大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

疲れてうまくいかないなら、無理をしないで休めばいい。心身をリフレッシュして、最高のパフォーマンスを発揮しよう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

疲れてうまくいかないなら、無理をしないで休めばいい。心身をリフレッシュして、最高のパフォーマンスを発揮しよう。

■本当の力が発揮できていないなら、休んで力を蓄えよう。

どうもいまいち何やってもイライラして集中できないとき、心落ち着かないときってのはある。

小川健次Blog

そりゃまあみんな毎日忙しい。みんないろいろ考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないこともある。そうそうのんびりしてもいられない。

仕事のことや、人間関係、育児や家庭、趣味などなど。百人いれば百通りの事情があって、その事情によって負担もいろいろ。イライラもいろいろ。いろいろあっていろいろ大変。

それだけいろいろあれば、疲れるでしょフツー。僕も疲れる。人間だもん。老若男女いろいろあれば、体も疲れる。心も疲れる。金持ちだろうがそうじゃない人だろうが、誰だって疲れるのは共通ですよ。うちの犬だって疲れるし。

そうやって疲れている状態であれば、思考が鈍る。イライラして集中できないから、見えるものは屈折し、心で感じるものにも違和感しか感じなくなる。いつもと違う。正常なときとはパーフォマンスが明らかに落ちる。

落ちた分を補おうと必死になるも、結局疲れてるのは同じだから、結果は変わらず。最悪なのは、ますます事態を悪化させ、自分にとっても他人にとっても不幸な結果を引き寄せること。

いつもだったら、どうってこともないことでも、疲れていると、そのいちいちにネガティブな反応をする。スルーすりゃいいようなことに、いちいち引っ掛かって、エネルギーを浪費したあげく、ますます疲れる悪循環。考えなくてもいいことで余計な妄想が膨らませ、ますますイライラ。

そしてイライラ溜まれば、やがて爆発。大切な人を傷つけるようなことをしてみたり、普段なら絶対言わないような弱気なこと言ってみたり、後で考えてみれば明らかに、冷静さを欠いていたと悔やむことをするんです。

できた心の隙がちょっとした判断ミスを生み出して、目の前の人を見誤ったり、どうでもいい相手になびいてみたり。物質的にも精神的にも自分で自分に損失を被らせているだけのこと。さらにはセルフイメージまで下がるから、文字通りの踏んだり蹴ったり。そしてまた疲れる。

そんなこと繰り返してんだったら、とっとと休みなさいよ。体はもちろん、心にだって休息を与えてあげなさいよ。

大丈夫ですよ。そんなに焦らなくても。ちゃんと落ち着いてやることやれば、最後は行きたいところに行けるから。あーでもないこーでもない、あんな事情がこんな事情が、んなこと言って焦って疲弊したまコトに取り組むからロクでもない結果になるんです。

<参考過去記事>
焦らなくても一つ一つ丁寧に対応すれば、問題は必ず解決できる。目の前のことに集中して、今できることから取り組もう。

なんとなくまだ大丈夫。なんとなくまだいける。いやそれ大丈夫じゃないし。いけてないから。

疲れてるから、いまいちパッとしない。頑張ってるのにいまいち結果がついてこない。本領発揮すればうまくいくことなのに、そんなに大したことじゃなのに。って言っても結果がついてこないのは、どこかがズレてる。歪みが出てる。なら心身ともに休んでリフレッシュすればいいんです。

■目的意識があれば休息にも意味がある。

休んだところで誰も責めやしませんよ。むしろ休んで本来の力を発揮できるようになってくれたほうが、周囲の人から歓迎される。

いや、単に問題から逃げたいだけ。つらいことを避けたいだけ。面倒だからサボりたいだけ。そんなんだったら休むでる場合じゃないでしょ。ダラダラしてねぇでできるとこまでもっとやれ。

知らず知らずのうちに溜まった疲れを、休息などによって解消すれば、体はもちろん心の歪みも矯正される。気分良く明るくいられるときは、物事を冷静に考えられるし、高いモティベーションで取り組める。他人に対してだって優しく接することができる、他人からも優しく接してもらえるもの。

あれこれ一生懸命やってるはずなのに、どうもいまいち空回り。どうもホントの自分の力が発揮できている気がしない。そう思うなら休めばいいんです。そのままそれ以上やっても良い結果なんか出ないから。

それこそ目の前にある、あれやこれやの課題や問題だと感じることから、あえて離れてしまえばいいんです。

中途半端な状態で関わってたら、休んだところでいつまでたっても心身の回復なんかできやしない。休んでいても、メール見てたり、疲れる相手とのやり取りして心をそこに縛りつけたところで、何も変わらないでしょ。だから携帯なんか捨てちまえ。ルーターの電源も落としちまえ。

いやまあ、そこまで極端なことするかどうかは別ですが、とにかく中途半端に引きずらないことですよ。心の矢印を別の方向に向けるんです。それが旅行なのか、ネトゲにはまることなのか、酒飲むことなのかは人それぞれあっていい。心と体に安息を得られれさえすれば。

心身をリフレッシュするんです。心身の歪みを矯正する。集中すべきことへ集中できるように焦点を矯正するんです。

いっとき休息のために課題や問題から離れても、どうせ最後の最後は向き合わなきゃいけない。戦わないといけない。誰もが平等に死ぬまでは永遠に何かに立う向かうしかないんです。これっばっかりは逃げてもどうせ捕まる。逃げられない。

だから逃げるのではなく、立ち向かうために心と体を整えるんです。最高のパフォーマンスを発揮するために休むんです。一時の安息を得るんです。繰り返しますが、単に逃げるための言い訳としての休息はそれこそ何の問題解決にはならない。

心身の休息を通じて、リフレッシュできれば、本領発揮できるようになる。集中すべきことに集中できる。大切な人を大切にできる心のゆとりが生まれるし、物事に対して積極的な取り組みができて、結果も思い通りになるってもんです。

自分が向かうべき方向がはっきりしていれば、一時の休息なんかで失うものなんかありませんよ。休息も欲しい結果を手に入れるための、大事な大事な手段の一つなんだから。

<参考過去記事>
もっと気楽に考えてみれば、今すぐ決断しなくていいこともある。目標を達成しているイメージを描ければ、正しい選択肢がわかる。

毎日いろんなことがありゃ疲れますよ。だから自然と休息も必要になる。でもそれもただ何となくダラっと流れに従っただけの休息だったら、まったくリフレッシュできず疲れも抜けない。だから自分の目標に合わせて、やるときはやる。休むときは休む。そのメリハリってのは重要でしょう。

無尽蔵に心と体に力が湧き出る人ならいいんですがね、そうじゃないならちゃんと目的意識を持って休むことでしょう。休息充電ばかり繰り返してもバッテリーはヘタるだけ。計画的にリフレッシュをするからこそ、効率的に力を使い切ることができるってもんですしね(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事