大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

今日のあなたは、昨日よりも成長していてチャンスに満ち溢れている。昨日できなかったことでも、今日のあなたにはできるかもしれない。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

今日のあなたは、昨日よりも成長していてチャンスに満ち溢れている。昨日できなかったことでも、今日のあなたにはできるかもしれない。

■昨日はダメでも、今日ならうまくいくことはある

金持ちだろうがそうじゃなかろうが、与えられた時間に限りがあるのは皆同じ。生まれてから死ぬまでという限定されたもの。

小川健次Blog

そして過ぎた時間は元には戻らない。昨日は戻ってこない。1時間前のことはもちろん、5秒前のことだって戻ってこない。時間は過ぎる。どんどん過ぎる。

そうやって時間が過ぎていくだけで、見た目には何も変わっていないようなこともありますがね。それまやかしですよ。変わってる。時間が過ぎるごとに世の中は変わってるし、あなたも、あなたの周囲も僕だって変わってる。

少なくともあなたは昨日より老いている。少なくとも5分前まではあなたは違う何かをやっていた。昨日から今のこの瞬間までに、何かを経験し何かを学んでる。日めくりカレンダーはめくられ、時計の針も進んでる。刻一刻と状況環境は変化し続けているんです。

昨日と今日は違う。さっきと今も違うんです。それはあなただけじゃない、この世の中すべての人に同じように時間が流れ、その流れに応じて変化を続けているんです。

毎日同じことの繰り返しじゃないんです。毎時間同じ世の中なんて存在しない。ならば昨日は失敗したことも、今日なら成功するかもしれない。さっきは難しかったことでも、今なら容易に乗り越えられるかもしれない。状況環境違うんだから結果も変わって当たり前。

だからね、以前に失敗したことがある。昨日はうまくいかなった。んなもんは今それをやらない理由にも、今日それを諦める理由になんかはならないんです。

同じように、明日は今日と同じじゃない。来年は今年のやり直しじゃないんです。今日は確かに失敗したかもしれない。でも明日なら成功するかもしれなし。今年はうまくいかなったことでも、来年なら望みどおりの結果になることだってあるでしょう。

今、そして今日、今年うまくいかなかったことが、明日を諦めたり、未来への希望を捨てる理由になんかなりませんよ。

チャレンジしたことがうまくいかなった。想定したとおりにうまくいかなかった。あの人に受け入れてもらえなかった。そんなことで諦める理由も希望を捨てる理由もないんです。そんなことで思考を止めちゃダメですよ。挑戦することを放棄しちゃダメだって。

あなたも周囲の状況や環境も、過ぎ行く時間に応じて変わってるんです。昨日と今日は違う。5秒前と今も違う。そして今日と明日は違うんです。僕も変わるしあなたも変わる。そこで捨てたり諦めたりしなければ、まだいくらでもチャンスはあるんだから。

もちろん、変わったところで、僕たちの実生活に大して影響ないこともたくさんあるでしょう。ユーラシア大陸が今年一年で何ミリ動いたかで、営業成績に変化があるかといえば、んなもんあるわけない。

でもね、もっともっと身近なところではたくさんの変化が起きている。それをスルーして思考を止めた瞬間はいさようなら。それ昨日やってダメだった。これ今やってうまくいかないからもう終わり。それ繰り返してても進歩はない。チャンスを自分で放棄するだけ。

前はダメだったかもしれない。今はうまくいってないかもしれない。でもそんなのは関係ないんです。そこで心乱すことなく、歩みを続ければ道は必ず開ける。

<参考過去記事>
困ったことがあったとしても、あなたには問題を解決できる力がある。小さな出来事に心乱すことなく、手に入る未来の幸福をイメージしよう。

今は苦しいかもしれない。だからといって明日も苦しいとは限らない。過去にうまくいかなかった。でも今だったらうまくいくかもしれないでしょう。

思考を止める。諦める。そうしてしまえばそこで終わり。しかもわずか一度か二度くらいのチャレンジで終わってしまえば、その先はゼロ。過去は過去で今は今。未来は未来なんです。違うものとしてチャレンジしてみればいいじゃないですか。

■昨日のあなたと今日のあなたは違う。

過去の失敗。昨日のミス。そんなことは今チャレンジしない理由にはならない。そして今の失敗や挫折。それは明日や未来に希望を抱けない理由にもなりませんよ。

んなことを理由にして、諦めていいくらい、捨ててしまっていい程度の想いだったんなら、最初から何もすんな。そのほうがマシだわ。

時間は過ぎているんです。状況環境は刻一刻と変化しているんです。ならばそれに応じて、いくらでもチャレンジできるんです。その機会はいくらでもある。そして再チャレンジすることで以前とは違う、良い結果が生まれることなんてよくあること。あなたもそういう経験あるでしょ。

まるでうまくいかなった企画でも、諦めずに再度やってみたら大成功するなんてことはある。昨日は何を言っても受け容れてくれなかったあの人が、今日はなぜだか明るく話してくれることもある。昔はまるで評価されなかったものが、今になって高い評価を受けることもあるんです。

どんなことでも自己責任。すべての出来事は自分の心の影。これ基本。

とはいえ、自分の力の及ばないことはある。世の中の神羅万象すべてに影響を与えることはできないんです。自分の力の及ばないこと、その場そのときの状況環境に左右されざるえないことはありますよ。でもね、その場そのときその状況環境は、刻一刻と変わり続けている。

ならば諦めずにその変わり続ける動静を、しっかり見続けること。一度や二度失敗しようが気持ち折れずに、気を見て再チャレンジをすること。だからプロセスとしては紆余曲折があったとしても、最終的に思考が現実化することになるんです。

以前ダメだったからまた同じこと。今ダメなんだから、今後ももうダメ。明日も今日と同じことの繰り返し。そう考えて中途半端に投げ出してしまえば、それこそホントに何も変わることなんてない。言ってみれば変わらないのではなく、変えない選択してるだけだから。

繰り返しますがね、昨日と今日は違うんです。昨日ダメでも今日に試してみる価値はある。今日がダメでも、明日以降にはまたいくらでもチャンスはある。

ときには、環境状況の変わり目からチャンスを見いだせるようになるまで、ジッと待たなきゃいけないこともあるでしょう。機をあらためても同じように何度も失敗を繰り返すことだってあるかもしれない。それでも時間とともに状況環境は変わってる。だからチャンスは必ずくる。

ホントに実現したいと思うことならば、そこまでやればいいんです。ホントに納得いくまでやればいいじゃないですか。それでもホントのホントにダメ、もしくはそこまでしてまでやろうと思わない、ということであれば、そんときゃ別の道に進めばいい。

<参考過去記事>
辛くて苦しいだけのことなら、辞めて別の道を歩めばいい。無意味なことを無理して耐えるなら、別の選択をしたほうが幸福になれる。

言うまでもなく、自ら反省も改善の努力もしないで、状況や環境や他人を理由にして、ただ同じことだけ繰り返すのなら結果に大差はないですよ。そりゃ単なるアホでしょ。経験から学びを得て、それを活かした再チャレンジするから違う結果になるのだから。

昨日のあなたと今日のあなたは違うんです。昨日ダメだったことも今日ならできる。今日ダメだったとしても明日ならできる。だからチャレンジすればいい。明日に希望を抱けばいい。下向く必要なんてない。止まる理由はどこにもない。

まずは今日、過去がどうだったかに関係なく、新鮮な気分であれこれチャレンジしてみればいいんです。それだけで思わぬ良い結果を引き寄せますから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事