大きく考えれば、小さなことへの執着を手放し、幸福を引き寄せる。

悪口を言われるほど、行動をしている自分を褒めよう。批判をされるほど、チャレンジしている自分に自信を持とう。




【小川健次メールマガジンに関するご案内】
昨今、無料配信中の 小川健次メールマガジンが、登録しているにも関わらず、ある日突然届かなくなった。というお声を多数いただきます。
これは主に、i.softbank.jpなどのソフトバンクアドレスや、ezweb.ne.jpなどのAUアドレスをはじめとして各種携帯用のアドレスで登録されている方に起きている現象のようです。
つきましては、同様の現象が起きている方は、指定ドメインの着信許可設定をするか、PC用のアドレスで再登録をお願いいたします。引き続き小川健次メールマガジンをよろしくお願いいたします。

悪口を言われるほど、行動をしている自分を褒めよう。批判をされるほど、チャレンジしている自分に自信を持とう。

■うまくいってるから批判をされたり悪口言われる

社会通念上はもちろんのこと、法律上の「悪さ」をして責められるのは、ある意味では当然で、それは甘受してしかるべき。

小川健次Blog

自分の落ち度、ケアレスミスに対する批判も同様ですよ。それはそれとして謙虚に受け止め内省とともに、次へのエネルギーに転換すべきもの。それと、現状をより良くするための、建設的批判なんかについては、むしろ歓迎すべきこと。

その一方で、どうでもいい悪口というのもある。根も葉もない噂話を根拠にしたような中傷もある。それこそ別に何の意味もなく言いたいだけの、ほぼ暇つぶしみたいな悪口や批判もあるでしょう。

言うまでもないことですがね、あなたにとって価値を生み出すことがない、その手のどうでもいい悪口や批判なんてのは華麗にスルー。これ基本。

そんな話しに耳を傾けることで、メリットになることが少しでもあるなら、耳と傾ける時間を取ってもいいかもしれませんが、現実にはそんなことはほとんどない。

むしろ、心に波風立てられて感じる必要のない不安や迷いを感じるだけ。それがストレスになってイライラするだけ。それらの心的影響によって行動そのものに悪影響をきたすだけ。

だいたいね、してもしょうがない批判をしたり、何も生み出すことのない無益な悪口をペラペラと喋ってる人の心の状態は、間違いなくネガティブですよ。

些細なことで他人の揚げ足取って悪口言ったり、さして根拠のない他人の中傷をすることで、そういうことが見えてる俺かっけー。あいつより俺のほうが優れてる。そうやって自分のポジションを相対的に上に置いてそうやって安心したい。自分を慰めたい。人に認められたい。それだけのこと。

マイナスなことしか視界に入ってないんです。マイナスではないことがそこにあっても、意味付けと解釈をいちいちネガティブに変換しているんです。そんな心の状態の人の話しを聞いてもしょうがない。

そりゃまあ、誰にだってそういうフシは少なからずあるものですしね。いまいち調子が悪いと、そんなことはないのは理解しているのに、なぜかその原因を他人に求めてしまう。意味ないことはわかっているのに、うまくいってる他人と自分を比較してしまう。

そして言わなきゃいいのに言ってしまう。あの人はたまたまうまくいっただけ。ホントは私のほうができる。あいつはズルいことしてる。実は大して力なんかない。私だに結果が出ないのはあの人がいるからだ。

自分の能力や目に見えた結果や責任については完全に棚上げ。とにかく他人の悪口を言う。他人を中傷する。そうすることで自分を相対的に上にしたい。現実は何とか捻じ曲げて都合よく解釈したい。ただそれだけなんです。

<参考過去記事>
つまらないことに口を出してくるのは暇な人。同じ土俵にのぼらなければ余計なストレスもなくなる。

その逆に、自分が調子良くてがうまくいっているとき、他人の悪口言うことなんてそうそうないでしょ。他人を批判するメリットなんでないんだもん。むしろ思考と行動がポジティブだから、ポジティブなほうに意識が向く。他人を批判するより、他人を応援したくなる。

自分で納得できる結果を残している人、自分のことに集中できてうまくいっている人は、他人の批判や悪口なんて言わないんです。そりゃ自分が納得の結果を出していて余裕があれば、わざわざ他人の悪口言ったり批判する理由なんかないんだもん。

■批判や悪口には反論せず、それ言ってる人に力を貸そう。

もちろん、冒頭でも言ったように、具体的かつ建設的で納得感がある、耳を傾けるべき批判には耳を傾ければいいじゃないですか、どうすればもっと良くなるか、どうすれば問題解決できるか。そんな具体的で建設的、かつポジティブな内容であればむしろ言ってほしいくらいですわ。

だから、根拠なき批判や悪口を言ってる人ってのは、それ自体が目的化しているだけなんです。そんな人の相手をするだけ無駄。それを気にしてストレス感じるだけエネルギーの浪費ですよ。

そもそもの前提が違うんです。批判や悪口の目的が、あなたに良くなってもらおうという積極的なものではない。それこそ攻撃しようという悪意でさえないんです。単なるネガティブなエネルギーの発露。単なる自己満足。自己承認欲求を満たしたいだけ。そんなの相手しても、無駄に燃料注ぐだけ。

ということは、悪口言われたり批判されたりする、悪口を言う人がいるってことは、それなりに行動している。他人ができないことをやっている。結果も出ている、出ようとしているということ。だから悪口言われて凹む必要なんてないんです。むしろ悪口言われるほどに何かをやってる証拠ってことですよ。

だから悪口言う人、批判をする人に真正面から反論で向き合わなくていいんです。逆にあなたは相応の行動と結果を出せているんだから、悪口言ったり批判したりする人のことを助けてあげるくらいの余裕を持っていいくらいなんです。

うまくいってないから悪口言ってるだけなんから、その人たちがうまくいくよう力を貸してあげる。そして彼らが問題解決できれば、自然と悪口も批判も無くなりますから。

あーでもないこーでもない、あー言われたからこう言い返す。そんなのやり取りは不毛なんです。だってあなたは羨ましいと思われている。ならばその人もあなたと同じような結果を出せるよう、力を貸してあげればいいじゃないですか。具体的にその人が抱えている不満や問題の解決に手を貸してあげればいいんです。

そうすることで、外野からの余計な批判や悪口で心に波風立つこともなくなる。そしてそれ以上に、相手の成長を求めて手を貸すことは、自分にとっても刺激になるし、それが自分自身を成長させることにもなるじゃないですか。

<参考過去記事>
お互いに刺激し合い、成長し合える人との関係を大切にしよう。適度な緊張感の伴う関係の中にこそ、心躍るような幸福感がある。

根拠のない批判や、悪口は華麗にスルー。これ基本。その上で、そういうことを言う人たちの力になると、さらに自分にとってもプラスになる。

それにね、悪口を言われるほどに、あなた自身が行動をしているということ。そんな自分をまず褒めてみる。批判をされるほどチャレンジしているあなた自身に自信を持てばいいじゃないです。批判や悪口は自分がうまくいっている、結果を出しているという証拠なんだから。

悪口や批判を足を止める理由にしないことです。それで見るべきものから視線を外さないことですよそれよりもそれ言ってる人たちに力を貸してあげればいい。そのほうがよっぽど求めているゴールに近づくはずだから(^。^)y-.。o○

【無料メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。表だって書けない話しなどを、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味での配信中
気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません。
小川健次メール
↑画像をクリックして登録ページへ↑
【東京6/18】あの人を引き寄せる、香りの魔法
日本における香り研究の第一人者として、各種マスメディアを通じ、香りが与える脳への肯定的影響について積極的に発信されている、古賀良彦医師(杏林大学名誉教授)を招き、香りが人間関係にあたえる影響について考察する、特別講座です。
小川健次セミナー
↑↑ 東京開催/6月18日(日) ↑↑
著者プロフィール
Line
小川 健次
1973年生まれ。
株式会社リエゾンジャパン 代表取締役
一般社団法人感覚刺激と脳研究協会 理事
プロフィールの詳細はこちら
Facebookアカウント : ogawakenji
LINEアカウント: ogawablog
(お友達申請はお気軽にどうぞ)
【免責事項】当サイトに記載の内容、並びにリンク先記載の内容によって、閲覧者に生じた不利益については、当方は一切の責任を負いません。
関連人気記事