大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

関係が微妙になるのは、本当にその人を大切に思うかを試されているから。辛くて苦しいのは、本当にそれを欲しいかを試されているから。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

関係が微妙になるのは、本当にその人を大切に思うかを試されているから。辛くて苦しいのは、本当にそれを欲しいかを試されているから。

■あなたはその結果を心から望んでいるかを試されている。

それまでは、すべてがうまくいっていたにも関わらず、ひょんなことから苦しくて心折れそうな事態に遭遇することはある。

小川健次Blog

人間万事塞翁が馬。予想の斜め上の出来事というのは起こる。すべてが台無しになるようなことも、とても乗り越えられそうにないもない壁に阻まれることも、皆どこかで経験する。

当事者としては辛いでしょう。苦しいししんどい。それこそ泣きたくなるし投げ出したくもなる。

でもちょっと待て。その状況は、むしろチャンスかもしれない。あなたの心のありかを冷静になって見つめる機会になる。これまで、そして今のやり方を継続すべきかどうか、一歩引いたところから自分自身を棚卸しする絶好の機会になる。

それを手に入れたい、成し遂げたいというあなたの思いは、そんなことで消えてなくなってしまうものだったのか。苦しい状況だろうがそれを乗り越え、必ず望みの結果を手にしたいという信念が揺らいでいないだろうか。

苦しいとき、しんどいときだからこそ、自分を見つめなおせる。今のやり方を修正する機会になる。そう考えないでただ投げ出してしまえば、それこそそこでさようなら。

要するにね、試されてるんです。あなたの想いがどれだけ強いのか。あなたがどれだけ、それを手に入れたいと思っているのかを。

望みの結果を手に入れられる人、本当にやりたいことをやれた人。そういう人は皆、都度いろいろな局面で与えられた試験に合格してきてるんです。そこで落第しないから欲しい結果を手にしてるんです。

そりゃもちろん、程度の問題もあるでしょう。難易度の差もあるかもしれない。でもね、苦しくてしんどいからといって、投げ出して落第してしまうということは、そのくらいの思いの強さでしかなかったということ。それほど望んでいたわけじゃないということ。

いいですか。逃げ出したいほど苦しいとき。泣きたいほどしんどいとき。それはイコールあなたが試されているときなんです。そこで落第するか合格するか、その境目にいるときなんです。

そこで合格するための方法はただ一つ。投げ出さないことでしょう。あきらめないことですよ。必要な修正を施して前に進み続けることなんです。

それですぐに問題が解決することはないかもしれない。でもね、そこでの経験は必ず未来の糧になる。その辛さや苦しさが、必ずあなたの幸福な未来にとって意味がある。だからとっとと投げ出して席立つ前に、せめて答案用紙を読むくらいはしてみろよ。

<参考過去記事>
心折れる前に、その経験が未来の自分にどんな価値があるのかを考えよう。乗り越えられない試練と、意味のない逆境を与えられることはない。

まあ、その場は放り投げて落第たっていいんですがね。でもそれで別の道を歩いてみたところで、結局またその先でまた辛いことはある。しんどいこともある。そこでもまたテストがあるんです。

生きてりゃいろいろなことに遭遇する。そしてその都度試される。しかもそのテストは、いつもまったく予想していなかったときの、完全な抜き打ちばっかりなんです。

■本当にその人を大切に思っているか。

この手の抜き打ちテストってのは、身近なところでは男女間の問題でよく行われる。まるで予期せぬところから、青天の霹靂のごとく抜き打ちテストがスタートされる。

つい昨日まで、何事もなく平穏無事かつ愛し愛されていた関係だったのに。ちょっとした言葉の行き違い。ささいな誤解。ほんの小さな気持ちのすれ違い。いわゆる軽い事故レベルのことが、あらぬ方向へと展開して、その関係に深い亀裂が入ることがある。

まさに抜き打ち。そこでどう対応するかがあなたに問われてるんです。

もううまくいかないだろう、そうやって諦めて投げ出してしまい別れを告げるか。絶対に失いたくない人だからと、何とかしようとテストに挑むか。繰り返しますが、すべての逆境はあなたが試されるためにある。それを乗り越える想いを持てるか、捨ててしまえる程度の想いなのか。

そもそも、抜き打ちテストに遭遇しない人間関係なんてありませんがね。どんなに長いこと仲良くやってそうに見える関係だって、だいたいみんな過去に試練があった。抜き打ちテストに合格してきた。合格してきたらこそ、より深い信頼で結ばれた関係になってるんです。

パートナーを探している人もそう。理想の相手に思いが届かないなんてことはない。思いを届けようという強い思いがないんです。あなたのその人への思いの強さを試されてるだけなんです。届くまで諦めないほどの強い想いかどうかを試されている。

まあ、思いが届いたところで、華麗にスルーされることもあれば、完全拒絶ということもある。それはもう縁が無かった。それもまた試練。また別の人への想いを抱けるかどうか、本当にパートナーを得たいと思っているかどうかを試されている。

仕事でも恋愛でも、苦しくて投げ出してしまいと思うことはあるでしょう。でもね、それ試されてるだけだから。テストされてるだけなんです。ならば真正面から立ち向かえばいいんです。

信じるんです。必ず乗り越えられる。必ず手に入る。焦らなくても慌てなくても心乱さなくてもいいんです。心落ち着けて立ち向かう。執着心は手放す。良い結果を期待するのではなく、良い結果を確信するんです。

<参考過去記事>
引き寄せの法則で、大切な人との心の距離を縮めよう。執着を手放すから、お互いを尊重し合える関係になれる。

逆境というのも考え方次第で良い機会なんです。自分自身に対しても本当にそれを成し遂げたいのか、本当にその人と添い遂げたいのかを確認することができる。そうなると心から信じているかを冷静に自分自身に問いただせるんだから。

信じることです。あなた自身を。そしてあなたの大切な人のことを。そうすりゃいつどんな抜き打ちテストがやってきても、慌てず冷静に対処できますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事