大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

やるかやらないか迷ったら、やる。決断に迷うのは、どちらでもいいということ。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

やるかやらないか迷ったら、やる。決断に迷うのは、どちらでもいいということ。

■やっても困ることはない。

慌てずに、ちゃんと腰を据えて冷静に考えることは大事ですよ。ちゃんと考えれば、答えがわかることはある。

小川健次Blog

ただ慌てるばかり、状況環境に流されて、右往左往しているだけだから、何をどうすればいいかわからない。だから一旦落ちついて、ちゃんと考えればいいでしょ。。

事態を客観的かつ冷静に見定めれば、どの選択が一番最適かがわかる。表面上の事態に囚われることなく、一つ一つ思考を論理的に積み上げていけば、おのずと最適解がみつかるんです。焦らず、小川健次メールマガジンでも読んでりゃいいんです。

とはいえ、どんなに論理的な思考を積み上げてみたところで、ホントのところはわからない。わかるワケがない。未来に100%の確証なんか誰もないですよ。

ある日突然会社が潰れるかもしれない。今日、豆腐の角に頭ぶつけて死ぬかもしれない。予想外の出来事なんてのは、いつでも誰にでも起こり得る。一寸先は闇か光か。んなモン、そのときになってみなきゃわからない。わかるワケない。

だからこそ決断できない。だからこそ迷う。確証ないんだもん。失敗したらイヤだもん。不安になって心配になる。そうしてそこで思考が止まる。

でもね、そこで決断できない、そこで迷うということは、やったほうがいいということ。だって、やってもリカバリーできることなんだもん。やって失敗したとしても死ぬほど困ることじゃないってことなんだもん。だから迷うんです。だから決断できないんです。

ホントにダメだと思っているなら、そもそも迷わない。どうやったってリスクしかないし、失敗したら命にかかわるようなことなら迷わないでしょ。そんなに深く考えなくても、やらないと決めますよ。それ以上は迷うこともありませんよ。

要するにね、やるかやらないか迷ったら、それはやったほうがいいんです。やるかやならないか迷ったら、やる

大事なことなので、字を大きくしてもう一度言いますよ。

やるかやらないか迷ったら、やる!

だって、リカバリー効くことなんだもん。やっても困らないことですよ。だから迷うんです。ならば、やったほうが得でしょう。やれば少なくとも経験値が積み上がる。犬も歩けば棒に当たる。でも、やらなければ、何も起きない。積み上がらない。そこで終わり。

そもそも、決めなければ前進しない。迷っているだけ、その全てを手に入れようと、ただ立ち止まっているだけなら、時間を浪費するだけでしょう。だったら、迷っているうちに、やると決めて動いたほうが、得るものは大きいというものでしょう。

<参考過去記事>
決断して代償を差し出せば、それに相応しい結果が手に入る。何も差し出さなければ、何も手に入らない。

無理なことは迷わない。できないと心から思っていることなら、とっくの昔にあきらめてる。迷うということはできるんです。できると思ってるんです。

だったら、その想いに逆らうことなく、従えばいい。迷うほど考えた。でもホントの答えはわからない。そりゃ、やってみなけりゃわからない。だけど心の奥ではできると思ってる。だからこそ、やるかやならないか迷ったら、やる。

■基準は明確な目標

どうせ何やったって、何やらなくたって、後悔するときはするんです。それが救いがたいほど、リカバリーも効かないほどの、大失敗による後悔になるなら、そりゃ立ち止まることもありでしょう。

よくよく考えてみればそうでもない。頑張れば何とかなりそうだ。後悔することはあっても、リカバリーはできるし、それによって得られる経験には大きな価値がある。だったらやればいいじゃないですか。足を踏み出してみればいいじゃないですか。

もちろん、繰り返し言いますが、脊髄反射で何も考えることなく、軽率に物事決めるのはアホですよ。慌てて右往左往しながら、思考を端折ってノリと思い付きでやったところで、事態が混乱するだけで、得られるものはそれこそ大きな後悔だけですよ。

考えるべきは考える。その上で迷うくらいのことなら、やればいい。やって失うこともありますが、得られるものは、失うことをはるかに上回る。

だいたいね、100%うまくいくという保証なんてのは、どんなことだってあるワケない。そんなのは、あなただって重々承知のことでしょう。にも関わらず、ただ迷っているうちに、歳だけ重ねてしまうんです。チャンスを自分で遠ざけることになるんです。

まあ、それも言ってしまえば、自分自身の選択と決断なんですけどね。運も社会も政治も悪くないんです。ただその選択の結果が形になっただけ。

とはいえ、何でもかんでもやればいいかというと、それはそれで節操ないだけ。単に無計画なだけでしょう。だからこそ明確な目標を決めておくこと。それを、やることが、あなたの目標に近づくことかどうか。その基準に従えばいい。

後先考えずに、その場その瞬間だけの、刹那的な欲望を満たしたいだけなら、それでもいいが、それも結果的には後で手痛いしっぺ返しを喰らうことになりかねない。

やったところで、目標には近づかない。むしろ遠ざかる。だったらそれは後回し。それこそ今じゃなくたっていい。

そういう意味でも、いつも言っているように明確な目標ってのは、必要不可欠なもので、選択の基準としての重大要件ですよ。そこから逆算して考えれば、今すべきこと、今採るべき選択肢がわかるというもの。

<参考過去記事>
明確な目標を設定して、不安と迷いのない選択をしよう。未来の自分のイメージを基準にすれば、やりたいことをやれる。

目標や、あなたが望む結果と照らし合わせて、やったほうがいいと思うこと。それでも、どうしようかいまいち迷うこと。それはやったほうがいいんです。やるかやらないか迷ったらやるんです。やっても困ったことにはならないから。

あ、困ったことにはなるかもしれない。でもね、それは目標を達成するための必要なプロセス。価値ある経験。何より自分で決断したことだもん。自分で自分に納得できますよ。やるかやらないか迷ったらやる。そう決めておくだけで、できることはたくさんありますから(^。^)y-.。o○

<小川健次本人による動画解説付き>
小川健次個別コンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事