大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

傷つくことを恐れて何も言わないと、もっと深い傷を負う。あの人のために言葉にすれば、愛と信頼が深まる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

傷つくことを恐れて何も言わないと、もっと深い傷を負う。あの人のために言葉にすれば、愛と信頼が深まる。

■慎重すぎると何も言えない

不用意な言葉は、意図せず誰かを傷つけることがある。いや不用意じゃなかったとしても、意図せず誰かが傷つくことはある。

小川健次Blog

言葉を選び、空気を読んで発した言葉でさえ、相手がそれをどう解釈するかによって、言葉の意味は天と地ほどに変わってしまう。

だからこそ、言葉を発する際には、状況環境を見極め、相手の心の状態を汲み取り、それなりの慎重さが求められるというもの。いやまあ、僕の小川健次メールマガジンは慎重さが欠片もありませんが、あれはあれってことで。

でもね、いくら慎重にとはいえ、あまり慎重すぎるのも考えものですよ。慎重になりすぎて、何も言えなくなったらミもフタもない。それじゃそもそも何も伝わらない。何も伝わらないから、あなたが何を考え何を思っているかもわからない。

何も伝わらないし、何を考え何を思っているかもわからないから、お互いが疑心暗鬼のストレスになる。そして何かを言ったとき以上の深い傷を負うことになるんです。

時と場合にもよりますけどね、そうやって慎重になりすぎて、何も言えなくなるときってのは、あなた自身が自分の身を守ることを優先しているから。相手の想いや相手の立場のことよりも、あなた自身の傷つきたくない想いを優先しているからでしょう。

これを言って、NOと返されたら、私は痛いし傷つくし、それはちょっと嫌。これを言ったら嫌われるのはイヤ。変わったヤツだと思われたくない。うまく話せなくて恥かしい思いをしたくない。など、つまりは、あなた自身の問題ですよ。中心はあなた自身。

あの人のことを想って言わないことにした。あの人のためには言わないほうがいい。そんな綺麗事っぽいこと言ってみたところで、ホントのところはあなた自身があなた自身を守りたい、傷つきたくない、嫌な想いをしたくない。そんな動機だったりするもんでしょ。

いや、でも、その人にそれを言ったら失礼になるじゃないか。そんなこと言ったらその人が嫌がるでしょ。という、反論めいたことを言いたくなる気持ちもわかりますけどね。

そもそも、ホントにその人が嫌がるようなこと、その人に失礼になるようなこと。そんなことは、ハナっから言おうとさえ思わないでしょ。言うとか言わないとかさえ考えませんよ。そういう話は、まったくそれ以前のことだから、別に考える必要だってない。

ってことは、言おうと思って言わない。言いたいと思って言えない。それは結局のことろ、あなた自身が傷つくことを恐れているだけ。相手のことなんて言うほど思っていないんです。思っているのは自分のことを守ること。

でもね、多くの場合、思っていることを言ってマイナスになることはあまりない。

<参考過去記事>
あなたが自分のことを話せば、他者から信頼される。自分の言葉で説明するから、誤解も消えてなくなる。

もちろん、言葉にすれば、結果的にあなたがその人に嫌われることもあるでしょう。ホントに傷つくことだってありますよ。

でもね、その言葉が、あなた自身の自己都合によるものではなく、ホントにその人のためを想って放った言葉であれば、その場は理解してもらえなかったとしても、想いが届かなかったとしても、やがて理解してもらえるときはくる。思いが届くときはある。

■自分の痛みより大切な人を優先しよう

念のためもう一度言っときますがね、思いついたこと、心に浮かんだことを、ノリと勢いで何でも言えばいいかといえば、そんなワケない。そこは大人ですから。いわゆる常識の範囲で、時と場合に応じて空気を読みながらってのが前提ですよ。

その上で、ホントに言葉にして伝えたいこと、それを伝えることが、その人にとって価値あることだと思えることなら、黙ってないで言葉にすればいいんです。

そこで、いろいろ余計なこと考える。嫌われるかもしれない。NOと言われるかもしれない。受け容れてもらえないかもしれない。そんな不安と心配に心が支配され、自分の身を守る方にスイッチを入れたりするから、何も言えなくなるんです。

だったら永遠にそのことは言わなきゃいいのに、つまらない色気を出して、どうにか都合よく、自分が傷つかないように伝えようとする。だから、ただ遠まわしなばっかりで、何を言ってるんだか、さっぱりわからないような話しになる。

そして中途半端な形で伝わるから誤解をされる。誤解をされて、結果的に嫌われる。遠ざけられる。素直な言葉で伝えるとき以上の、立ち直れないほどの深手を負うハメになる。アホか。

あなたが伝えたいと思っていた、ホントの気持ちは伝わらないわ、その人はなんだかよくわからないこと言われてイラつくわ。なんだか誰もハッピーにならないどころか、どの登場人物もバットエンドな、胸糞映画を見せられるようなオチでしょう。

さらにその経験が、あなたを、さらに言いたいことを、言えない人にするという、素敵なマイナススパイラル。そこまでくると、もう目も当てられない。

あなた自身が傷つくかどうかは、一旦横に置いておけばいいんです。その人にとってあなたが言うべきかどうか、伝えるべきかどうか。それを優先する。その人のことだけ考えればいいんです。その人があなたの大切な人であれば、なおさらのこと。

つまらない小細工や駆け引きなんか不要なんです。だいいち小細工や駆け引きを、うまくやれるほど器用じゃないでしょ。

自分が痛い思いしないように、傷つかないように。相手に好かれたい、好かれよう。そんな考えは今はどっかに投げ捨てろ。そんな期待感なんか今はいらないんです。大事なことは、あなたの言葉がその人にとって価値と意味があるかどうか。

<参考過去記事>
愛ある言葉が人を動かし、愛をその手に引き寄せる。相手の想いを優先し、見返りへの執着を手放して言葉にしよう。

大切な人のために。そんな素直な想いに従えばいい。それだけ考えれば傷つくことへの不安はなくなる。結果傷ついたとしても、その傷はやがて必ず癒える。そしてあなたのその想いを、わかってくれるときが必ずくる。想いは必ず伝わりますよ。

傷つくことばっかり恐れてると、必要以上に大きな傷を負うことになる。でもね、傷つくことを恐れずに、言葉にすれば想いは届くってもんですよ(^。^)y-.。o○

お知らせ
先日からのご案内のとおり、1月21日(土)大阪にてセミナー『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方』を開催しましたので、そのときの画像をちょい見せ。
osaka20170121
次回以降の予定は以下のとおり。
2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
2017/02/19(日)大阪←追加開催決定!
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事