大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

課題や問題があるのは、もっと良くなる大ラッキーチャンスだから。それを解決すると、もっと大きな幸福を手に入れることができるから。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

課題や問題があるのは、もっと良くなる大ラッキーチャンスだから。それを解決すると、もっと大きな幸福を手に入れることができるから。

■苦しいのはチャンスがそこにある証拠

好むと好まざるとに関わらず、日常生活の中には何かしら解決しなければいけない課題や問題がある。しかもそれはときに理不尽に、ときに自分が撒いた種の結果として起こりうる、

小川健次Blog

ホントは何もないのが一番で、平穏無事が心落ち着く。とはいえ課題や問題は容赦なく降りかかってくるもの。

そうして日々目の前に色々な問題や課題が降りかかってくるってのは、やっぱりあまりいい気分がいいものでもありませんわな。

あれこれて手を尽くして一つ問題を解決しても、また次の一つが降ってくる。あっちを解決したと思ったら、こっちで別の問題が降ってくる。それ繰り返してると、なんだか追われているような気になってくる。ただ焦燥館ばかりが募り、心が落ち着かないし満たされない。

でもね、実はそれってすっごいラッキーチャンス。だって、解決すべき課題や問題がはっきりしているんだもん。ということは、それを解決すればもっと良くなるということ。まだまだ状況や環境を好転させる余地があるということ。

課題や問題があって、それがしんどい苦しい。そんな泣き言言うとこじゃななんです。解決すべき課題や問題が、仮に山積みだったとしても、その問題を乗り越えた先に、必ず幸福があるんだもん。もっと良くなることがもう今の時点ではっきりしてるんだもん。

やるべきことがはっきりしている。取り組むべきことも明確になっている。あとはその課題や問題の解決に、取り組むかどうかの選択すればいいだけ。超楽勝でしょう。

ホントに苦しくてしんどいのは、課題や問題の正体がよくわからないことでしょう。それがはっきりと目に見ないことでしょう。頑張ってるのになぜたか前に進まない。ただ苦しいだけで、出口のない暗闇の中にいるような気になる。

課題や問題が目に見えない、はっきりしない。でもうまくいかない結果が出ない。その現実にイライラ募る。ストレスで心が悶々とする。それがだんだん大きくなっ突然予告もなく爆発する。特に理由もなくすべてを投げ出してみたり、ブチ切れてすべてを台無しにてみたり。

課題や問題がそこにある。それを認識できること。それが仮に山積みであったとしても、それこそ解決が無理難題であったとしても、課題や問題があるということは実はとってもラッキーなことなんです。もっとハッピーになれる予兆なんです。

あなたが何をすればいいのか、そして解決するとどんなメリットがあるのか。それらがわかっている。あとはやるかやらないかの決断だけで済むのだから。

受け容れるべき課題や問題かそこにある。目に見える。なすべきことやるべきことがはっきりしている。それすっごいチャンスでしょう。

<参考関連記事>
事実を受け入れれば、妄想に振り回されず後悔のない選択ができる。固定観念や先入観で決めつけないで、冷静に事実を確認しよう。

なんだ原因はよくわからない。だけど前に進まない。心のヤル気は高まってる。だけど何をどうしていいかわからない。よくわからないけど、辛くて泣きたい。課題や問題が目の前にあることよりもそっちのほうが、よっぽどしんどくて苦しい。

だけど今は課題や問題が目の前にある。あなたのやるべきことは、それを粛々と解決すればいいだけ、そこに悩みや不安も必要ない。だから逆にその原因がわかれば対策もわかる。これすなわち幸福。

■スルーせずに直視すれば問題は解決できる。

課題だろうが問題だろうが、それが今目の前にある事実として認識できるということは、その原因も対策がわかっているということでもある。よくわからないまま、たださまよっている状況と比較してみれば、それは状況が好転しつつある兆候なんですよ。

言うまでもなく、課題や問題だけじゃなくて逆境、すなわりピンチでも同じなんです。ピンチを認識できるということは、何が起こっているかがわかること。だから、今何をすればいいかも。わかっているということ。それはチャンス以外の何ものでもない。

そこで、せっかく状況が好転しつつあるにも関わらず、その解決への取り組みから目を背けるために、見て見ぬフリのスルーするならこれ最悪でしょう。

せっかくの好転の兆しが目に見えているのに、それを見て見ぬふりのスルーするるわけだから、そこで立ち止まることになったとしても、そりゃ自業自得というもんですよ。

解決すべき課題がある。その解決のために、あなた自身が何をすればいいのかもわかってる。でも触るの面倒くさい、触って余計にトラブルになるの厄介だし。なら気づいてないことにしよう。見えていないことにししょう。解決しなかったところ死ぬわけじゃないんだし。

繰り返し言いますがね、例え今は不快だったとしても、課題や問題がある。それが目に見えているということは、大ラッキーチャンスなんです。

課題や問題をスルーするということ、解決を先延ばしにするということは、あなたに何かしら大きなメリットがあるどころか、大ラッキーチャンスをスルーすると同じこと。それを手に入れる機会をみすみす逃すということですよ。

そもそも問題や課題というのは時間の経過とともに悪化する。いざ解決に取り組もうとしたときには、もう手の施しようがないんです。ホントはチャンスだったはずなのに、むしろ放置してたおかげで、腹に余計な爆弾抱えることになる。

だったら課題や問題の文句言ったりしていないで、とっとと解決すればいいじゃないですか。解決すれば身軽になれる、そしてもっと良くなれる。もっと大きな幸福を手に入れる。

心折れてる場合じゃないんです。ボヤいてる場合でもない。むしろ喜び。むしろワクワク感。これ解決すればどんないいことあるんだろう。どんな風にもっと良くなるんだろう。そうやって心躍らせる価値は、課題や問題の解決にはあるんです。

そしてそれらの課題や問題の解決は実際にはそうそう大してことない。あなただったら余裕で超楽勝なことばかりですよ。

<参考関連記事>
あなたの問題は必ず解決できる。しかもすべて余裕で超楽勝。泣いて酒飲んで寝て目覚めたら、心のスイッチを解決に向けて押し倒そう。

まあどうせ解決しなきゃいけない課題や問題でしょう。それについてイライラして文句言いながら、否定的な感情を持って取り組むより、その先にある幸福に心躍らせながら取り組むほうが。解決までのプロセスの効率も、解決によって得られる結果だって違うもの。

ならすべては大ラッキーチャンス。課題や問題があるからこそ、それを解決した先にもっと大きな幸福がある。そう信じてみたらどうですか、それだけで心落ち込むどころか、楽しく前向きに問題の解決に取り組めるようになるってもんですわ(^。^)y-.。o○○

問題をチャンスに転換する心の状態のつくり方

個別具体的な相談はこちらで
小川健次パーソナルコンサルティングサービス
小川健次コンサルティング

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事