大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

しんどいときは、人に力を貸すと乗り越えられる。自分のことに執着せず、大切な人の想いに応えよう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

■他人を気遣うと、自分のことが見えてくる

生まれてから死ぬまでの間にに、あなたと一番長く付き合う相手というのは、あなた自身以外にいないってのは当たり前。

小川健次Blog

一番長くというよりは、片時も離れることなくずっと一緒。あんなときも、こんなときも、あなたのかたわらには、常にあなたがいたし、これからもいる。

だからこそ、あなたにとっての最大の理解者であり、最大の味方はあなた自身。あなたのことは、あなたが一番良くわかっている。…はず、ではあるが、実際のところは、なかなか自分のことがわからない。自分で自分を理解できなることもある。

自分が何が欲しいのか。自分が本当は何がしたいか。それも自分でわかっちゃいるようでわからなくなる。小川健次メールマガジンでも読んでりゃ、ヒントの一つくらいは見つかるかもしれないが、ヒントはヒントにしかすぎない。

その一方、そうやって、あれこれ自分のことで迷っている割には、他人のことはよくわかる。あの人はこういうことを求めるのかしら。あの人の希望にはこれが合うんじゃないかしら。

他人はあくまで他人。自分じゃないから、適度な距離感で客観的にその人を見ることができる。自分自身のことだと近すぎて、見えなくなるが、他人のことなら距離がある分見えやすい。その人自身が気づかないことに、気づくことができるというもの。

ならば、自分のことで迷ったり、行き詰ったりしたときは、他人に力を貸してあげることですよ。その人の役にたてることを考え、それを実践することなんです。

他人に力を貸そうとするということは、あなた自身のできることできないことを、冷静になって考えられるということ。同時に、その人と自分の差異を冷静に見つめることができるので、自分に足りないものや、自分が求めているものが浮き彫りになる。

だからね、他人に力を貸すというのは、奉仕という崇高な志という意味合い以上に、あなた自身があなた自身の可能性を見出す、チャンスにもなるということ。

自分で何とかしようと頑張ってみても、なかなか出口が見つからない。ならば視点を変えればいい。選択を変えるんです。自分のことばかり考えていたことを、ちょいとスイッチ切り替えて、他人のことを考えてみる。誰かに力を貸してみる。

<参考関連記事>
婚活も恋愛も、行き詰ったら違う方法を選択してみよう。自分のやり方への執着を手放せば、新しい出逢いを引き寄せる。

言うまでもないことですが、他人に力を貸してあげれば、それは、あなたにとってプラスの作用をもたらすだけでなく、力を貸してあげたその人が喜ぶ。その人の幸福になる。あなたもその人も、お互いハッピーになるってもんですよ。

あなたに身近の誰でもいいですよ。まずはその人に力を貸してあげてみたらどうですか。それで損することなんか何もないから。

■視点を自分から他人に移してみよう

思考が行き詰ってるとき。どうも物事がうまく前に進まないとき。往々にしてそういうときってのは、視界が狭くなってるんです。つまりは自分のことばっか考えてる。自分のことばっか責め立て、自分のことにだけ問題意識を重く持つ。だけど解決できなくて苦しくなる。

仕事はもちろんですけどね、男女の関係にしたって、家族や友人との関係にしたって、まったく同じことですよ。

どうもいまいちしっくりこない。どうも関係がぎくしゃくする。何を話しても噛み合わないし、一緒に過ごしていても心落ち着かない。そういうときの、あなたの心情を思い出してみればいいんです。そんときってのは、だいだい自分のことばっかり考えてる。

だからこそ視点をずらす。自分中心から相手中心へ。あなたがどうすれば笑顔になるかではなく、あの人が笑顔になるにはどうすればいいか。そのためにあなたが何ができるか。

すると、視点が変わって、今までと違う発想になる。問題の本質が見えてくる。だから関係がますます良くなる。お互いの信頼関係が深まる。

自分自身の内側だけで悶々としてても苦しだけ。でも視点を変えて、あの人のために何ができるか。あの人を笑顔にするにはどうすればいいか。そんなことを考えるのって楽しいじゃないですか。心躍るしワクワクするってもんでしょ。

うつむいて、あーでもないこーでもないと、自分の世界の中で、見つからない答えを探しているなら、身近な人に力を貸すことです。そこに答えが必ずある。何よりそっちのほうが健全。

あの人の気持ちに寄り添うことで、あの人が本当に必要としている力を、あなたが貸そうとすること。そうしようとするプロセスの中に、あなたにとっての問題解決の答えがある。そしてそれを実践するからこそ、あの人との信頼関係が強くなる。

もちろん、力を貸すといっても、押しつけならウザがられるだけ。あくまでも相手の気持ちに寄り添うこと。相手主体で考える。あなたがこの人のためにそうしたい。ではなく、あの人にとってメリットがあるということ。喜びがあるということが大前提。

<参考過去記事>
気持ちに寄り添うから、言葉があの人の心に届く。心のアンテナの向きを確認すれば、想いが通じ合うときがある。

つらくてしんどい。なかなか現状から脱することができない。自分のこと考えるのに手一杯。むしろ、そんなときだからこそ、他人に力を貸すことです。自分の想いに執着せず、あの人の想いを優先して、あなたができることをやるんです。

まずは、あなたの、身近な人や、大切な人に力を貸せる方法を考える。そしてホントそれをやる。すると、あなたの問題も解決する。あの人との関係も良好になる。本当に大切な人を引き寄せますよ
(^。^)y-.。o○

【想いを正しく伝えるスキルUPのテクニック】


想いが驚くほど伝わるようになる、スピーチ&プレゼンスキルUP術

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京6/21(水) 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事