大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

大切な人だからこそ、聞きたいことは素直に聞こう。あなたの想いオープンにしておけば、その関係はうまくいく。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

大切な人だからこそ、聞きたいことは素直に聞こう。あなたの想いオープンにしておけば、その関係はうまくいく。

■言わなくてもわかることと、言わないとわからないこと

思っていること、考えていることのすべてを、いちいちすべて言葉や文章にされることがなかったとしても、その人の態度や行動、表情でおおよそのことはわかるもの。

小川健次Blog

その場そのとき、その瞬間の雰囲気や空気感だけだとしても、あ、この人こう思ってる。こう感じてるんだ。そういうものって何となく伝わってくる。

まあ、お互いが考えてること、思っていることのすべてを、いちいち言葉にしたり文章にしなきゃいけないなら、コミュニケーションが成立しない。

僕も小川健次個別コーチング&コンサルティングの中では、クライアントから何でもかんでも全てを聞くわけじゃない。時間的物理的制約だってある。必要最小限のことは聞きながら判断していくしかありませんし。

誰でもが、ときとば場合によって、お互いに言わずとも察っすることってのは、大事なことでもありますわな。

何度も一緒にご飯に行こうと誘ってるのに、忙しいので無理と言われる。忙しくなさそうなときに誘っても、体調悪いからと言われる。そりゃ遠まわしに嫌がられてるだけ。行きたくないと思われてるだけ。そんなもん本人に言われなくても明白ですよ。

テーブルについた途端に、いきなり勢いよくご飯を食べる。お替わりしてはまた食べる。そりゃどう見てもお腹が空いてたから。本人が言わなくても見ればわかる。

わざわざ言葉にしなくても、その人の態度や行動である程度のことはわかる。それが日常的に関わっている身近な相手や、付き合いの長い相手なら、言わずともわかることはたくさんある。

とはいえ、その人の考えのすべて、想いのすべてが、完全にわかるわけじゃない。そりゃだいたいとのことはわかるでしょう。おおよそのことは見た目から推察できる。それでも、わからないことはわからない。全部が全部わかるわけじゃない。

別にわからなくてもいいことなら、どうでもいい。どんなに身近であろうと、他人の考えのすべてを知る必要もない。無理に知ろうとしすぎて、余計な気をまわすのもお互い疲れるだけだもん。

でもね、あなたにとってはもちろんのこと、お互いにとっても重要なことで、それについての相手の考えがわからないのは困りもの。それはスルーしちゃダメですよ。

放っておいても、どうということでもないなら、それでもいいでしょう。でも重要だと思っていることなら、放置はできない。仮に放置しても、心のどこかにわだかまりとして引っかかる。引っかかったまま、それが後で地雷のように爆発して大惨事になる。

それが駆け引きなのかは知りませんがね、お互いの間ですっきりしないものを抱えたままでいたところで、得することなんか何もないでしょう。

<参考関連記事>
駆け引きを手放して、言いたいことを言えば想いが伝わる。心の声に従って言葉にすれば、お互いの距離がグッと近づく。

何となくこれまでのパターンで、どうせこう考えてるに違いない。こう思ってるんでしょ。別に相手は、そんなことこれっぽちも思ってなくても、あなたのなんとなくの決めつけで、あなた自身の中で完結させてしまう。

もしくは、どうなんだろうなあ、と疑問に思いながらも、まあいっか。とスルーしてしまうから、ボタンの掛け違いに気づかない。気づいたときには、お互いが修復不可能なほど、考えに溝が出来てて、どうにもならないままさようなら。

■聞いてもお互いに困ることはない

他人の考えや思いは、ある程度は推察できる。見りゃ何考えてるかわかることもある。これまでの付き合いから、どう思ってるかを判断できることもある。

でもそれ全部じゃないでしょ。お互いにとって大事で重要なことなのに、憶測を前提にしたコミュニケーションにするから、噛み合わないしすれ違うんです。妄想は膨らむわ、疑心暗鬼になるわなストレスMAX。それじゃ誰もハッピーにならない。

だったら、あなたが取るべき手段は一つでしょ。カンタンなことです。わからないこと、気になることは相手に直接聞けばいい。お互い、もしくはどちらか一方にとって重要など思うことならば、それを話して考えを確認し合えばいい。それだけのこと。

言うまでもないことですが、聞き方や、それを話すタイミングってのもあるので、聞きさえすればいいかといえばそうでもない。他人の葬式中に、結婚する気あるのか聞いてくるヤツとは、誰も結婚したいとは思わないでしょ。

それでも、基本的には聞くべきことは聞く。確認すべくことは確認する。これ基本。

だってわからないんだもん。超能力者じゃなるまいししょうがない。だいたい他人の本当の想いなんてのは、占い師だろうがコールドリーダーだろうがわからない。わかってたまるか。

聞いたら決裂する。話し合って本音を確認したら、その関係が終わってしまう。だから怖い。だから不安で聞けない。そうやって止まってしまわなくてもいいんです。大丈夫ですよ。そんな恐れや不安は抱かなくても問題ないんです。

だって、聞きたいこと聞いたり、話し合って本音を確認したら、終わってしまう関係なんて、とっくの昔に終わってたってことでしょ。それがはっきりして良かったじゃないですか。むしろこれ以上余計な時間とエネルギー使わなくて済んで良かったね。

なんとなく、わからないまま妄想を膨らませて、ストレス感じてイライラしたり、お互いが疑心暗鬼でいたりしながら、表面だけ繕って保つ関係を維持したいなら、それでもいいのかもしれませんがね。ちゃんと本音で向き合える関係でいたいなら、聞きたいことは聞けばいいんです。

どんな関係にしたって、お互いが素直になれている関係が、心地よく末永くいられたりするものじゃないですか。ビジネスパートナーとだって、恋愛や結婚、友人関係だって、素直に言葉にし合える関係が、一時的なトラブルがあったとしても。結果的にうまくいく。

<参考関連記事>
衝突を恐れずに想いを伝えれば、お互いの絆はより一層強まる。本当に相手の心に寄り添っていれば、必ず理解し合えるときがくる。

だいたいね、あなたがあれこれ気を遣って考えているほと、相手は何とも思っちゃいませんよ。すっごい勇気を振り絞って聞いてみたり、言ってみたりしたことでも、相手の反応は全然何ともなかった。何事もない自然な回答だった。なんてことはよくあるでしょ。

聞きたいことは聞けばいい。それはあなた自身のためでもあり、ときに相手のためでもある。つまりは、あなた自身が大切な人のために、あなた考え方を、素直にオープンにしておくことを心がけていれば、その関係は自然とうまくいくってことですわな(^。^)y-.。o○

想いを伝える方法を学ぶ特別講座

2017/01/21(土)大阪
2017/01/28(土)名古屋
『人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。』
人に愛され心の距離を近づける、伝え方、話し方。

【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事