大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

事実を受け入れれば、妄想に振り回されず後悔のない選択ができる。固定観念や先入観で決めつけないで、冷静に事実を確認しよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

事実を受け入れれば、妄想に振り回されず後悔のない選択ができる。固定観念や先入観で決めつけないで、冷静に事実を確認しよう。

■根拠ない妄想からは後悔しか生まれない

これといった明確な根拠もなく、心がざわつくことがある。一種のひらめきと言えばいいのか、それとも妖気を感じているのか、心が何やら「ピーン」とくるのを感じたことってのは誰にもある。

20161019iruka

別に何かはっきりした理由があるわけじゃない。なんだかよくわからないけど、そのインスピレーションは、ときに正しい答えに僕たちを導いてくれることがある。

霊的な何かなのか、潜在意識レベルでの心の声なのか、いずれにしろ、ある日突然降って湧いたように、自分の中から答えが出たのであれば、それはそれとして何か意味のあることなのでしょう。ならば従ってみても損はない。

いや、いきなり従うのはちょっと待て。そもそもそれホントに自分の心の声か? ホントのホントに正しいことなのか? 闇雲に動く前に少し考えてみればいい。

あなたが目の前の課題に対して、考えに考えきった。論考を積み上げきった。そうやって心の中でさんざんこねくり廻して、熟成された後、あともう一歩足りない何か、ほんの少しのきっかけとして心の声に従うならばいいんです。土台ができてるんだから、それを活かして答えに近づける。

そういう土台もなく、単なる過去の経験からくる固定観念や先入観。客観的事実によって裏付けられていな憶測。そんなもんは直感でもインスピレーションでもありませんがな。

あなたの目の前にある事実、目の前にいる人を、まず冷静かる客観的に見ることですよ。憶測を排して、事実のみに基づいて受け容れる。

目の前の初対面の人。言葉遣いが乱暴で印象悪い人。でも冷静に見てみれば、細やかな気配りをすごくしているという一面も事実としてある。そう捉えることができたならば、その人との関係の作り方について、いろいろ考えることができるというもの。

直観に従うのは大事ですよ。あれこれ理屈で考えて答えが出ない場合は特に、最後の最後は好きか嫌い、好む好まざるくらいでしか根拠がないんだから。

<参考過去記事>
インスピレーションに従って、好きか嫌いで決めていい。納得感のある選択と決断をすれば、欲しい結果を引き寄せる。

でも、まずは起こっていることを、起きた事実を事実としてありのままに見て、一度冷静に考えてみるのも大事。インスピレーションに従うというのは、過去の固定観念に捉われることじゃない。現実に目に見える根拠をスルーするということじゃないんだから。

過去の固定観念に捉われないことですよ。先入観に捉われたり、根拠のまるでない妄想にとらわれたまま、物事を判断すればそれは後悔にしかならない。

■客観的事実を把握しよう。

どんなに予断を排して、客観的事実を積み上げようが、それでも最後の最後の結果はわからない。人間関係だって仕事だってホントの答えは未来にしかないんだから。どんなに緻密な計算も計画も、確定的な結果はそのときになってでしかわからない。

そこまで考えきった。客観的事実を積み上げた。なら最後の最後は自分の心の声でいいうじゃないですか。後はもう「えいやっ」でいいじゃないですか。というよりそれ以外に無いでしょ。

課題や問題に直面した、ちょっとネガティブな風評を聞いた、ポジティブなことを目にした。なんてことだけで右往左往しないで、一呼吸置いて事態をちゃんと冷静に見ることですよ。まずは事実を確認することですよ。

良いものも悪いものも存在しない。誰かがそれを良いか悪いかと意味づけと解釈をするから、そういう価値判断をするから、良いか悪いかの価値が生まれるだけでしょう。

だからこそ脊髄反射で闇雲に一喜一憂したり右往左往せず、まずは客観的事実を事実としてありのまま受け入れることですよ。その上でいろいろ意味づけと解釈を加えていけばいいんです。憶測と妄想が暴走する前に、まずは事実を確認することですよ。

繰り返し言いますが、事実をまるでスルーして憶測と妄想のみで決めるのは、直観とかひらめきと言わないから。それ単なる思考停止だから。

あの人は私のこと好きじゃない。ってそれ客観的事実に基づいての判断なのか。あの仕事はうまくいくわけない。いや、だからそれ、客観的事実をよく見て詳細まで把握した上で、言ってんの?

そりゃ誰だって、固定観念や先入観をすべて排除することはできないでしょう。特にそれがネガティブな過去であれば、未来に対しても、事実よりネガティブな憶測と妄想のほうに、思考の針が振られてしまう。だから何もできなくなる。動けなくなるし不安ばかりが大きくなる。

だからね、まずは良いも悪いも関係ない。好きか嫌いかは関係ない。そこにある事実。何が起きているか。あの人は何をどう考えているのか。事実を事実としてまず把握する。その事実が、未来の良い結果に結び付くにはどうすれば良いかを積極的かつ建設的に考えればいいじゃないですか。

そこを全部すっ飛ばして、あ、やっぱり無理。できない。あの人には嫌われた。私はうまくいかない。そう決めつけてしまえばホントに終わりですよ。思考も行動も。それこそホントにやりたかったことも、大切な人との関係も、そんな妄想と憶測が原因で終わってしまう。

それで納得できるならいいんです。それが後悔しない判断だと確信もてるならそれでいい。でもそうじゃないなら、まずは事実を確かめてみたらどうですか。

<参考過去記事>
今日あなたが死ぬとしても、同じ選択をすることに迷いはないか。もう永遠に訪れないチャンスでも、言わないやらない選択に後悔はないか。

インスピレーションは大切ですよ。自分の心の声は問題を解決してくれることもある。でもそれは、固定観念や先入観に基づく憶測や妄想に支配されるということじゃない。冷静に現実と向き合ったその上に、積極的な考えが積み重ねた先に初めて信用できるもの。

それにね、まず事実をしっかり確認するようにすれば、余計な妄想でイライラしたり、小さなことで不安になることもなくなりますよ。だから結果的に心が満たされるし、人間関係も仕事もうまくいくようになるってもんでしょう(^。^)y-.。o○

■小川健次特別セミナー ※大阪会場は間もなく満席
・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事