大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

自分を変えようとするより、うまく付き合う方法を考えるとうまくいく。自分を変えられなくても、生き方は自由に変えられる。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

自分を変えようとするより、うまく付き合う方法を考えるとうまくいく。自分を変えられなくても、生き方は自由に変えられる。

<お知らせ>
引き続き好き勝手に配信している小川健次メールマガジンは、今のところ毎日配信しています。登録後もメール未着の場合、最近突然メールが届かなくなった場合は、迷惑フォルダーなどをご確認いただくと、届いてる場合があります。それでも届かない場合は登録されたアドレスをご確認いただくか、フェイスブックもしくはLINE経由で直接お問い合わせください。

■配れたカードを有効活用してゲームを支配しよう。

環境や状況に応じて、人は日ごろ他人に見せない顔を見せることがある。あ、この人ってこういう一面もあったのね。

小川健次Blog

人には誰にだって多面性がある、同じ人間の中に複数のパースナリティーがあるんです。それがときと場合によって見え隠れしているだけのこと。

それに、それを見て評価する側にいる人間だって、自分の立場によって見方や感じ方が変わるもの。お、こいつこういうとこもあったんだ。って、それあんたの見方が変わっただけ。

一見すると、人が違ったように見える。そのときの印象で違う人に見える。でもそれみんな同じ人。人間なんて思っているほとカンタンに変わりませんよ。変わったように見えたとしても、変わったのはその場そのときの状況環境ですよ。別にその人の根本が変わったわけじゃない。

根本なんてそうそう変わらない。あの人は人が変わって冷たくなった。って、それちゃいます。あの人はもともと冷たいんです。あなたから見て冷たい側面が見えなかっただけ。あいつは有能になった。って、それも違う。あいつは有能だったんです。その能力を活かすところをあなたが見てなかっただけ。

要するに人なんてそんなカンタンに変わらない。自分を変えたいなんて思っても、そうそう変わることなんてないんです。

誰でもなりたい自分になんかなれるワケありませんよ。生まれ持った才能には限界がある。言ってみれば、なれる自分にしかなれない。だって自分は自分だもん。そんなもん変えられない。変えようがない。そんなことでジタバタしてもしょうがない。

でもね、根本を変えられないとしても、自分の見せ方、見え方、活かし方ならいくらだって変えられるんです。

自分の中には色々な自分がいる。複数のパースナリティがある。人見知りな自分もいれば、人前で臆さず話せる自分もいる。真面目な自分もいれば怠惰な自分もいる。強気な自分もいれば弱気な自分もいる。自分ってのはそれら全部をひっくるめた集合体として成り立っているもの。

ならば、そのそれぞれの自分中から、どの自分を表に出すか。どの自分とどの自分を組み合わせるか、どの場面でどの自分が主導権を握るか。そのコントロールをすればいいじゃないですか。

生まれながらに与えられたカードや、育つまでに配られたカードを今から変えることはできない。でもカードの切り方は変えられる。カードの使い方次第で勝機はいくらでも作れるんです。

だからこそ、まず最初にすべきは、自分の手元にどんなカードがあるかを把握すること。そして次に今のゲームの、場の展開を理解することですよ。要するに自己分析。

今置かれている状況や環境の中で、自分の手持ちのカードをどう組み合わせ、どう切れば、このゲームの支配者になれるか。そうして勝利を掴めるか。

別に、他人との下らない駆け引きをしようということじゃない。それじゃ相手もドン引きするだけ。

<参考過去記事>
大切な人との心のつながりに、駆け引きやテクニックは要らない。素直に聞きたいことを聞くだけで、不安が消えて愛が深まる。

あくまでも、ゲームの相手は自分自身。プラスの自分がマイナスの自分をどう出し抜くか。持ってるカードを状況環境に合わせて使えばいい。強いカードも使い惜しみすればチャンスを失う。弱いカードでも使い方次第で一発逆転の大富豪大貧民。

繰り返しますが、手元のカードは変えられない。でもカードの組み合わせ、その使い方は自由。自分を変えられなくても、生き方は自由に変えられる。

■一番付き合い長い相手は自分

金持ちだだろうが、そうでない人であろうが、うまくいってる人だろうが、そうでない人であろうが、皆、手元に配られたカードには、強いの弱いのがある。そりゃときどきチートキャラみたいな人もいますが、そんなのは例外で、稀にあるバグみたいなもんです。

だから、望んだ生き方を手に入れている人、相応の結果を出せてる人ってのは、そのカードのやりくりがうまいんです。特別な能力があるわけじゃない。ただ他の人と比べて、自分の手元のカードをしっかり把握してる。つまり自分のことをしっかり把握しているんです。

つまりは、結果を出せる人というのは自分が好き。プラスもマイナスも含めて、そんな自分をまず認めて受け入れているんです。好きで認めているからこそ、その自分をどう活かそうか、前向きに考えられる。積極的に自分を活かす手段を講じられる。

強い自分も弱い自分も受け入て認める。だから弱いところをどうフォローするか、どうすれば活きるか。強いところをどう使うか、どうすると足元すくわれるか。そういう生産的な思考にエネルギーを費やせる。

物事を先延ばしする悪い癖があることをわかっているから、あえてすぐにやる。集中できない自分がいるのを知っているから、あえて気が散るものを周りにおかない。自分に対する傾向と対策を、バッチリこなしてるんです。

逆に、思い通りの結果を出せない人ってのは、とにかく自分の手元のカードちゃんと見ようとしていない。一枚や二枚のマイナスなカードが目についただけで、自分が運が悪い。配られたカードのせいだ。あの人のカードと同じだったら俺だって。と、今の自分を捨てて別の自分になりたがる。だからそれ無理ですって。

まずちゃんと自分を見てみることですよ。必ず活かせるカードはあるんだから。仮にマイナスなカードでも時と場合に応じて、工夫次第で活かせることできるでしょ。手持ちのカードでいくらだって、人間関係も状況や環境も変えられますよ。これホント。

それにね。そんな自分が嫌だ。言っても、結局は死ぬまでの間、一緒にいなきゃいけない相手じゃないですか。ならば自分とうまく付き合うことを考えたらどうですか。そんな自分ってどんなヤツやったっけと、少し振り返って考えてみたっていいでしょう。

変わらない自分を変えたいなんてのは、ないものねだり。ガキかお前は。んなこと言ってるうちに、時間だけが過ぎていく。歳だけが重ねられていく。なら、あれこれ言ってないで、自分という人間をもっとうまく活用すればいいじゃないですか。

ダメな人なんていませんよ。でも自分の使い方がダメな人はいる。そしてそういう人は、今の自分を否定して、違う自分になろうとしているだけ。

自分は変えられないというのは、良い意味でのあきらめと割り切り。それができれば自分を好きになるしかない。だって自分と付き合う以外に道はないとの覚悟だから。すると、自分の活かし方が変わるから、同じ自分でも、違う結果を生み出せる自分になれる。

今の自分をどう活かせば、望みの結果を手に入れられるか。その結果のイメージを鮮明にしながら、自分自身と向き合ってみることです。

<参考過去記事>
潜在意識に描いたイメージが、苦しいことを乗り越える力になる。未来の幸福を確信できれば、その思考は現実化する。

嫌な自分もいるし、マイナスな自分もいる。でもそれらは活かし方次第でどうにでもなる。それに、好きな自分もプラスな自分もいるでしょう。それら全部ひっくるめて自分を好きになれる人が、最後は一番強いのかもしれません。

そういう意味でも、自分という人間を良いも悪いも含めて、まず知ることが大事なのでしょうな(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事