大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

理想の未来と生き方をイメージしていれば、理想のご縁を引き寄せる。未来と生き方の価値観を、お互いが共有できる人との関係を大切にしよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

理想の未来と生き方をイメージしていれば、理想のご縁を引き寄せる。未来と生き方の価値観を、お互いが共有できる人との関係を大切にしよう。

■人には誰しも足りないところがある

一生を添い遂げる、まではいかないにしても、長く同じ時間を過ごす相手であれば、そりゃやっぱり理想どおりで完璧な人が望ましい。

小川健次Blog

何をもって完璧かというのは、個別具体的に議論の余地はあると思いますが、それでも一般的な完璧さを備えた人なんてのはそもそもいない。

一見すると完璧そう、初対面の印象ではこれ以上ないくらいの上質物件。そう思える人と出逢ってみても、実際に関わり深くなってみれば、それまで見えてこなかったあれやこれやが見えてくる。

どんなに事前に慎重に確認してみても、付き合ってみたら誰でにもあるような欠点や欠陥なんてのはあるもんですよ。もちろんお互いにとってどうして譲れないことが衝突の火種になることだってあるかもしれない。こればっかりは人間だもの。しょうがない。

どこの誰がいつどうやったって接っしても、誰一人として批判することがないような、完全無欠の人間なんてのはいませんよ。

まあね、そんなことは実はみんなわかってる。あなただって、ここで僕に言われるまでもなくわかってる。わかっちゃいるのに、自分が関わる人、身近な人、パートナーには自分の理想に完璧であることを求める期待する。

いや、求めるのはいい。期待もしたっていいんです。ビジネスであれ、結婚・恋愛相手であれ、限られた人生という時間の中でせっかく関わる相手なら、できる限り理想の相手と関わりたい。まるで価値を生み出さない関係は極力避けたいと思うもの。

でもね、繰り返し言いますが、どんな人でも必ずどこかに欠点がある。足りないと感じるところもあれば、合わないところだってあるでしょう。

そこで理想への期待にばかり執着すると、欠点や足りないところに目が向かう。理想に対して何がどう違うのかということばかりを考えるから、思考が後ろ向きになって、せっかくの出逢いの縁もブチ壊し。

しかも、そのダメな理由のほとんどは、実際には恐ろしいくらいどうでもいいことばかり。あれが足りないこれがダメ。減点法で考えるから、重箱の隅をつつくようなことも気になって、相手への関心がどんどん薄れる。どん冷める。そしてどちらからともなくさようなら。

そうして、絶対出逢うことのない、夢物語の中の完璧な理想の人、記憶の中で勝手に美化された、昔の彼氏や昔の彼女、前の亭主や前の嫁を求めて、一人飲んだくれながら街をさまようハメになる。

<参考過去記事>
過去を手放して心を自由にすれば、できることは無限にある。過去のあの人に執着しなければ、理想の出逢いと未来が手に入る。

理想は理想でいいんです。完璧を追い求めてもいいですよ。でも現実とのギャップってのも必ずある。それに直面したときに、そのギャップをどうやって乗り越えるかを考えないと、理想のパートナーどころか、心寄り添え合える信頼できる仲間さえできなくなりますよ。

その繰り返しをしているうちに、ますます焦って執着しまくりドン詰まり。余裕かましていられたのは遠い昔の想い出話し。今や目をギラつかせた狩人と化して周囲はドン引き。皆がインパラのように飛び跳ねながら逃げていく。

■理想の生き方が理想の人を引き寄せる

理想と現実との違いはある。それは認めなきゃいけないでしょ。その上で、足りないところも含めてトータルとしてプラス評価で、その相手を認められればいいじゃないですか。

とはいえ、それだと結局は減点部分に対しての「妥協」という消極的な印象は拭えない。いまいち気分としても盛り上がりに欠ける。まあ「妥協」でもなんでも相手がいればこの際はどうでもいい。そういう割り切りなら、それはそれでいいのでしょう。

でもせっかく長く付き合おうと思う人、信頼し合い、寄り添い合いながらともに苦楽を伴にしようと思える人。そういう人との関わりを求めるならば、そういう人をイメージするのと同時に、そういう人との理想の「関わり方」や「付き合い方」も考えておくことは忘れちゃいけない。

そもそも、あなたがどんな理想の未来をイメージとして描いているのか。そしてその未来を実現するには、どんな人とどんな付き合い方をればいいのか。そしてそのために、どんな刺激をお互いで与え合う必要があるのか。

順序が逆なんです。まずはあなたが描く理想の未来がある。理想の生き方や死に方があるでしょう。じゃあ、それはどんな人となら実現できますか。

理想としての個人の性格や能力、社会的地位や財力ばかりを考えるから、現実と照らし合わせたときに、足りないところや、自分と合わないことばかりが気になってしまう。

誰だって良いとこがあるのと同じように、足りないとこもあるんです。でもその人個人にばかり着目するから、足りないところばかりが気になって、ただただ冷めてしまってさようなら。それも早い時点で気づけばまだマシですが、それこそ後になってから気づいてたら目も当てられない。

別に飲み友達や、適当な馴れ合い関係になりたいだけなら、それでいい。理想に合うとこだけ合ってりゃいいんです。足りないところにはどうせ踏み込まない。そういう大人の付き合いならそれはそれでいいでしょう。

一方で、恋愛や結婚はもちろん、新しいビジネスを立ち上げるときだって、今後苦楽を共にしていこうと思う相手、自分の生き方や考え方に重要な影響を与えかねないパートナーとは、綺麗事だけの上っ面の付き合いじゃ済まないでしょう。

だからこそ、考えるべきなのは、あなた自身がどんな未来を手にしたいかをはっきりさせることですよ。その上で、それを伴に実現できる人はどういう人かをイメージする。あとは目の前の人がそのイメージに合うかどうかだけでしょう。

もちろん、それにはあなたも、その人が描く未来に対して、どう貢献できるかも考える必要はありますがね。

<参考過去記事>
理想の人の求めに応じられるから、理想の人とのご縁がつながる。愛を注ぐことができる人には、愛を注いでくれる人が引き寄せられる。

目の前の人が好きだ嫌いだ、理想に合うか合わないかってことはちょっと置いておいて、お互いの理想の未来にとって価値ある関係になれるかどうか。そんな基準で考えてみてはどうでしょう。

最後は縁次第というところもあるんでしょうが、それでも自分の理想の未来、そして生き方をはっきり持っている人ってのは、余計な執着や見返りへの期待も手放せてるから、結果的には求めた通りの理想の縁が引き寄せられるってもんですしね(^。^)y-.。o○

<理想のパートナーとのご縁を引き寄せるには>

■小川健次特別セミナー
・東京10/15(土)・大阪10/22(土)・名古屋11/12(土)・鹿児島11/19(土)
『理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則』
理想のパートナーを引き寄せるご縁の法則

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事