小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

NOと言われることを恐れず、頼みたいことは頼めばいい。断わられても、お互いが想いを言い合えれば心地よい関係になれる。

人気記事一覧

LINEアカウント変更のお知らせ

小川健次LINEアカウントは、以下のLINE@アカウントへと移動いたします。
以下のロゴをタップして新しく開設したLINE@アカウントへご登録ください。(旧アカウントでのお問い合わせ受付、タイムラインの更新は順次止めていきます)

NOと言われることを恐れず、頼みたいことは頼めばいい。断わられても、お互いが想いを言い合えれば心地よい関係になれる。

■誰もあなたを否定していない

あなた自身が望むと望まざるとに関わらず、自分以外の誰かに何かを頼んだり、お願いしなきゃいけない場面ってのはあるでしょう。

小川健次Blog

あなたのそのお願いを、あっさり快諾してもらえるなら話は早い。でも現実には反対にあっさりと断られてしまうこともある。

そりゃそうでしょう。あなたに都合があるってことは、その人にだって都合があるんだもん。あなたに色んな想いがあるように、その人にだって想いがある。あなたの頼みやあなたのお願いを、快諾できるかどうか、受け入れられるかどうかは、相手次第だしそのとき次第。

言うまでもなく、あなたのお願いを受け入れてくれなかったからといって、別にあなたの人間性を拒否しているわけじゃない。あなたに憎悪を抱いているわけでも、意地悪しているわけでもないんです。

簡単なことすよ。あなたがお願いしたそのタイミングが、たまたま忙しかっただけ。あなたの頼みの内容に対して、力になれないと思っただけ。別にあなたがどうこうじゃない。ホントに力になれない。役にたつことができない。ただそれだけのこと。

なのに、ついNOと言われるのを恐れてしまう。断られると否定されて嫌われているような気になってしまいそう。だから、なかなか頼めない。どうもいまいちお願いしずらい。

いやまあ、ホントに嫌われてて意地悪されてるだけならね、それはそれで怒りパワーを心に秘めて後で100倍返しすりゃいいだけのこと。でもホントにそんな人なら、最初から何も頼むこともないし、断られたって別にガックリすることもないでしょ。

それにね、あなたも誰かに頼みごとされたときに、いちいちその人の人間性否定したろうなんて考えないでしょ。できるものはできる。できないことはできない。ただそれだけでしょう。

だから気軽に頼めばいい。お願いしていいんです。それでNOと言われることもありますよ。でもそこには、あなたが頼んだことに対するNO以上の意味はない。そこで勝手に妄想したり、余計な憶測するのはやめればいいんです。

だいいち、人に頼むのを避けて、無理して自分で完結させてしまおうとすれば、そのうち一杯一杯になってパンクするだけじゃないですか。パンクしないまでも、結局自分のできる範囲のことでしか動けない。いつまでも同じところの堂々巡りになるだけですよ

<参考過去記事>
他人の力を借りれば、できることの可能性は無限に拡がる。あなたが本気で取り組んでいれば、必ず誰かが助けてくれる。

断られるとしても、NOと言われたとしても、あなたが助けを求めていることは、その人に伝わる。そうすりゃその人だって、今は力になれなかったしても、別のタイミングで力になってくれるかもしれない。違う形で力になってくれることもあるでしょう。

断れることに臆して何も言わなければ、それこそそこで終わりなんです。頼みたいことを頼む、力を貸してほしいとお願いする。それはある意味ではあなたの想いや、あなたの立場やあなたの想いを、相手に正しく伝えるということでもある。

■断るも断られるもお互いさま

そもそも、断られるのが嫌ってのは、プライドが傷つくような気がする、嫌われたよう気がする等々、筝の本質とは無関係なことに気を奪われているからでしょう。

だってコト本質はもっと単純かつカンタンなことなんだもん。その人が、今あなたの力になれるかなれないか。それだけですよ。あなたのプライドがどうこうなんて全然関係ない。その人だっていちいちそんなこと考えて、YESかNOで考えませんわ。

力になれることはなるし、力になれないことはなれない。できることはやるけど、できないことはできない。YESかNOかの判断基準なんて、おおよそそれだけですよ。よっぽどの相手でもなけりゃ、わざわざその人の人間性否定するためにNOと言おう、なんて考えないし。

断られるのを恐れる必要なんかないんです。NOと言われたって痛くもかゆくもないから。お願いしたければお願いすればいい。頼みたいことがあるなら頼めばいい。力を貸してほしければ力を貸してほしいと言えばいいじゃないですか。

その結果として断られようが、NOと言われようが、どうということないでしょ。あなたの人間性を否定されてるわけじゃない。あなたを嫌ってのことじゃない。だから断られたことで凹む必要もないし、泣いたり、ましてや逆恨みする必要なんかまるでない。

それにね、頼みを断った、断られたくらいのことで人間関係は壊れないでしょ。いや、それくらいで壊れる関係なら、どうせ後で壊れますよ。むしろ、今のうちにその人とはダメな関係なんだ、ということがわかって良かったね。

そして、できないことをできると言われて、まるでダメな結果になったり、曖昧な返答のまま時間を浪費したりするくらいなら、はっきりNOと言ってもらったほうがいいでしょ。そこがはっきりすれば、建設的に次の手を考えられるし、無駄な遠回りをしなくて済むというもの。

誰だって頼まれれば引き受けたい。力を求められれば力を貸したい。声をかけられれば嬉しいんです。あなたも頼まれる側ならそう思うでしょ。僕だってそう思いますよ。でも今は力になれない。これについては役にたてない。皆そう考えた結果、断ってるんです。

だから断られて凹むこともなければ、断られるのを恐れて黙ってる必要もない。逆に黙っていられるほうが寂しいし、断ってあまり凹まれるとこっちも凹む。お願いしようが断られようが、お互い気にせずいられるのが、自然で気楽、かつ信頼のある関係ってものでしょう。

<参考過去記事>
結ばれたご縁は、お互いが成長し合える刺激を与えることで強くなる。ただ寄りかかるだけなら、縁は離れていき後悔だけが残る。

お願いしたりお願いされたりなんて、皆お互いさまでしょう。

同じように、断ったり断られたりもお互いさまなんです。そこは気にしないことですよ。そこれお互いが余計な気を遣わなくていいから、自然で心地よい関係ができるってもんでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。
予約購入割引実施中!
小川健次セミナー
【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方
↑期間限定キャンペーン↑


関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。