大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

小さなことでも、想いはいつも言葉と態度で示しておこう。その積み重ねが信頼を育み、言葉に説得力を宿らせる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

小さなことでも、想いはいつも言葉と態度で示しておこう。その積み重ねが信頼を育み、言葉に説得力を宿らせる。

■何を言うかより何を伝えるか

深い意味もなければ、特別に何も考えてわけでもないのに、放った一言で誰かを傷つけてしまうようなことはある。

小川健次Blog

その場の空気や、お互いの立場を考えながら、よほど気を遣って発した言葉でさえ、イラつかれたりムカつかれたりすることもある。

言葉の価値や意味なんてのは、辞書的に定義付ければそのとおりなのでしょう。とはいえ、現実には、その場そのときその状況。それを言う人とそれを聞く人、そして双方の関係性によっても、意味や価値がコロコロと変わるものですよ。

ということは、些細な言葉が誰かを深く傷つけることがあるのと同様に、些細で深い意味もなく、軽く放った言葉が、誰かの心に深く突き刺さり、その人に勇気を与え、ヤル気を生み出す原動力になることだってあるんです。

だからこそ重要なことは、言葉として相手に何を言うかではなく、想いをどのように相手に正確に伝えるかでしょう。

言葉の意味は、状況環境によって変わる移ろいやすいもの。でも想いは状況環境に左右されるものじゃない。どんなときでも好きは好きだし嫌いは嫌い。

なのに、小手先でどうにか上手く綺麗に伝えよう、なんとかこちらの都合良く解釈してもらえるような言い方しよう、なんて見返りへの期待と下心に満ち溢れて、何かを言おうとするから、伝わるものも伝わらない。むしろ変な解釈されて余計にグダグダになるだけ。

そこは小手先でどうにかしようとしないことですよ。よく僕に対しても「どう言えば相手を振り向かせられるか?」的なことを質問してくる人がいますが、そういう質問する時点で、誰も振り向いてくれやしませんよ。

言葉なんてのは、その場そのときその状況次第で意味が変わる。想いは変わらない。ならばその想いを行動によって示すこと。行動が発した言葉を担保する。行動があるから言葉に説得力が生まれる。

もちろん行動だけあれば伝わるかといえばそうじゃない。行動は言葉の裏付け。行動で裏付けられた想いを言葉にしないと、行動だけじゃわからないし伝わらない。それこそ、その一言が足りるか足りないかで、お互いの心の距離に違いが生まれる。

<参考過去記事>
あなたが添える一言で、誤解が消えて関係はもっと良くなる。言うべきことを言い、聞くべきことを聞けば、お互いで想いを共有できる。

極論かもしれませんがね、何をどう言うかなんてことは、行動という裏付けがない限りは、あんま関係ないんです。どんな想いを相手の心に何を届けようとしているか、こそが重要で、それには言葉だけでは何も届かない。

どんなに口下手な人に言われたことだとしたって、日ごろの態度や行動を見てれば、その人がどんな想いを持っているかがわかるもの。それって伝わるものでしょう。

■日々の積み重ねが説得力を生み出す。

言葉と行動で示すこと。でもそれをある日突然、示されてもワケわからない。昨日までプロ野球の話しなんかしたことない人が、いきなり赤ヘルかぶってカープを応援しはじめても、単なるニワカとしか思われない。そこにカープ愛は感じられない。

だから当たり前の話しですが、積み重ね。日々それを示し続けること。今はそれが大した意味として伝わらなくても、日々積み重ねているから、いざその場になったときの言葉と行動に説得力が生まれる。想いがストレートに相手に伝わる。

その場そのときになったら、適当に小手先で、よろしくうまくやれればいい。そう思ったところで、そんなヤツの言うことなんか誰も聞きませんよ。まあ義理で聞くフリくらいはしてもらえるでしょうが、言葉は右から左へスルー。とってつけた行動も白けて見られるだけのこと。

とはいえ、それは、日頃から何やら大げさなことをやり続けろということじゃない。

例えば、それが誰かに対する善意や好意であるならば、それを日常の中で、小さなことであっても言葉、そして態度や行動で示し続けるということ。

え? それわざわざ言う必要ある? そんな当たり前のことわざわざ言う必要もないでしょ。と思うくらいのレベルのことでもいいんです。それにしたって相手にとっては嬉しいことかもしれないし、救われる一言になったりするこ場合もある。

同時に、え? そんなこと態度で示さなくても、言ってるからいいんじゃね? と思うくらいのレベルのことでも、態度と行動で示すんです。それにしたって、そういう態度を見せられれば、相手にとっては言葉の裏付けとなるから、あなたへの信頼度が深まる。

些細な言葉「お疲れ様」の一言だろうが「ありがとう」「愛してる」でも何だっていい。ちょっと重いものを持ってあげる、ちょっと仕事を手助けしてあげる。あなたから見れば、些細なことかもしれないが、その些細なことの積み上げこそが、あなたの想いを伝える最短距離なんです。

<参考過去記事>
ありがとう。愛してる。その一言がお互いの幸福を引き寄せる。身近にいる人、大切な人には、愛と感謝の想いを言葉にして伝えよう。

言葉それ自体の意味は時と場合によって変わるもの。だからこそ、行動による裏付けがあれば伝えたい思いは正しく伝わる。そしてそれを日頃の積み重ねという実績が、相手の心に説得力のある想いとして確実に届けられるというもの。

それらの前提を全部すっ飛ばして、その場しのぎでどうこうしようとするから、曲解されるし想いがまるで届かない。

もちろん想いが正確に届いたからといって、受け入れてもらえるかどうかは別のこと。そればっかりは縁次第。でも中途半端な伝わり方で、悶々とするばかり、後悔して泣くばかりになるよりは、正しく伝えられれば、少なくとも納得感は得られるってもんでしょう(^。^)y-.。o○

説得力の伴う想いの伝え方。

あなたの個別具体的な問題解決をサポート
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事