大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

思い込みへの執着を手放して捨ててしまえば、やりたいことがやれる。あなたの思考と行動を縛りつけているものは、すべてあなたの心にある。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

思い込みへの執着を手放して捨ててしまえば、やりたいことがやれる。あなたの思考と行動を縛りつけているものは、すべてあなたの心にある。

■抱え込むほど価値があるかどうか。

できることは全部やっているはずなのに、なぜだか事態は前進しない。これまでとは違うことに取り組んでいるはずなのに、なぜだかずっと同じところから動けていない。

小川健次Blog

やってもやっても成果が得られなければ、やがてヤル気も下降線。結果そのうち何もしなくなる。

私はこれだけやってるの。俺はさんざんやってんだ。だから悪いのはあいつだ、こいつだ。状況が悪い、環境が悪い、政治が悪い、運が悪い。と言いたくなる気持ちもそりゃあるでしょう。でもね、そう結論付けるのはちょっと待て。

ホントの本当にできることを全てやっているのか。本当にこれまでと違うことにチャレンジしているのか。自分で勝手にやり切った気になっていることはないか。

それ誰がどうみても、ホントにやり切ってるよね。そこまでやってるなんてスゴイね。と言われるほどのことかどうか。あなた自身はやってると思ってはいても、冷静かつ客観的に見たときに、実はそれほどでもなかったりすることはないか。

そう考えてみるとね、実はまだまだできることって、あったりするんです。これまでと違うことに取り組んでいるようで、実は同じことを繰り返してるだけってこともある。

確かに頑張ってる。力は尽くしてる。でもそれ自分の世界の中でだけなんです。自分の思い込みの範囲の中でだけ。無意識のうちに、その世界から飛び出さないように、自分で自分を鎖で縛りつけてるんです。自分で自分を抑え込んでるからですよ。

過去の経験に基づく固定観念や先入観。いわゆる成功体験や失敗体験。それらを基にした、プライドだとかこだわりだのような、一銭の得にもならないようなもので、自分で自分をがんじがらめに縛り付けているだけなんです。

以前はこれでうまくいっていた。だからここは絶対に変えちゃいけない。そこまで違うことをやると、周囲の人におかしな人だと思われるから、このくらいがいいだろう。みたいな。

結局のところ、力を尽くしているようで、チャレンジしているようで、それをやりきれてないんです。過去にすがっていたかったり、周囲の目を気にしていたり、こだわったところで何も生み出さないようなことにとらわれて、同じところの堂々巡りをしてるんです。

もちろん、自分の世界がそんなに大切なら、大切にすればいいじゃないですか。わざわざ無理してそこから飛び出す必要もないでしょう。仮に堂々巡りだとしても、堂々巡りが好きなんだから。それはそれでいいんです。

でもね、その殻を打ち破ろうとするのなら、尽くした力に相応しい成果と恩恵をその手にしたいと思うなら、過去がどうだったか、周囲がどう思うか、

そ ん な こ と へ の 執 着 心 は と っ と と 捨 て ち ま え。

何かを得ようとすることは、それまでの自分から脱却するということ。チャレンジするということは、今までの自分にはできなかったことをやるということ。その覚悟を持たない限り、同じことの繰り返しだけで時間が過ぎる。

<参考過去記事>
過去の自分のやり方にこだわらなければ、チャンスは無限にある。自分を変える勇気を持てる人だけが、望みの結果を手に入れることができる。

そこであなたを縛りつけているものは、ホントにあなたが守るべき価値のあることなのか。あなたが望む成果は、目先で執着しているものより価値がないものなのか。

もし違うなら捨ててしまっていいんです。手放してしまって大丈夫。どうせ守ってたって大して得にもならないんだし。そうすれば、迷いなくやりたいことがやれる。できることの範囲が広がる。思い切ったチャレンジが迷いなくできるようになる。

■自分で踏んでいるブレーキから足を離そう。

なんとく失うのが怖い。なんとなく不安を感じたくない。いい人に思われたい。過去の栄光にすがっていたい。それを抱え込んでいたまま成果が出るんなら、抱え込んでいればいい話し。それがホントに価値あることだと確信しているなら、手放すことなく執着していればいいでしょう。

でもホントは大して価値など感じてないでしょ。価値どころから不要だとさえ思ってるでしょ。手放したところで影響なんかないことだってわかってる。

ならば手放す。捨て去る。そんなことにこだわってても、前に進めないだけですよ。自分でアクセル思い切り踏んで、同時に自分でブレーキ思い切り踏んでるです。でも、そのブレーキの正体ってのは、実のところ取るに足らないことばかり。

そんな守る価値もない目先のことへの執着は手放して、その先にある本当に望む結果をイメージすればいいじゃないですか。

もちろん、全部を捨てて手放す必要はない。誰にだってこれだけは手放せない、死んでも譲れない。何がなんでも守らなきゃいけない。そういうことの一つや二つはあるでしょう。別にそれを捨てちまえとは言ってない。それはそれで持ってりゃいいじゃないですか。

とはいえ、そこまで守らなきゃいけないと思うほどのことって、実は言ってるほど無いでしょ。どうしても譲れないことなんて日常生活の中ではそんなにないでしょ。

ただ言いたいだけで、無責任に口出すだすだけの周りの人。今さらエラソーに語ったところで誰も聞いてくれない過去の成功や失敗体験。そして時間を無駄に浪費しているだけで、何も生み出すことのない馴れ合いだけの人間関係。

そんなもんを捨てて手放したって、どうってことないんです。まるで影響ない。少しくらいの喪失感はあるかもしれませんが、得られる成果と比較すれば取るに足らないことですよ。そんなもんへの執着はとっとと手放して、記憶の彼方へさようなら。

まあ、何でもかんでも捨てたり手放したりすれば、すぐに結果が出るかといえば、そういうわけでもない。でもね、少なくとも今より前には進むから。今より心はずっと軽くなる。

心のブレーキが外れるから、思考が広がる。鮮明なイメージが膨らんできて、それを実現するための行動が生まれる。目先のことに右往左往することなく、自信を持ってワクワクと心躍らせながらイメージを現実化させていくことができるようになる。

<参考過去記事>
あなたのイメージした結果が引き寄せられ、思考は現実化する。良いことも悪いことも、すべての現実はあなたの心の影。

心のどこかで気にしていること、こだわってること。捨てられないもの。守っているもの。そのほとんどはホントのところどうでもいいことばかり。それ手放す、それ捨てる。それだけのことで、いくらでも前進できるし、欲しい結果が手に入る。

頑張ってる、チャレンジしてる。なのにどうも前進してる気がしない。なぜか同じところの堂々巡り。そのときは、自分がどうでもいいことに執着していないかを振り返ってみればいい。

原因はあなたの心の中にあることですよ。無意味なこだわり。固定観念や先入観。失敗体験や成功体験。自尊心を傷つけらる不安や恐れ。他人からの批判の恐れ。そんなもん捨てて手放してしまえば、どんどん物事は進むようになりますから。(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事