大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

注いだ愛の分だけ、大切な人との心の距離が近づく。引き寄せられる人も遠ざかる人も、自分の心が決めている。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

注いだ愛の分だけ、大切な人との心の距離が近づく。引き寄せられる人も遠ざかる人も、自分の心が決めている。

■愛を注げば距離が縮まり、自己満足に走ると距離は遠ざかる

もっと近くにいたいと思っているのに、なかなかな近くに行けなかったり、距離をとりたいと思っても、なぜか遠くに離れてくれなかったり。

小川健次Blog

他者との心の距離感というのは、なかなかバランス良く維持するのが難しい。まあ、そのバランスをうまく維持できる人が、コミュニケーション力の高い人と言えるのかもしれませんが。


なので、実際にそのバランスをうまく取っている人がいるということは、誰でもが同様に、他人にとの距離感をうまくとることができるということ。

結論先に言いますがね。その人への想いの強さ。いわゆる「愛」ですよ。愛とはすなわち、見返りを求めず無性で相手に与えること。自分のことより相手のことを優先して考えられているかどうか。

こーんなに愛を注いでいるのに、なかなか相手と心の距離が近づかない。受け容れてもらえない。自分がこんんなに想っているなら、もっと距離が縮んでいいはずなのに。

って、それはここで言うところの愛とは違う。

だってそれって結局、自分が優先。自分を満たしたいだけで、相手のことなんか考えてない。私がこれだけ想ってるんだから、あなたも思い返して当然。そうじゃなきゃムカつく気に入らない。

全然無償じゃないでしょ、それ。無償どころか優先事項の一番上が自分じゃないですか。相手にして見りゃなんでお前を満たすために、お前の勝手な思いに応えなきゃならんわけ?そう思って当たり前。

だから追っても追っても距離が縮まらない。あれやこれやの手練手管で相手をこちらに向かせようとしても、まるで相手にしてもらえない。物理的な距離は近いのに、なぜか心の距離は遠いまま。

まあそういうケースってのは、たいがい後になって振り返ってみると気づくもの。そういや、あのときって自分が満たされたいだけだった。その人への愛があったこというと、ぶっちゃっけそうでもなかった。みたいな。

愛の伴うイメージがそこに介在しない限り、その関係からお互いが幸福になれることなんて、そうそうあるものじゃないですよ。

<参考過去記事>
その人への愛の伴うイメージが、あなたに愛を引き寄せる。その人が幸福になれるよう力を尽くすと、あなたも幸福になれる。

相手にしてみりゃ、まあそういう雰囲気感じても当然ですよ。あ、この人は別に私が大事なんじゃない。自分が満たされたいだけなんだ。だったら別にいいや。適当にスルーしといたれ。

お互いがそんな感じであれば、距離が近づくことなんかないですよ。別に利害が一致するわけでもない。ただ自己満足で想いだけ言われたところで、それ受け取らなきゃいけない義務もない。

■他人との距離は自分の心が決めている

言葉や態度で、相手のことを想ってる。愛を注いでいる。そう示してみたところで、心のどこかで利己的な考え、自分を優先して見返りを求める考えがあれば、そりゃ単なる自己満足。

だから追っても追っても相手との距離が縮まらないときは、ちょっと立ち止まって考えればいいんです。自分の思いが向いているのはどっちなのか。相手の幸福を優先しているのか、それとも自分が満たされることを優先しているのか。

もし、相手の幸福を優先している。見返りを求めない愛だと確信しているならば、別にジタバタすることはない。焦る必要も慌てる必要もないんです。誰だって自分に愛を注いでくれる人には、自分からも近づきたいと思うもの。だから距離は縮まる。

少しばかり距離が遠のいているように感じても、その想いは必ず届く。やがて距離が縮まり、そして必ず報われる。まあ報われ方は当初の期待通りかどうかはわかりませんが、納得いく結果になるんです。だから信じて揺るがない。

さて、その一方で距離を遠ざけたいのに、どうも近いところにいる。ホントは離れたいのに、なぜか関わることになる人もいる。

そりゃ自分がその人を求めているからですよ。表面的には嫌だ言いながらも、潜在意識の中ではその人と共鳴し合う何かがあるんです。そりゃストーカーのような正真正銘のおかしい事例は別ですよ。

心のどこかでその人との関わりを求めてる。だってホントに嫌なら完全に関わり切ればいいんです。関わっても心を閉ざして完全スルーでいいんです。でもどこか心を許してしまう。そりゃ求めてるから。

もちろん、それは愛によるものじゃないでしょう。傷の舐め合いもたれあいかもしれないし、似た者同士の心の共鳴かもしれない。その理由も心のどこかにあるんです。

他人は心の鏡。身の周りに起こることは心の影。すべての原因は自分の心にある。他人との距離感は、自分の心のありよう次第で遠ざけることだって、近づけることだってできるんです。

だから人との関係、その距離感で右往左往しないことです。焦ったり慌てたり、それこそストレス感じたりしないことですよ。エネルギーの無駄。

そして後は縁に委ねる。人と人とのことだから。自分の力じゃ及ばないこともある。だから信じて手放す。そして縁に委ねてしまえばいい。

<参考過去記事>
大切な人との縁を信じれば、想いが届き結ばれる。自分本意な欲望への執着を手放すと、愛が引き寄せられる。

それで距離が離れたまま、ホントに切れてしまうこともある。でもそれはそれでしょうがない。縁がなかったんです。泣いて酒飲んで寝ればいいじゃないですか。

本当に大切だと思う人へは、自分への見返りなんかを求めずに、愛を注げばいい。すると距離は近づくんだから。離れたい人とは関わりを求めなければ自然と離れる。すべては心のありよう次第。

他人が自分をどう思うかよりも、まず自分がその人をどう思っているか。そこに目を向けてみるだけで、人との距離感のバランスは、随分と良くなるってもんですから(^。^)y-.。o○

【他人との適切な距離感の保ち方は】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年11月まで一部追加・更新しました。
http://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事