小川健次ブログ -BIG THINK

大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

未来への心躍る明るいイメージが、チャンスや出逢いをもたらす。過去への執着ではなく、未来への期待感をもとに目標を設定しよう。



LINE@では毎朝一言メッセージ配信中

以下のロゴをタップしてLINE@アカウントへご登録ください。

【お知らせ】小川健次メールマガジン未着の件について

無料配信中の小川健次メールマガジンにつき、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった場合は以下ご参照ください。

<1>i.softbank.jp、ezweb.ne.jp、docomo.ne.jpなど、各種携帯用のアドレスで登録されていると、未着になることがあります。
<2>gmail.com、yahoo.co.jp、icloud.comなどのフリーアドレスの場合は、迷惑メールフォルダに入っていることがあります。
つきましては、同様の現象が起きている方は、
    1)指定ドメイン riezonjapan.com の着信許可設定をする
    2)PC用のアドレスで再登録する
    3)迷惑メールフォルダを確認する
などのご対応をお願いいたします。
引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

未来への心躍る明るいイメージが、チャンスや出逢いをもたらす。過去への執着ではなく、未来への期待感をもとに目標を設定しよう。

■過去は今のためにあり、今は未来のためにある。

ことの大小は別にして、誰だって毎日いろいろなことがあるし、毎日いろいろな情報に触れている。

小川健次Blog

その中には自分にとって有益なものもあれば、無益なものもある。それこそ有害なものさえ含まれる。


ことにそれが自分の損得に関わる問題で、いわゆる損や失敗という類のものであったりすると、そのこと自体はどうしてもクローズアップしがちになるというもの。

他にもいろいろあったのに、得したことも成功したこともあったのに、なぜか意識は損したことや失敗したことばかりに向きがちになる、得たものへの満足感より、無くしたものへの喪失感にとらわれる。

そしてグダグダとそれについて深堀りして考える。あのときあーすれば良かった、あそこでこーすれば良かった。考えたところで元に戻るワケない過去のことばかりに、気が向いてしまう。

そうやって、後ろばっかり振り返ってるから、目の前を通るチャンスを見過ごす。目の間にいる新たな出逢いに気づかない。

そりゃ、過去を振り返ることで、そこから反省や改善点を見つけ出し、未来に同じ失敗しないようにすることは大事でしょ。でもそれはあくまでも未来のための生産的なステップの一つ。

ただ過去を悔いて自己憐憫に浸りつつ、今と未来から目を背けるための振り返りなら、振り返らないほうがマシですよ。だって無駄なんだもん。

当たり前ですがね。過ぎた時間は戻ってきやしませんよ、過去のやり直しはどうやったって誰にもできない。金持ちもそうでない人もそればっかりは平等なんです。みんないずれ死ぬ。どうせ死ぬ。

ならば、その時間をどう使うのか。どーにもならない過ぎたことへの執着のために使うのか。未来に得られる可能性や新しい出逢いのために使うのか。その選択は自由。

繰り返しますが、過去を振り返るのが悪いわけじゃない。ときに自分のこれまでの軌跡を振り返り、自分を棚卸することで課題や反省も見つかることもある。そこでヒントが得られることがある。

とはいえ、そればっかじゃ意味がない。振り返りを言い訳にして未来を見なけりゃ本末転倒。過去は今のためにあり、今は未来のためにある。

ならば未来のために過去とは決別。いや、別に過去は過去。経験や思い出として活かせばいい。でもそうじゃないことはさようなら。

<参考過去記事>
決めるのは今。先に決断してしまえば、望みどおりの結果が生まれる。あれこれ考えているだけなら後悔が生まれる。

僕たちの考えられることには限界がある。未来と過去のあれこれを、すべてまとめて考えられればそれでもいいかもしれない。でもなかなかそうはいかないでしょ。ならばどちらに目を向けるかを決めればいいだけ。

■未来に目を向けるとチャンスも出逢いも見つかる

まあそれでも、過去にこだわりたいならそれもいい。過ぎたことをあれこれ考えていたいなら、それはそれで一つの選択。

悪いのは過去の自分であって。今の自分じゃない。今の自分が困っているのは、過去の自分のせい。だから今の自分には原因はない。それが当然何が悪い。そう言ってれば、何もしない今の自分を正当化できますもんね。

とはいえ、その責任を取らされるのは、過去の自分ではなく今の自分でさえない。未来の自分なんですよ。今は未来の原因なんだから。今の自分の心の状態が未来に反映されるんです。

そりゃ誰だって手痛い失敗もあるでしょう。後悔することなんかいくらでもある。でもそれ言っててもしょうがない。それを理由にしたってそこに解決策はないんです。

考えるべきは、過去の自分がどうであったかよりも、これから自分が未来をどう生きるかでしょう。

そうやって今の自分が過去の自分を責めていれば、今の自分もいずれ未来の自分から責められる。同じことの繰り返し。歳だけは確実に重ねているはずなのに、思考と行動だけは延々と同じ循環を繰り返すのみ。

そのスパイラルの中にいながら、チャンスが無いとか出逢いがないとか嘆いたみたところで、そりゃ当然ですよ。だって見てるのは過去なんだもん。今でもなきゃ未来でもないんだもん。

だから成功哲学の祖ナポレオン・ヒル博士も言うように、明確な目標の設定が必要なんです。ここで明確な目標というと堅苦しいかもしれませんが、自分が手に入れたいもの、なりたい自分の姿のイメージといったところですよ。

心からそれを手に入れたいものがあり。それを現実に手に入れている理想の自分のイメージが描けると、自動的にそれを実現しようと、思考と行動にスイッチが入る。視点が過去モードから未来モードに切り替わる。

<参考過去記事>
手に入れる幸福をイメージするから、迷わず積極的に前進できる。失うことばかり考えるから、つまらないことを理由に悩みだす。

ならば、あとはそのスイッチをいつ入れるのかってことですよ。手に入れたいこと、理想の自分のイメージをいつどうやって決めて、いつからそれを心に描くんですか。それだけのことですよ。

過ぎたことにばかり目を向けて、今何もしない言い訳をするのに使う時間も、理想の未来に想いを巡らせ、今できることからでも取り組むことに使う時間も、使う時間は同じ時間。でもそこから得られる結果は大違い。

それにね、未来に対して目を向けてみれば、チャンスも出逢いも、そこら中にゴロゴロしてることに気づくってもんですよ(^。^)y-.。o○

【明確な目標の設定とその実現をイメージする方法は】
↓ ↓
◎大 阪09/12(土)-09/13(日)
◎名古屋11/14(土)-11/15(日)
小川健次セミナー
BASIC

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】

ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。

【DVD】恋愛力を高める、脳と心の使い方

既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座のDVD版です。

関連人気記事

著者プロフィール

Profile image
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事

1973年9月20日生まれ。 国内最大級の自己啓発企業にて、21年間に渡ってマーケティング部長、代表取締役副社長、事業開発部長などを歴任後、2016年6月1日より株式会社リエゾンジャパン創立。同時に代表取締役就任。
世界中の成功哲学をはじめ、潜在意識活用法、引き寄せの法則など、様々な成功法則や自己啓発技法に精通。21年間で3万人を超える指導実績をもとに、脳科学と心理学からのアプローチにより、個人と組織の行動変容と定着化を可能にするスペシャリストとして活動。
同時に、ビジネスにおける企画立案・編集・デザイン・実施まで、アイディアを形にするだけでなく、売れる仕組みの構築や、事業戦略の策定など、中小企業を中心としたマーケティング戦略を総合的にプロデュースする。
また、上記のかたわら、引き寄せの法則を実践することにより、関東近県を中心にした不動産投資事業を展開。心に思い描いたイメージを実現している。
東京都杉並区在住 既婚。子供なし。トイプードル一匹あり。

Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: @ogawakenji
Instagramアカウント : ogawakenji
twitterアカウント : ogawa_mayuge
(各お友達申請はお気軽にどうぞ)

セミナー・イベントのご案内
コンサルティング・コーチングのご案内
DVD製品のご案内
無料メールマガジンのご案内
執筆・講演依頼など各種お問合せ
本サイト運営及び制作著作
株式会社リエゾンジャパン
個人情報保護方針
特定商取引法に基づく表記

※本サイトの記事の無断転用は固くお断りします。