大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

断わられても、自分を否定されたと思わなくていい。頼みごとを素直に言えると、皆に応援してもらえる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

断わられても、自分を否定されたと思わなくていい。頼みごとを素直に言えると、皆に応援してもらえる。

■断わるのは、あなたを否定しているからじゃない

その人が身近かどうか、親しいかどうかに関わらず、ちょっと力を貸して欲しいと思うことがある。人に頼み事をしたいときはある。

小川健次Blog

もちろん、それを快諾してもらえることもあれば、あっさり断れることもありますよ。

断わった人にしてみりゃね、別に他意があってのことじゃない。単に忙しかっただけ。それはその人の力になれなかっただけ。あなたにいろいろ都合があるように、その人にだって都合がある。聞けるお願いもあるでしょうが、聞けないお願いだってある。

僕でさえ、個別コンサルティング&コーチングを通じて、あなたの力になりたいと思うことはある。でも現実にはできないこともあるし、聞けない要望もある。そりゃ僕も超能力者じゃないし。魔法使いでもないんだもん。

だからね、あなたの頼みに対して、NOが返ってきたとしても、その人があなたを嫌ってるからNOと言ってるワケじゃない。あなたの力になりたくないワケでもない。

だいたいそこまで、あなたのことを嫌ってるなら、そんなの空気でわかるでしょう。露骨にそんな空気を醸し出している人に対して、あなただって頼み事をしないでしょうし。

NOで返ってきたところで、気にする必要なんてないんです。その場そのときその状況で、その人はNOとしか返せなかった。あなたの頼みの内容に対して、力になれないと思った。ただそれだけのこと。その場そのとき、その内容が噛み合わなかっただけなんです。

別にあなたがどうこうじゃない。それこそ好きも嫌いもない。無理だから無理。ただそれだけのこと。

それでもNOと言われりゃ気が凹む。自分自身を否定された気になってしまう。嫌われてるんじゃないか。そういうネガティブな感情に心が支配されてしまう。

そうして、断れるのを恐れるあまり、何も頼めなくなる。いや、頼めなくなるくらいなら、まだいいが、その人に否定されるのが怖くて、自分の意見を言えなくなる。ホントの自分を出せなくなる。そうして気づいたときは、お互いすれ違いばかりでストレスMAX。

あのね、逆の立場で考えてみればいいじゃないですか。あなたが誰かに頼みごとされたときに、その人を否定するためにNOなんて言わないでしょ。その場そのときに応じて、聞ける頼みは聞くし、聞けない頼みは聞けないからNOと言う。ただそれだけですよ。

だから人に頼みたければ頼めばいいんです。頼むことをしないで、自分一人で何とかしようとするから、結果、できることにも限界が生まれる。でも、頼んで力を借りるだけで、できることの可能性は、いくらでも広がるでしょ。

<参考過去記事>
協力者に力を借りれば、できることはたくさんある。本気になれば、あなたを助けてくれる人はいる。

頼んでも断われることはある。でも、だからといって、その人があなたに対してどうこう思っているわけじゃない。あなたの頼みに対して、NOである。ただそれだけ。それ以上も以下もない。勝手にネガティブな意味づけと解釈をしているのは、あなただけ。

それにね、仮にその場は断られたとしたって、あなたの求めていることが人に伝わる。するとその人じゃなくたって、別の誰かが力になってくれるかもしれない。頼んだその人だって、今は無理でも、別の機会であれば頼みを受け入れてくれるかもしれないでしょ。

■NOとは言ってもあなたを応援している。

NOと言われるのがイヤだなあ。そう思って何も言わなければ、思考と行動もそこでストップ、それ以上先に進むことはない。あとは自分でやれることをやるしかない。

でもね、力を貸して欲しいと言ってみる。頼みたいことを頼んでみる、それは、あなたの想いや、あなたの現況について、身近な誰かにちゃんと伝えるということでもある。言うから相手もわかってくれる。そこでお互いの相互理解が深まるんです。

だいいち、NOと言われて、プライドがどうのう、否定される気がしてどうこうなんてのは、あなた自身の意識が、本来向かうべきところに向かっていないからですよ。

そもそも、断われるかどうかなんてのは、本筋とは関係のないことでしょ。本筋は、あなたが、やりたいこと、やるべきことがあり、それを実現するために、その人の力が必要だということ。その人に力を借りたいということじゃないですか。

要するにね、断れるのがイヤだから、なんてクソつまらない理由で、頼むのを逡巡する。本来やるべきこと、やりたいことより、その場でのプライドがどうこうなんてことを気にする。ってことは、そもそも頼む価値さえないことってことでしょう。

だから、その空気が相手に伝わる。あ、別に俺じゃなくてもよさそう。あ、私が手を貸さなきゃいけないほど、この人は別に真剣じゃなさそう。だったら軽くNOと言っとけ。面倒そうだし断わっておけ。そうしてNOがあなたに突き付けられる。

あなたがホントに頼むべきこと。頼んででもやるべきことなら、NOを恐れる必要なんかないでしょ。NOと言われたところで、あなたの本気の想いが伝われば、上でも言ったように別の形で力になってもらえることもある。そもそもあなたの想いを否定する人なんかいないから。

NOと言ったかどうか。そんなことで壊れるような人間関係でもないでしょ。まあ、それくらいで壊れる関係なら、どうせ遅かれ早かれ壊れるのは同じことだし、それでぶっ壊れたなら良かったんじゃないですか。

何よりも、中途半端に曖昧な返答で期待だけされるくらいなら、とっとと断わってもらったほうが、お互いがすっきりするじゃないですか。あなたもNOと言われれば、すぐに次の代替案に移れるし、そこで無駄に時間を浪費しなくて済む。

<参考過去記事>
頼りたいときに、素直に頼れる強さを持とう。必ず誰かが支えてくれるから、そんなに我慢しなくて大丈夫。

あなたから頼まれれば、誰だって引き受けたい。そう思う。あなたに声をかけられれば誰だって嬉しいんです。でも今は無理。これについては力になれない。ただそれだけのこと。断ることに他意はない。基本は、みんなあなたを応援してる。

お願いしたりお願いされたり、断ったり断らたりなんて、お互いさま。だから気にしなくていいんです。そういう余計な気を遣わなければ、あなたは本当にやりたいことができるし、周囲の人も駆け引きなしであなたを応援できるってもんですわな(^。^)y-.。o○

●小川健次セミナー開催のご案内
————————————————-
◎愛とお金を引き寄せて、夢を叶える目標設定講座
東 京 03/15(水)
名古屋 04/01(土)
札 幌 04/08(土)
熊 本 04/22(土)
http://ogawakenji.com/seminar/mokuhyo
——————————————————-
◎理想のパートナーを引き寄せる、ご縁の法則
大 阪 03/25(土)
札 幌 04/09(日)
http://ogawakenji.com/seminar/goen
—————————————————-
◎恋愛力を高めるためのグループセッション(参加費2千円の導入編)
大 阪 03/24(金)
名古屋 03/31(金)
http://ogawakenji.com/seminar/renairyoku
—————————————————-

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事