大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

失敗してもやり直せばいいだけだから、心配しなくて大丈夫。途中で軌道修正もできるから、不安に思わず動いてみよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

失敗してもやり直せばいいだけだから、心配しなくて大丈夫。途中で軌道修正もできるから、不安に思わず動いてみよう。

■失敗しても終わりじゃない。

詳細で綿密な計画をたてて、準備万端。よーしスタート。と、してみたはいいが、あえなく失敗。まるでダメ。なんてことはある。

小川健次Blog

さんざん時間をかけて検討し、いろいろな人の意見を聞いて、これなら間違いないだろう。そして選択してみた結果、まるで見当違いの大外れ。なんてこともある。

条件面で間違いなし。人柄も良し。興信所使って身辺調査して、これといった問題も出てこない。これなら安全。もうこの人しかいないでしょ。そう思って入籍したはいいが、数年後には裁判所で離婚調停。そんなことだってあるでしょう。

人間万事塞翁が馬。未来はいつどこでどうなるかなんて、誰にもわからない。明日の朝を、無事に迎えられるかどうかだって、ホント言えばわからない。未来に保証なんてないんです。絶対そうなるなんて確証なんかない。予想も予測も外れることなんてよくある話し。

絶対安全。これで間違いない。そう思ってても、コロっと失敗することなんてあるんです。僕も小川健次メールマガジンの配信前に、一応のチェックはしますが、間違えてコロっと細かいとこで失敗することがありますわ。

とはいえ、それで死ぬことなんかそうそうない。命まで取られることはないですよ。あなたもこれまで、それなりにいろいろな失敗したでしょう。仕事であれ恋愛であれ結婚であれ、そんときゃ確かに傷ついて、痛い思いをして、凹んだり落ち込んだりしたかもしれない。

それでも、今こうして鼻くそほじくりながら、生きて口開けながら、ボケーっとこのブログ読んでられるんです。過去の失敗。そんなものは過ぎたこと。別の手段方法を選択して、その場を乗り越え、今をちゃんと生きているじゃないですか。

だったら、この先だって同じこと。失敗することがあっても、選択を誤ることがあっても、また別の手段方法を選択してやり直せばいいんです。意図しようがしまいが間違いは起こる。ならばそれは修正して、次に活かせばいいだけのことでしょう。

失敗なんか日常的に起こるんです。その度に死んでたら、命がいくつあっても足りないでしょ。失敗は終わりじゃないんです。その方法がダメだということを知ったということ。一つ経験を積んで未来に活かせる武器を増やしたということ。

失敗の経験は次に活かせばいいだけ。その経験があるからこそ、次はもっと上手くできる。次は間違いのない選択ができる。

失敗を恐れる必要なんかないんです。不安に思うこともない。だってやり直せばいいだけなんだから。そこで失敗したところで終わりじゃない。それは単なる通過点にしか過ぎないんです。だから不安に思うこともないし、失敗したときに焦る必要だってない。

<参考過去記事>
焦らない心の余裕が、理想の結婚相手や恋愛相手を引き寄せる。執着を手放せば、ご縁あるパートナーにめぐり合う。

それにね、一度スタートしたら、修正も訂正もできないなんてことだってない。よーいドンでスタートしてみて、あれ? ちょっとおかしいぞ。そう思ったらそのときに修正すればいい。そうすりゃ結果失敗だって、傷はまだ浅く済ませることができる。

やり直しも修正も、いつでもいくらでもできるんです。一回決めたら、それを死ぬまで貫かなきゃいけない、そんな決まりなんてないんです。もしそんなルールがあるとすれば、それはあなたの心の中にある、あなた自身の勝手な思い込み。

■思っていたほど困ったことにはならない。

失敗はしないほうがいいに決まってる。そりゃ痛いのイヤだもん。僕もイヤ。でも失敗したからと言って終わりじゃない。失敗しちゃいけないルールなんて人生にはないんです。そんなルールはあなた自身がつくった、あなただけのしがらみですよ。

それが5秒後のことであれ、未来のことはわからない。予測や予想はできるでしょう。でもそれ確定事項じゃない。

だったら足を踏み出してみればいいんです。どうなるかわからないんだったら、実際に進みながら、適宜問題点は修正していけばいい。そして失敗してしまったならば、またやり直せばいい。まずは進んでみる。やってみる。やらなきゃ何もわからない。

とはいえ、少し冷静になってみれば、結果がわかりきってることもある。熱湯に素手を入れたらどうなるかなんて、考えればわかること。ノリと勢い思い付きもときに必要ですが、それだけだったらただのアホ。思考を放棄して投げやりになるのと同じこと。

その一方で、未来に対して、絶対的な完璧さを求めるのも、同じくアホですよ。だって絶対的に完璧な未来なんて存在しない。生きてりゃ何が起こるかわからない。天変地異もあるでしょうし、超絶ラッキーな出来事だって起こるかもしれない。

だから当たり前のことなんですがね。考えられるところまでは、考えきって、あとは「エイやっ!」と足を踏み出してみるしかない。

そこで、失敗イコール全て終了さようなら。と勝手に決めつけないことですよ。そんな決めつけがありゃ、そりゃ不安になりますよ。そんなマイルールのしがらみで自分を縛るから、失敗の可能性がゼロになるまで、何もできなくなる。つまり何もしなくなる。

この道しかない。これがダメならもう終わり。進んだらずっとこの道行くしかない。そういう決めつけも同じですよ。

失敗したってやり直せる。ダメでもまたやりゃいいんです。再チャレンジしちゃいけないルールなんてない。途中で修正しちゃいけないなんてルールもない。軌道修正もやり直しも、やろうと思えばいくらでもできる。立ち止まってるより動いたほうが話しが早い。

それにね、どんなことでも、最初の一発目からうまくいくことだって、そんなにないでしょ。最初に失敗し、また失敗し、それを繰り返しながら、経験を積み上げ、その結果として望んだゴールに到達するものですよ。一回の失敗で終わってたら、ホントに何も手に入らない。

<参考過去記事>
最初の失敗で心が折れなければ、望みの結果が手に入る。他人の批判も恥ずかしい思いも、やり続ければ消えてなくなる。

失敗して、やり直しの効かないことなんか、そうそうない。失敗してもチャンスあるし、軌道修正もできるんです。だいたい失敗なんかみんなする。僕もするし、あなたもする。それでいいじゃないですか。そのくらいの気持ちになれば、足は軽やかに前に出る。

今迷って考えて、答えの出ることなら、いくらでも考えればいいんです。でもどうせ答えなんか出ませんよ。だって未来のことはその未来にならないと、答えはわからないんだもん。だったら動いてみればいい。最初に思ってたほど困ったことにはならないから(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

2017/01/21(土)大阪
2017/01/28(土)名古屋
2017/02/04(土)福岡
2017/02/11(土)東京
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事