大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

その人を心から大切にしたいという想いに従えば、信頼関係が深まる。駆け引きをやめて、相手を信じて素直な自分をさらけ出そう。



新オフィス移転記念 7/30(月)まで全コース対象キャンペーン実施中
小川健次
小川健次コンサルティングサービス


人前でうまく話せる、とっておきの方法
小川健次セミナー
↑↑ 7/1大阪 7/8東京 7/30福岡 8/6名古屋↑↑

【オフィス移転のご案内】
2017年6月29日(木)より、小川健次が代表を務めます、弊社株式会社リエゾンジャパンのオフィスが、以下のとおり移転となります。また、それに伴い個別コンサルティングルームも移転となりますので、予めご了承ください。

■新住所6/29(水)より
東京都新宿区西新宿6ー15ー1
セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿1214
小川健次

その人を心から大切にしたいという想いに従えば、信頼関係が深まる。駆け引きをやめて、相手を信じて素直な自分をさらけ出そう。

■相手より優位に立とうとするからストレスになる。

誰かと関わる以上、そこに無駄なトラブルは無いほうがいい。相手が自分にとって大切な人であればなおさらのこと。

小川健次Blog

そりゃ自分がそう思うってことは、相手にしいたって同じように思うこと。誰だって不要なトラブルはないいほうがいいし、そんなことで心に波風立つのは避けたいでしょう。


お互いがそう感じるから、そこにお互いにとっての気遣いが生まれる。気遣いならそれでいい。が、行き過ぎるとそれが腹の探り合いにもなりかねないの要注意。

腹の探り合いとはつまるところ駆け引きですよ。お互いが本音を出さずに、相手の本音を探りながら、主導権の奪い合い。

いかに自分が傷つかないようにするか、いかに自分にとって都合の良い展開に関係を発展させられるかどうか。自分がストレス感じないように。自分が傷つかないように。相手を気遣っているようで、結局のところ自分を守りたくなってくる。

気付けば本音を言わなくなり、いちいち遠回しな言い方してみたり、自分は本音を言わないのに相手にばかり本音を言わせようとあれこれ画策してみたり。

どちらが優位にいるかという、よくわからない無言の勝負になってくる。相手のことを想っている相手のことを気遣っている。そうは表面上は言いながら、結局自分の自尊心のみ満たすことに躍起になってるんです。

まあ表面上のお付き合いしかしない相手となら、それでいいのかもしれませんがね。長く信頼関係を継続したいと思う相手と、そういう駆け引きをしたところで得るものなんて何もないでしょ。むしろ疲れるだけですよ。

おまけにお互いが本音を言わず、お互いが核心に迫るところについてはオブラートに包むような話になるから、やがて疲れてどっかで爆発。小さなひずみが大きな亀裂になって、やがてどちらからともなくさようなら。

だったら最初から、つまらない駆け引きなんかやめてしまって洗いざらい出してしまうことでしょう。

最初からすべて出してしまえば、どちらが主導権を握るかどうか、どちらが優位でいるかどうかなんて気にならなくなりますよ。それこそ本音ベースなので駆け引きなんか存在しないし、ストレスのない心の安寧の伴う関係が出来上がる。

それに自分をさらけ出して嫌われるんなら、どうせ後でバレたときも嫌われる。だったら最初からさらけ出してほうが、フォローも挽回もできるってもんでしょう。

そもそもお互いが縁で結ばれている関係ならば、そのくらいじゃ切れやしませんから大丈夫だし。

<参考過去記事>
本当に大切な人とは魂が縁でつながっている。落ち着いて心の声に従えば、その縁は必ず結ばれる。

もちろん人と人の関係である以上、お互いに対する気遣いは必要でしょう。相手を思いやる気持ちも重要ですよ。でもそれは自分を偽って駆け引きをするということじゃない。

お互いがお互いのことをさらけ出して上で。素のお互いにとって何が幸福なのかを考えそれを実践すればいいだけのことですよ。

■相手を信じて自己を明け渡そう

自分をさらけ出せないということは、心のどこかで相手をいまいち信用していないということでしょう。いまいち自分をその人に明け渡せていないんです。

そうすりゃ相手だって同じに想う。あなたが私に明け渡してくれないなら、私もあなたに明け渡せない。お互いが心にブレーキかける。

逆に言えば、自分をその人に明け渡せるということは、その人を信用している証。その人にしてみりゃ、そうやって明け渡されることで自分が信用されてるのがわかる。信用されると信用したくなる。だから相手も自己を明け渡してくれる。

どちらか一方が駆け引きを放棄して、自分の心を相手に委ねる。明け渡す。そこからお互いの信頼関係が深まっていくものでしょう。ならば相手がうどうこうではなく、まずあなたが自分から明け渡せばいいんです。

自己を明け渡すことを恐れて、自分の本心を素直に相手伝えるのを躊躇し、小手先テクニックの下手な駆け引きしようとするから、結局お互いの間に不信感が生まれる。意味のない誤解が生まれる。だからストレスになる。

上でも言いましたがね、自分を明け渡して、嫌われるならそりゃもうしょうがない。だってそれ合わない人なんだもん。それを無理に覆い隠しても意味ないですよ。それに後戻りできなくなってからボロが出るなら早いほうがいいでしょう。

本当にその人のことを想うということは、あれこれ駆け引きをして上っ面の気遣いをすることじゃないですよ。相手が本当に望むことを知って、そのために力を尽くすこと。そして相手の望みを知りたければ、まず自分が自己を相手に明け渡すこと。

もちろん、お互いが駆け引きをやめて、本音ベースのやり取りになることで、お互いの価値観合わないところが見つかることもあるでしょう。とてもじゃないけど付き合いきれないと思うこともあるかもしれない。

でもそこはお互い大人なんだから、ざっくばらんに腹割った上で、お互いがwinwinで合意できるところを話し合って見つければいいだけのこと。必要に応じての妥協だってありかもしれない。そここそ相手を気遣うべきところ。

いらん駆け引きで時間とエネルギー使うわ、結局それでお互いハッピーにならないわ。じゃ、なんだか空しいだけですよ。それこそ徒労感しか残りませんわ。

まずはその人を心から大切にしたい、その人と信頼関係を深めたい。その思いに素直に従えばいいんです。

<参考過去記事>
【図解あり】大切にされたければ大切にすること。自分が注いだ想いの分だけ人から想われる。

ならば最初から相手を信じて、開けっぴろげの本音全開。自分という人間や自分の想いや考えを素直に話せばいいんです。あなたが信じれば相手もあなたを信じてくれる。それで受け入れてもらえなければ縁がなかった。それだけですよ。

とはいえ、言っていいことや、言っていいタイミングってのもあるのでそこは常識の範囲で。まあそれは駆け引ききというより、大人のたしなみというのかもしれませんがね(^。^)y-.。o○

【自分の想いを相手に素直に伝えられるようになるには】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年11月まで一部追加・更新しました。
http://ogawakenji.com/seminar

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
恋愛力を高める、脳と心の使い方
既婚者・独身者に関わらず、ビジネス、家庭、恋愛などで男女間のコミュニケーションスキルを高めるための、脳と心の使い方を学びます。恋愛力を高めることで、実社会における男女間のコミュニケーションを円滑にし、大切な人とのご縁を結ぶ、大人のための恋愛講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 福岡7/30(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事