大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

直観でご縁を感じる人との関係は、意識して大切に育ててみよう。ビビッときたインスピレーションに従うと、その関係はうまくいく。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

直観でご縁を感じる人との関係は、意識して大切に育ててみよう。ビビッときたインスピレーションに従うと、その関係はうまくいく。

■心のアンテナが同調するとめぐり逢う

いわゆるビジネス上の利害関係や、男女間の愛情や、友人関係上での友情など。それぞれの関係には、有形無形を問わずそれぞれ何かしら意味があるものでしょう。

小川健次Blog

その一方で、これといって説明できない関係ってあるじゃないですか。

いろいろ説明しようと思ってもうまく説明できない。でもなぜか関わりを持ってるし、なぜだかその人と一緒にいることになった。みたいな。

普通だったら、それを表だって言うかどうかは別にして、金銭的な損得勘定だの、お互いが刺激し合えるだの、成長し合えるだの。それこそ性的な欲求が満たされるみたいなものも含めて、何となくでもその人との関わりを、自分の中で理由づけられるもの。

でも、なぜだかこれといった理由はあまりない。しいて言えば一つや二つは挙げられつつも、確信持ってにそうだと言える理由が見つからない。だけども何故だか関係続いてる。なぜだか出逢ったとき、もしくは付き合う中で、ある日突然ビビッとくる。

あ、よくわからないけど、この人とは今後も関わり深くなりそう。理由はよくわからないけど、この人とはつながってる気がする。別に好き嫌いや、合う合わないともちょっと違う。不思議なビビッとく感じ。

それが宇宙の法則なのか、縁なのか、それとも単なる気のせいなのかはどうでもいい。でも実際に関わりが切れない相手との関係の始まりってのは、往々にしてこれといった理由もなく、ビビっとくるところだったりするじゃないですか。

おまけに、そういう人との関係って、要所要所で重要な意味を持つことになることも少なくない。

それに、大切な存在だと思える人や、お互いを刺激し合って成長できる人との関係ってのは、利害関係などの表面的な理由とは関係ない、何か縁や因縁めいたもの、それこそ魂のつながりのような感覚を感じる人だったりするものですよ。

ならば、そのビビッとくる関係は大切にしたほうがいい。これといった合理的な理由は特になくとも、ビビッとくる感覚、心震えるような感覚のインスピレーションがあったならば、とりあえずでもいいのでその人との関係を大切にしてみればいい。

もちろん、そこに打算や計算はなし。見返りを期待してどうこうじゃなく、そのビビッとした感覚に従ってみる。

<参考過去記事>
本当に大切にしたい想いが、あなたを大切にしてくれる人を引き寄せる。見返りと執着を手放せたとき、大切な人とのご縁が結ばれる。

まあ、そもそも、表面的には大した理由がなかったとしても、ビビッとくるってことは、どっかで心の向く方向が合っているからでしょう。心のアンテナから発する電波のチャンネルが同調しているんです。

要するに、潜在意識レベルではお互いが引き寄せ合ってる。無意識的にお互いが求めてる。だから出逢うし関わることになる。

とはいえ、ビビッときたような気がしても単なる勘違いだった。酔っ払ってただけだった。ってこともありますがね、それでもせっかくビビッときた感覚なら、それを信じてその人との関わりを大切にしてみても悪くない。

■縁があるからビビッとくる。

人間関係なんて、いつどうなるかなんてわからない。本人たちの気分によって複雑化する場合もあれば、いやおうなく物理的な事情によって別れることもある。家族間でさえ、利害の対立が抜き差しならない関係にしてしまうことだってある。

あれこれ電卓叩いて、条件でフィルターかけて、あんな人だから、こんな人だからと、さんざん絞り込んで探した結果、やっとめぐり会い結ばれた。という関係だって、ちょっとしたいざこざで、いとも簡単に木っ端微塵に砕け散ってしまうことはある。

その一方で、飲み屋で隣り合わせただけなのに、気づけば数十年の仲になることもある。ノリと勢いだけで結婚して、数十年うまくやってる家庭もある。

だからと言って、何でもかんでもノリと勢いってわけにもいかないでしょう。でもね、せっかく何かビビッとくる。そんなインスピレーションを感じる相手と出逢ったならば、そこはあれこれ打算や計算で考えず、そのインスピレーションに従って損はない。

とはいえ、そこで無理にグリグリと強引に関係を深めようする必要はない。変に焦って話しをこじらせる必要もない。だって、あなたがビビッときているのなら、感じ方に程度の違いはあるにせよ、相手もあなたにビビっと感じているはずだから。

上でも言ったように、表面上には見えなくても、潜在意識レベルで何か求めているものは共通している。電波の周波数が合ってるんです。

相手を尊重しながら適度な距離感保って、関係継続しておけばいいんです。お互いの間に縁があるならば、仮に時間がかかることがあったとしても、必ずお互いの距離はグッと縮まる。要所要所で重要な意味を持つ関係になる。

もちろんそれは、ビジネスパートナーとしての関係はもちろん、男女間の問題や友人知人の関係でも同じこと。

ビビッときたら、電卓よりも自分のその感覚を信じてみればいいんです。ビビッときたその感覚をスルーせず見逃さないことです。通り過ぎてしまわないように、少なくとも関係を維持できるようなアクションくらいは起こせばいい。

そして信じて手放す。ビビッときてるなら余計なことしなくていい。ホントの縁なら必ず結ばれるから。それまではドーンと構えて酒でも飲んでりゃいいんです。

ビビッときた感覚が勘違いだったりすることもあるでしょう。そんときゃ勝手に別れがきますよ。だって縁がないんだもん。でもね、そういう出逢いや別れの繰り返しも、長い目で見りゃ意味がある。やがて価値ある経験だったと思えます

<参考過去記事>
意味があるから出逢いがあるし、意味があるから別れがある。出逢いも別れも、もっと幸福になるために必要なプロセス。

言うまでもないことですがね、ビビッとくれば、何もしないでいても引き寄せられるかといえば、んなワケない。何もしなけりゃ何も起きない。ごく当たり前の、人間関係を保持するコミュニケーションは必要ですよ。やるべきことはやるのが前提。

あれこれ打算や計算も時には必要ですがね、ときにビビッときた感覚に従うくらいの余裕があってもいいでしょう。むしろそういう余裕があるからこそ、物事を冷静かつ客観的に見れて、大切な縁を無駄にることなく、ゆっくり育てていけるのかもしれませんね。

まず今日出会った人の中に、ビビッときた人がいたら、その人との関係をいつもよりちょっと大切にしてみたらどうでしょう(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事