大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分をコントロールするより、コントロールできない自分を知ろう。キレて大切な人を失うくらいなら、そこから離れて頭を冷やそう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分をコントロールするより、コントロールできない自分を知ろう。キレて大切な人を失うくらいなら、そこから離れて頭を冷やそう。

■心のネジは突然外れる

どんな事態に直面したとしても、自分を見失うことなく、平静に自己をコントロールすることで、粛々とコトに取り組めれば一番いい。

小川健次Blog

周囲から聞こえてくる、どうでもいい雑音を心で遮断することで、緊張とリラックスをバランスよくコントロールし、最高の自分を発揮できるなら、それが理想ですわ。

とはいえ、現実の日常生活では、大なり小なりいろいろな問題、他人の言動、目や耳にするさまざな情報を通じて、不安やストレスを感じることがある。その不安やストレスで、思い通りに自分の心を動かせないことってもあるでしょう。

客観的に見てみれば、実はどうでもいいような小さな出来事。後になって考えてみれば取るに足らないほどのこと。でもその場そのときその瞬間の当事者としては、そんなことでも心に波風がたち、不安やストレスで自分を見失ってしまうもの。

どんな人でもね、四六時中、鋼のメンタルを維持できるかといえば、なかなかそうもいかないもんですよ。心に波風立ってドキドキしてどうにもならいことはある、自分を見失いそうになることもある。僕もあなたもあの人も。

仙人じゃあるまいし、どんなときでも心に波風立てないなんて無理ですよ。不安や心配になるのもある意味普通。そりゃあね、そうならない努力はしないといけない。どんなときであろうと自分を見失わない、自分を制御する力を養い続けるというのは、誰にとっても一生の課題でしょう。

だいたいね、感情のブレがあったり、どこかで心が揺れたり波風立ったりくらいのことがなきゃ、人としての面白味にも欠けるというもの。僕の小川健次メールマガジンを読んでちょっとムカついたり、フフってなるくらいはいいんです。

だから大事なことは、感情が揺れたり、心に波風立ったりしたときでも、そのまま転覆してしまったり、暴走したりすることがないようにすることですよ。最後のところで絶対キレない。これ以上はダメというところは、何があっても踏み越えない。

さんざん追い込まれても。自分を絶対に見失わない。ヤバいキレそう。ちゃぶ台ひっくり返して全部ダメにしていましそう。抜き差しならないことになること言ってしまいそう。目の前の大切な人を深く傷つけてしまいそう。それでも自分を抑え込めるかどうか。

そういうときって、頭のどっかで警報が聞こえてるでしょ。ちょっとあんたヤバいよ。そのままいったら危険だよ。そういう警報が頭のどこか遠く聞こえてきたら、少しばかり間を取りましょうよ。

要するに距離を開けるんです。物理的にはもちろんのこと、精神的にも、時間的にも。

とにかく頭と心がクールダウンするまでは、その問題から離れる。その人とも離れる。何かしようとしても何もできないくらい遠くに。大声で叫んでも声が届かないところ、手を出す気にもならないくらい離れる。するとそのうち警報が鳴り止みますかあら。

それで一時的には積み上げたものがゼロになるかもしれない。でもそのほうがまだマシですよ。そのまま離れずにいて暴走すれば、ゼロどころかマイナスになるだけ。それこそ完全に救いようのない事態に陥るだけだもん。

<参考過去記事>
一度すべてをゼロにしたほうが、ゴールに近づくこともある。ゼロにできる勇気を持てれば、もっと大きな幸福がその手に入る。

自分を見失い、感情に流されてる状態で何をやろうが、何を言おうが、そのほとんどはロクでもない結果にしかならない。だったら自分を完全に見失うより前に、そこから離れる。脳と心がクールダウンするまで、そこに手を出さない。何も言わない。

あなたにしてみれば、あのときは冷静じゃなかったから。そういう言い訳をしたい気持ちもわからなくもないですが、結果として言ってしまった、やってしまった。その後に何を言っても取り返しはつかないでしょう。ごめんで済んだら警察いらない。

■警報聞こえたら一回離れる

誰でも平静さを失うと、後になって考えてみれば、何でそんなこと言ったんやろ? あそこで何でそんなことやっちまんたんや? と、別に酔ってたワケでもないのに、自分でさえ疑問に思うようなことを平気でやったり、口にしたりしてしまうもの。

だったら、自分の心が平静を保っていられなくなりそうなときは、まずそのことから離れるんです。近づかないことです。それが絶対に失いたくないほど大事なもの、大切な人のことだったら、なおさらのことですよ。

どんなに自分をコントロールすることに自信のある人でも、コトと次第によってはいくらでも平静さを失うことがある。人は自分の感情からは逃れられない。だからそういう自分は大事なものから隔離する。平常なときにまた近づけばいいだけなんだから。

そういう意味では、ホントに自分自身のことをわかっている人は、そういう自分の弱さを認めてる。だから自分の心がヤバいと思ったときは言葉を発しなくなるし、自分の心を乱すことからはスパっと離れることができるというもの。

日常の些細なことで口論になる。すれ違いから誤解が生じてイライラが募る。それがある日爆発して、心の平静さを失う。ムカついてただ相手をただ詰めだす。そして本心では思っていなくても、相手が傷つくことやウザがることをつい口にする。

あなたがそういう態度でくれば、相手も同じようにブチ切れる。発した言葉があなたの本心であろうがなかろうが、そのときのあなたの心が平静であろうがなかろうが、それを言われた相手にとってみれば関係のないこと。そして最後はお互い傷だらけになってさようなら。

せっせと積み上げてきた仕事。あるところから思うように進捗しなくなってムカムカし出す。おまけに外野から無責任なこと言われてブチっと切れる。そしてせっかく積み上げてきたものを、盛大なちゃぶ台返しでさようなら。

そういうのって、誰にとってもハッピーじゃないしょ。あなたはもちろん、関係するあの人も、それこそ大切な人だって胸糞悪いだけ。誰の心にも後悔しか残らないし、みんな納得いかない腑に落ちない。

だから繰り返し言いますが、イライラが募ってきたとき、ムカついてキレそうなときは、自分から距離を開けるんです。それ以上は会話をしない。それ以上はそれやらない。そのときはとにかく、距離をとってクールダウンするしかないんです。

必ず、あなたにも、これはヤバいwwという警報が聞こえるはず。そのときは間を取る。距離を開ける。大事なもの大事な人であればあるほど。

間を取ったり、距離を開けることで、目の前のことが中途半端になってしまい、いろいろ誤解されることもあるかもしれない。でもね、それはちゃんと解けるから大丈夫ですよ。あなたがホントに大切にしたいものを、守るためだったことは、いずれわかってもらえるから。

<参考関連記事>
本当に大切な人を心から信じられれば、誤解も消えてなくなる。想いは必ず届くから、不安に思ってジタバタしなくても大丈夫。

僕たちは自分で思っているほど、自分をコントロールできていない。平静さを失って、どっかで突然ブチっとキレることはある。それがたった一回のことだったとしても、それですべてを台無しにしてしまうことも、大切なものは人を失ってしまうことがある。

頭のどこか遠くのほうで、警報聞こえてきたら要注意。そしたら一旦シャッター降ろして閉店ですよ。いろいろ整理してからまた店開ければいいだけなんだから(^。^)y-.。o○

自分の心をコントロールするには

・大阪12/03(土)
・東京12/17(土)
『愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座』
愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事