがお互いを大切にし合ってる感じもしない。なんとなく惰性の付き合い。でもなぜだか不安だけがどんよりした空気のように流れてる。やがてお互い本音も言えないまま、気付いたときにはさようなら。

だから手放すんです。期待を。そして執着を。

その人を大切に思う気持ちを、態度と行動で示せばいいじゃないですか。でもねそれが返って来るか来ないかは関係ないんです。そんなもんは期待しない。スルーされようがガン無視されようがどうでもいい。だってそれを受け取るかどうかは、相手の判断なんです。

そこで相手に受け取ってもらいたい、それを返してもらいたい。それこそこちらを振り向かせようなんて考えない。期待しない。執着しない。大事なのはあなたの心が満たされるかどうかじゃなくて、その人の心が満たされること。ホントに大切な相手なら。

だからその想いが相手に届く。相手もそれに応えてくれてあなたを大切にしてくれる。ホントに大切だという想いが、あなたを大切にしてくれる人の想いを引き寄せるんです。

それで届かない想いなら、それは縁がないということでしょう。でもだからと言って悲観することはないんです。ホントにそういう想いを持てるのは力ですよ。その想いを持てる力があるならば、いくらでもあなたを大切にしてくれる人を引き寄せられるから。

<参考過去記事>
誰かを愛せる力は、愛してくれる誰かを引き寄せる力になる。届かぬ想いに悲観せず、想いを抱ける自分に自信を持とう。

他人は自分の心の鏡なんです。心の奥底にある打算や計算さえも、すべてあなたに返ってくる。だからこそ一切の見返りを求めず、執着さえ手放してしまえるほどに大切に想ったときに、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せるんです。

逆の立場で考えてみればそうじゃないですか。ホントに大切にしてもらえてる。そう心から感じた相手のことって、誰だって大切にしたくなるものですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座

人生における明確な目標を設定し、そのために必要な愛や、欲しいだけのお金を、引き寄せの法則に基づいて、その手に入れるための方法を学び、実践するための二日間特別講座がついに開催決定。
早期申込割引実施中!
小川健次セミナー
引き寄せの法則を発動させる、目標設定【実践】講座
↑↑ 10月東京 ↑↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。